2011年11月01日

番組の途中ですが、TPP

18日にupした「最近のツイッターから目立ったものPicUp」の中で世に倦む日々ブログを紹介した。世に倦む氏につられて、TPPに詳しくない当方も、「中野氏」の登場を今か今かと待望していたところ、さっきYouTubeで予想外にハツラツとした方なのを見た。

16分とやや長いが「 TPP 」は、緊迫した内容なので飽きない。

→その 文字起こし

→その 阿修羅解説

→その後日談ふくむ中野氏の話し  【動画】 TPP、中野剛志氏がテレビでブチギレているホントの理由

…これらを見て、TPPについてだんだん少しわかってきた。
中でも記憶に焼き付いた中野氏の話しの部分は、

<日本がTPPに不参加を表明していない、というのは、
東北の復興に真剣になっていないということじゃないか。この先TPPにどうせ参加して農業は壊滅するから、それに対してお金をそそぐのはもったいないと考えているからじゃないか。そのくせ「日本がんばれ」などと精神論をやっている。東北を捨てようとしてしているのに「日本がんばれ」もないだろう (大意)>

しかしTPPに賛成という意見もある。

と言っても、中野氏が言う通り、財界もマスメディアも全部一体になってTPP賛成という不気味な状況になっているため、「議論の相手として成り立ちうる意見」という意味でだ。

2011年10月23日 カテゴリ古賀茂明TPP 古賀茂明が説明するTPP「日本が破綻したときにTPPより激しいことをやんなくちゃいけない」10/19(5) (ざまあみやがれい)

(ざまあみやがれい氏は 2011年10月23日カテゴリTPP 中野剛志(京大准教授)の、TPP解説・批判がわかりやすすぎる!  というのも文字起こししてくれている)

古賀氏が言っているのは、日本経済は破綻しかけているため、ここでTPPにのらないともっと大変なことになると。
文字起こしの最後「古賀さんのおはなし、もう少し詳しく知りたいと思われた方は、是非PHP新書「官僚の責任』をお読みいただきたいと思います。えー、古賀さん朝早くありがとうございました」で終わっていたため、「え? 持っている持ってる「官僚の責任』!」「33ページまでで頓挫していた積読本が役に立つとわ!」と喜んだ自分は単純だ。

しかし目を皿のようにして目次をみてもTPPのてぃの字もない。仕方がないので、書いてありそうな部分を推測して読んでみた。

だいたい179ページあたりからが該当すると分かった。
内容は「今の農業は守られすぎ」等々言っている。(書き写したいがそこまでの根性ない)
その他、そのものずばりとTPPについて言及しているわけではないのだが、TPP方向の話しがいろいろ書いてある。
これはこれで、なるほどと思う内容ではあった。

とはいっても、これは、ここまで178ページまでに書いてある公務員改革が実行されてからでないとキツクないか?
書かれてある公務員改革、たとえば「官僚の最高ポストである事務次官も廃止した方がいい」とか、「こうした改革をすすめる一方で、官僚組織全体も再編しなければならない。なかでも、縦割りの組織構成は絶対に撤廃する必要がある。なぜならそれこそが、官僚が国民のいために働かない根本的な要因になっているからだ」など、スッパリと言い切ってくれているのだが…


それにしても、マスメディアが一丸となってTPP推進というのはなぜなんだろう?
TPPでマスコミも「記者クラブ廃止」とか色々と変えられちゃうって話しだけど、外圧で変わる分にはいいのか?
冗談じゃないね。
日本人が自前でちゃんとやっているのだから、外圧で変わるなんてぜんぜん喜べない。

ともかく、
TPPの交渉に入ったら、それはもう、「婚約」したのと同じで、参加表明と同じ意味になるそうだ。

だからその交渉に野田首相をつかせてはならない。

ということなのだ



タグ:TPP
posted by sukima at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

最近のツイッターから目立ったものPicUp もしくは、この民意をどこにどう反映させればいいのか?

