作戦について

そういう事で昨日は、原発をやめさせるための、というか、原発をやめられない社会をやめるための、だったかもしれないが、兎にも角にも「不買運動」と「落選運動」という戦略について触れた。もちろん当方、M台先生が憎いわけでもなんでもない。ちょっと言わないと気がすまなかっただけである。 この他にも、作戦に関した話題を二つ、みつけたので報告する。 【1】「広がる東電『一時不払い』埼玉の大畑さんら活動」 6月2日東京新聞23面の記事だ。電気がなくては生活できない、その電気の供給元は独占企業で1社しかない、という生殺与奪権を握られた状況の中、ノーの意思表示をどう伝えるか。大畑さんの答えは、ちょっと変わった「不払い」だ。 最初この記事を読んだ時、我が家が貧乏で電気代払えなかった時のことを思い出した。 東電は、わずか一、二ヶ月の滞納も許さずに、すぐに電気を止める。そうやって止められた時の悪夢の記憶が蘇り、自分にこれは出来ないと思って、ひるんだ。 が、よく調べると、そんなにツライものではないようだ。 1:「口座振替」をやめ「振込用紙払い」にする。 電気の領収書に書いてある番号に電話すれば、すぐに変更できる。 (約52円の「口座振替割引」が無くなるが、ここは思い切って契約アンペアを下げて基本料金を下げる) 2:支払用紙が届いたら郵便局ATMに行き、「金額の確認」の画面で「訂正」ボタンを押し、自分で決めた金額(大畑さんは請求額より1円少ない額)を払う。1円でも支払えば、滞納料金(…

続きを読む

『検証福島原発事故・記者会見』に関する私的メモ

1.メルトダウン  福島第一原発の核燃料がメルトダウン(定義は様々だが、本書では燃料が溶けて圧力容器の底に落ちた状態とする)していることを東電が正式に認め、保安院がこれを追認したのは五月十二日、事故から二ヶ月も経過した後だった。  しかし、事故直後の記者会見から、メルトダウンの可能性を認めていた官僚がいた。保安院の中村幸一郎審議官だ。中村審議官はその後すぐに記者会見での説明者としての任を解かれてしまう。そして新たに登場した西山審議官は、メルトダウンを否定し、燃料は損傷しているが被覆管破損したにとどまっていると説明した。(後略) p.14

続きを読む

「事故収束」首相が宣言。

16日、わたしのタイムライン上に「野田首相が冷温停止宣言を明日おこなう」みたいなツイートが入り出した。 え〝そんなに簡単なことだっけ??と目が点になっていると、案の定、首相も細野豪志も口から出任せを言っているのが判明した。 とはいえわたしも「冷温停止」とは何か、あるいはどういう状態になったら「収束」と言えるのか、あらためてナゾに思ったので、この記事でそこらへんを追求していきたい。 参考にした資料 ☆1:Former Fukushima Plant Worker - Press Conference (with translator) ☆2:福島原発事故の政府対応に関する緊急記者会見 主催:自由報道協会 ☆3:NHK「冷温停止宣言」野田首相記者会見中継を打ち切られた部分 どれもありがたい事にツイッターで知ったものばかりである。 その他には、☆4:17日東京新聞 の二面は、原発で実際に作業する人の声として収束宣言への疑問を投げかけていたし、一面においても、 「事故収束」首相が宣言 と、事故収束という言葉にかぎかっこを付け、その横にも「冷温停止状態」とかぎかっこを付ける事で、「われわれの考えってわけじゃないですよ!!」とアピールしていたが、そんな細かな芸に注意をはらっているヒマはないので、東京新聞の方はわたしのソースとしてはどけておく。 ☆1のYoutube ジャーナリスト鈴木智彦氏が今年の夏に福島第一原発の作業現場に潜入し、中の現実を報告する内容。 氏は『ヤ…

続きを読む

デモプラカード、試作で奮闘

わたしの場合、脱原発デモに2回参加した。 どちらもただ歩いているだけだったので(それだけでもぜんぜんOK!!)、次回からは「プラカード」を持って歩こうと思った。 で、作ってみた。 最初に作ったやつ↓ いざ、白い紙に向かって絵筆を握ると、意外にも何を表現しようかまとまらなくて焦った。 「脱原発」の三文字も間違いないのだけど、もっと自分なりに言おうとすると、頭の中にいろいろな思念が渦巻き少ない字数にまとまらないのだ。 そのため、青い背景を下地に、海や空や風がもはや安らぎをもたらすものではなくなった事を恨む内容を書いてみたのだ。 …のだけど、どうも「透明アクリル絵の具」を使ってしまったため、黒い文字が薄い。 一方、白は不透明絵の具(詳しくいうとアクリル絵の具の「チタニウムホワイト」)だったため、薄くならずに「かえせー」と書けた。 どっちにしろ、背景の青が生きていないのでイヤになってボツ。 途方に暮れたわたしはネットで検索し、デモの写真をあらためて見た。するととあるご婦人が、単刀直入に「原発やめろ」と習字に書いて手に持っていた。 これには啓示を受けた。 肝心なのは見てくれではない。「念!」なのだと。 そう、「念」を込める大切さに気付いた。 「念」「思い」「執念」 よしやったろうと思い、わたしも、墨汁はなかったので絵の具で書いてみた。 単刀直入だ。しかし絵筆で字を書くのにおそろしく不慣れだったため…

続きを読む