◆@kikko_no_blog
「山本太郎、千葉麗子らが原発の是非をめぐる国民投票実施のため署名活動」の記事を「Vote」しました j.mp/osVz2h #r_socialnews

→リンク先: 山本太郎、千葉麗子らが原発の是非をめぐる住民投票実施のため署名活動!「政府だけにすべての判断を任せていいのか」

シネマトゥデイのこの記事には、本当にいい事が書いてある。
これまで、国や電力会社、そして立地先自治体の判断だけで、すべてを決定されてきた原発問題。たくさんの人々の生活に関連する「原発」をこれからどうするのか。今回の署名運動は、原発の是非を決定する都民投票を請求するために行われる。


都民投票という言葉は、聞き慣れないかもしれない。だが実はこの16年で住民投票は401件行われており、原発問題に関する投票は三重県、新潟県などでも行われた。だが、東京での都民投票は、過去一度も行われたことがない。

 イタリアやドイツなど、原発に関する国民投票は世界でも行われ、高い評価を受けている。


安心して食べられる食品(特に乳製品と野菜、水、米)がこんなに店から無くなってしまった現在、「国や電力会社、そして立地先自治体」だけで原発について決めるなんてあり得ない。
それに、東京での都民投票は過去一度も行われたことがないとは、びっくりだ。

それでなくても今の政府は、2009年9月の選挙で政権交代した時のマニフェストを捨てている。(どう捨てたのか 参照
つまり、今は民意を反映しての与党政党ではない。(参照先を今見ると思い切り理想高くて驚くけど。だからって全部公約捨てていいことにならない)
そんな政府が原発政策をやっているなんて、絶対に変だ。
原発に関して民意を反映させるには、選挙をやるのでないなら、国民投票や住民投票しかないではないか?

(やや余談) だからこそ「小沢」にこだわっているわけで。小沢さんだけはまがりなりにもマニフェストを実行し続ける意志を見せている。ニコ生とかツイッター見てると「また小沢かよww」とバカにしている人がいるけど、「また」じゃなくて続いているんだよ。別に特別に小沢さんが好きだからじゃなくて、あの時にした投票の意味をなくさないために小沢さんにこだわっているんだっつーの。


◆@tjimbo
スマホでどうぞ。RT @videonewscom: YouTubeビデオニュースチャンネル更新しました。『大島堅一氏:原発事故の存在を無視した委員会審議に違和感』 、『藍原寛子:福島で「市民・科学者国際会議」が開催』 ow.ly/6Yo46

→リンク先: 大島堅一氏:原発事故の存在を無視した委員会審議に違和感 (Youtube)(神保氏と宮台氏のトークに、大島氏が電話出演する)

→関連したリンク先:★1 国家戦略室>政策>コスト等検証委員会議事次第 第1回 コスト等検証委員会(平成23年10月7日(金)15:30〜17:30 合同庁舎4号館1208特別会議室
★2 上記同の第二回(平成23年10月18日(火)9:30〜11:30 合同庁舎4号館共用1208 特別会議室)

この「コスト等検証委員会」が何なのかというと、ビデオニュースドットコムによると、原発を進める理由は「安全、クリーン、安い」の三つとなっているため、前者二つが滅んだ現在、推進派は安いを死守しようと必死になっている。なので、この「コスト等検証委員会」は、今後の原発政策を決める上で重要。

なので、資料全部見るのくじけたから到底無理だけど、見守って行きましょう。
でもって、難解な部分はビデオニュースドットコムがその都度ビデオで解説してくれそう。

★1と★2を全部読むのは限りなく大変だけど、「 原子力施設での事故リスクの評価について 京都大学 山名 元 」の中で山名氏は、冒頭「福島第一原子力発電所の事故が大変鮮烈な印象を与えた事から、原子力施設が非常に危険なものであるとの印象が定着している。国民感情としては理解できるが、国民感情や印象に引きずられてコストを設定する事は適切ではない。」という屁理屈を展開している。

山名氏がいくら長年原子力研究をしてきて、一般人と感覚が違うのだとしても、福島第一原発の事故の現実をキチンと直視してください。


◆@yoniumuhibi
中野剛志、本当なら、今が生涯の中で最も多忙な時期であるはずだ。勝負がかかった決戦の一日一日であるはずだ。ここで負ければ、人生の敗北を意味する政治戦の只中にいて、ビューローとバリケードの間の日々であるはずだ。声が聞こえないのはおかしい。指令を出せ。前線に出よ。檄を飛ばせ。#tpp

→リンク先: TPP反対運動が不発の怪 - 10/16TBSの金子勝の正論

ブログ主の世に倦む氏は、心から国の未来を心配してTPP反対のために、中野さんというTPPに詳しいだろう人に電話までしている。上記ブログでは、テレビ番組におけるTPPの論陣配置を分析。しかも農協などがまるで抵抗運動を見せないという、この成り行きはどうなっているのだ?と。

まったく、民意を反映する政権でないときに、どうしてこう次々に重大な決めごとがあるのか   はーーーーと、深いためいきが出るけど、まともな話し合いの場はないのか?
(とゆうか、中野さんホントにどうしたのでしょうか?)


◆@zamamiyagarei
厳しい意見かもしれませんが、Googleの使い方を勉強しないということは、僕は根本的にネットを軽視しているとみなします。政治家もそこら辺の主婦の方もおじいさんもおばあさんも同様です。自分で調べる方法はいくらでもある。それをしないのは洗脳してくれと言ってるようなもんなんです。

→リンク先: ざまあみやがれ

今、起きていることって、学歴とか頭の善し悪し関係なく、関心もっていかないとねってことなので、今までは高学歴で頭の良い人がうまくやってくれているから任せたわ、というスタンスだったけど、そういう幻想は崩れ果てた。
だから例えば「おれは中卒だから」というようないい訳は通用しない。なんだかんだ言って日本の識字率は高いはずなんで、自分で調べられるはずなんだし。とはいっても、一律に同じ要求は無理だろうから、そこらは難しい。


NHKの報道(2011年10月17日あさイチ) (ツイッターじゃないけど。武田邦彦氏)

NHKのあさイチ、「気にしていると被曝する」などと、昔はやった「水からの伝言」みたいな事を言い出しているらしい。NHKのプロデューサー、いよいよくるったか? 当方、あの番組のオーラが嫌いで、まったく見れないのけど、今度こわいものみたさでみてみようかな。

posted by sukima at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

モーーーーー

日本の市民がここまで冷酷だとは思わなかった〜牛は全頭検査で、福島の子供は放置?

当方、嘔吐防止のためテレビを滅多に見ないのだけど、上記事によるとテレビコメンテーター種属は滅んでなくて、いまだ気色悪い瘴気を発し続けている。

テレビコメンテーターだけの問題ならまだしも、調べると「市民」もセシウム牛に怒って要望を出しているみたいで、それを政府もまじめに取り合って

平野氏は会見で「流通経路を明らかにして(問題のある)肉を特定し、できるだけ検査(態勢)を確立するということで対応していけば、消費者の理解を得られる


などと、ほざいているらしい。

今の今まで、福島全域相当高線量に関わらず、「安全」と言い続けてきたくせに。
福島(の子ども)が「安全」なら他は全部安全に決まっているじゃないか。
どの国民にも安全と言うべきだ。

その程度のベクレルならガンの確率は最大1.05倍増えるだけだから無問題と。

そういう方針、そういう「科学的実証データ」で統治すると宣言しているのだから。


もう、みんなでセシウム牛食べるってことに、決まっているんだよ!!!!

タグ:被曝
posted by sukima at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

いや、誰も「脱原発」一色に染まりたくて染まっているわけじゃないでしょう。「誰かが示した安易で簡単な答えに飛び」ついた結果がこれ(事故原発、被曝etc...)ってことですよ

ときどき立ち寄る「毒蛇山荘」ブログをさっき読んだら、誰も彼もが「脱原発」に傾倒していることについて、挑戦的かつユニークな事を言っていた。

要点は
*考え続ける87歳インタビュー 吉本隆明 思想家

  「思い描いていた大人に僕はなりきれていない」/「誰かが示した安易で簡単な答えに飛びつかないことが大切です」/「大震災後をどう生きるか。僕は考え続けて生きたいと思う」今回の大震災で「原発はもうダメだ」と口々にいう社会。そんな言葉にすぐ引っ張られてしまう日本人に対し、“思想界の巨人”は、静かに「待った」をかけた。

ということで、“思想界の巨人”の意見が紹介されている。(本文の引用ではないので詳しくは不明であるが)

これ見てなんか思ったんだけど、「原子力エネルギー」って「自然エネルギー」とは違うのかな? だってウランって自然界にあるものなんでしょ?
でもって、吉本氏が言うことって、いわゆる自然エネルギーを信奉しまくる人と本質一緒なんじゃないかって思えるんだけど?

あの自然エネルギーってのも、たとえばソーラーパネルなんか原料は石油だったり、風力発電は風下の風量を半分にするから樹を滅ぼすとか、あれやこれやで、問題多いって話しだ。

☆参照:武田邦彦「日本の自然と子供の将来のために、自然エネルギーはやめろ」(2011年6月7日)

その一方、原子力エネも問題が多い。多すぎる。

吉本氏みたいな言論が存在するのは、言うまでも無く大いに構わないけど、原子力エネルギーに絡みつく要素の汚さと大きさは、わたしなどの許容範囲を超えている。

同様、科学科学というけれど、SPEEDIみたいな最先端の科学がちゃんとできあがっていても、人間界の事情次第で役に立たず、首相やら一部の人の安全のために使われただけという非人道ぶりを発揮。

「エクスタシー」みたいな快楽薬剤で大快楽味わっても、人体のキャパシティ超えて死んじゃった、みたいな元も子もない話し。

…喩え、うまくないかな…

言い直すとこうだ。たまに(わたしの職場病院なので)、ガスを吸って死にかける際の快楽のジャンキーになる、という人がいる(非常に危険。後遺症もひどい)。 原子力エネルギーて、なんかそれに似ている。危険だから捨てられないのでは? ていう疑い。危険でないものなら、別段擁護する気も起きないんじゃないかって。




この記事、あまり熱心に書く気起きないのは、くだんの掲載誌が「青春出版」のものとのことで、考える主体のメインは若者であるから。

人の分まで考えるのはよくない。



(今、時間もあまりない)

☆ ☆ ☆ ☆

あと余談

ちなみに毒蛇ブログが長きに渡って取り上げている「林芙美子」という作家をわたしはまるで知らなかったのだけど、試しに青空文庫で読んだら面白くてかなり受けた。

たとえば「或る女」のたか子の蓮葉ぶりたるや。(蓮葉=ハスッパ。蓮葉マイブームの予感) 内容は昼メロもどきなのに、時代による経年劣化を感じさせない。これはなぜなんだろうと思うに、何より生きている人間を描くというスタンスと、生きて書いている自分(この場合林さん)の書くヨロコビが最優先されているためだと思われる。つまらない罪悪感や自責感で、昼メロの場合すぐに自殺したり殺したりと命を粗末にするが、ああいうのと違う。そういうとこが面白い。



☆ ☆ ☆ ☆


それはともかく、さっき思いついたのだけど


1:科学がそんなに好きなら、原子力エネルギーよりさらに進んだ科学によるエネルギーの開発、模索
(これは、ときどきブログでもみかける)

2:原子力安全委員会や、原子力委員会の、経産省からの、完全独立(ぜったい必須!!)

3:脱原発とは別枠としての、もう起きた事故の健康被害最小化
(もう、これが一番ですからっ)


と、

広く言えば、

今まで弱肉強食の資本主義競争社会だとばかり思っていたら、電力会社などは、その原理を外れての大勝者、大強者だった。
そういう誤魔化しをやめて、本当の意味の競争社会を作りつつ、
セーフティネットを充実させつつ、
若者の雇用を、確実にし、なおかつ世代間格差を是正する。
端的に言えば、年寄りがバカみたいに40兆円をためているのをはき出させるなどの施策をしつつ、

共産主義とは違う、アンチ金儲け主義の模索

その延長上にある、エネルギー問題。

ということで、自然エネルギーや核エネルギーというよりも、社会の模索の中で、人の手で生み出されるソーシャルエネルギーともいうものが出現すべきなのではないか。

などなど

を思い描いた昼下り・・・




posted by sukima at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

福島県

2011-07-12 17:52:00 夏休み避難がダメに(;_;)


どうして、こんなことを、福島県はするのか。



これじゃあ幽閉されているも同然じゃないか


タグ:避難 被曝
posted by sukima at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』は読んじゃいないけど

数日前にテレビを付けていたら、武田鉄矢さんが司会の番組が始まって、武田氏は悲しげな、もののあわれを思わせる表情で話をしていた。
いったい何の話し? と思いつつ聞いていると、どうやら「ドナルド・キーン」氏の話しをしているようだった。日本文学研究家ドナルド・キーン氏が、3.11の大震災の後、日本を励ます意味も込めて日本に帰化した事は、ニュースになって知られた通りだ。武田氏は、そんなキーン氏のことを「ありがたいですねぇ」と感謝しウンウンうなづいていた。

続きを読む
posted by sukima at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

小沢一郎、ふたたびまたたび。

nikoozawa.jpg小沢一郎元民主党代表vsフツーの市民 ----「東日本大震災」と「福島原発大事故」、第三の建国に向け二つの国難にどのように立ち向かうか----

ネットメディアと主権在民を考える会という市民団体が企画し、現在10キロ20キロ圏のワンチャン猫ちゃん救出作戦展開中の山路氏が主催するAFPニュースが撮影協力した動画。


と、いうことで、おひさー★という感じの小沢一郎だ。

この動画、約40分くらい経過しないとご本人が出てこないので、それくらいから見るので大丈夫だと思う。といっても、ご本人風邪を引いているらしくて、大量の鼻汁をジュルジュルーーズゥズゥーとすすっておられるので、その音響には若干の覚悟必要

ということで難あり物件ではあるも、意外とスゴイこと言ってくれている動画ではあって。


そこらへんは後述するとして、印象深かった箇所を少しだけ文字起こししてみる。(厳密ではなく、意訳という感じで)


現状認識
OZAWA「(被害の大きさについて喋ったあと)原発ですね、これは、この先将来何十年という間、いのちと、日本経済全体に大きな影響がある。

ほんとうに深刻に考えなくちゃいけないと思っているんですね」

今の政府や官僚関係
OZAWA「今、委員会だ審議会だといっぱい作っているんだけど、むしろ役所にまかせっきりの時よりもゴチャゴチャしてしまった」

女性の質問者「津波の数日後には放射能がたくさん漏れたのに、毎日マスコミも安全安全と言い続けて、政府は、国民を信じていないのかしら?」

OZAWA「国民を信じてないわけじゃないと思いますが、言った人が責任を取りたくないから、思い切ったことをやれない。だからいやという人が多い。
何か方策をとって、言い出しっぺが責任を取りたくない、ということになる。
誰かが決断しなくちゃならない。
人の、命を損なう作業とか、
失敗したときどうするかと考え出すと、爆発だけは起こさないように、というやり方になってしまう」

質問「現場に500人いて、被爆の容量を250に変えた。被爆されても仕方ないんだと強制されて、命をかけてがんばっているんですが、そういう人を遠く離れて安全な霞ヶ関から指示している」

OZAWA「うん、まあ今回は霞ヶ関じゃないと思いますけどね。

(東電という現場に詳しい人が指揮しているのだから)被爆の限界も心得てやっているんだと、思いますけど、危険を冒しながらやっている。
危険を冒しながらやっているからには、それが有効なこうじ方でやってくれないと」

女性の質問者「子どもたちの被爆について心配している人が多いんですけど、体育とかやるの。
大人の男性、女性、子ども、許容量、違いますよね。次代を担う子たちの許容量を緩めているの、どうすればいいのか?」

OZAWA「放射線の値は、堆積の量、
住民の人がそこに住むということ、そこで暮らしていくんですから、ほんと、できるのか?
だから、元を止めるしかないんですよ」

いろいろ原発のことをさらに聞かれ
OZAWA「いやいや私は技術者じゃないですから。
思い切って、金もかけ、何もかけ、より有効な手立てがあるのは事実じゃないかと思います」

そのほか、もっともっと日本人が「ぎゃんぎゃん自己主張した方がいいこと。話し合いで主張して、決着が付いたあとはさわやかになって遺恨を残さないこと。」などを、これからの日本人にむけてアドバイスしていた。


・・・以上だけど、他にも言っていたのは、そしてえっ!!と驚いたから書き写しそびれてしまったのは、この国難のために小沢さんは決起する覚悟がある、ということだ。・・・・

つまり、今、決断しなくてはならないから、なんだけど。


といっても、最後に市民の人が言っていたとおり
「小沢さんだけ突撃させるわけにはいかない。
われわれ市民もサポートしなくては」

わたしもそう思った。

今の政府の無策と、どうやら官僚もさほど力がないらしい様子を見ると、これは本当にやばい。
いろいろな対策(福島の土地の除染など)を、しなくてはならないのだ。

(他にもたくさんあると思うが・・・)


ノンビリしていられないのである。

posted by sukima at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。