番組の途中ですが、TPP

18日にupした「最近のツイッターから目立ったものPicUp」の中で世に倦む日々ブログを紹介した。世に倦む氏につられて、TPPに詳しくない当方も、「中野氏」の登場を今か今かと待望していたところ、さっきYouTubeで予想外にハツラツとした方なのを見た。 16分とやや長いが「 TPP 」は、緊迫した内容なので飽きない。 →その 文字起こし →その 阿修羅解説 →その後日談ふくむ中野氏の話し  【動画】 TPP、中野剛志氏がテレビでブチギレているホントの理由 …これらを見て、TPPについてだんだん少しわかってきた。 中でも記憶に焼き付いた中野氏の話しの部分は、 <日本がTPPに不参加を表明していない、というのは、 東北の復興に真剣になっていないということじゃないか。この先TPPにどうせ参加して農業は壊滅するから、それに対してお金をそそぐのはもったいないと考えているからじゃないか。そのくせ「日本がんばれ」などと精神論をやっている。東北を捨てようとしてしているのに「日本がんばれ」もないだろう (大意)> しかしTPPに賛成という意見もある。 と言っても、中野氏が言う通り、財界もマスメディアも全部一体になってTPP賛成という不気味な状況になっているため、「議論の相手として成り立ちうる意見」という意味でだ。 2011年10月23日 カテゴリ古賀茂明TPP 古賀茂明が説明するTPP「日本が破綻したときにTPPより激しいことをやんなくちゃいけない」…

続きを読む

最近のツイッターから目立ったものPicUp もしくは、この民意をどこにどう反映させればいいのか?

◆@kikko_no_blog 「山本太郎、千葉麗子らが原発の是非をめぐる国民投票実施のため署名活動」の記事を「Vote」しました j.mp/osVz2h #r_socialnews →リンク先: 山本太郎、千葉麗子らが原発の是非をめぐる住民投票実施のため署名活動!「政府だけにすべての判断を任せていいのか」 シネマトゥデイのこの記事には、本当にいい事が書いてある。 これまで、国や電力会社、そして立地先自治体の判断だけで、すべてを決定されてきた原発問題。たくさんの人々の生活に関連する「原発」をこれからどうするのか。今回の署名運動は、原発の是非を決定する都民投票を請求するために行われる。 都民投票という言葉は、聞き慣れないかもしれない。だが実はこの16年で住民投票は401件行われており、原発問題に関する投票は三重県、新潟県などでも行われた。だが、東京での都民投票は、過去一度も行われたことがない。  イタリアやドイツなど、原発に関する国民投票は世界でも行われ、高い評価を受けている。 安心して食べられる食品(特に乳製品と野菜、水、米)がこんなに店から無くなってしまった現在、「国や電力会社、そして立地先自治体」だけで原発について決めるなんてあり得ない。 それに、東京での都民投票は過去一度も行われたことがないとは、びっくりだ。 それでなくても今の政府は、2009年9月の選挙で政権交代した時のマニフェストを捨てている。(どう捨てたのか 参照 ) つまり、今は民意を反…

続きを読む

モーーーーー

日本の市民がここまで冷酷だとは思わなかった~牛は全頭検査で、福島の子供は放置? 当方、嘔吐防止のためテレビを滅多に見ないのだけど、上記事によるとテレビコメンテーター種属は滅んでなくて、いまだ気色悪い瘴気を発し続けている。 テレビコメンテーターだけの問題ならまだしも、調べると「市民」もセシウム牛に怒って要望を出しているみたいで、それを政府もまじめに取り合って 平野氏は会見で「流通経路を明らかにして(問題のある)肉を特定し、できるだけ検査(態勢)を確立するということで対応していけば、消費者の理解を得られる などと、ほざいているらしい。 今の今まで、福島全域相当高線量に関わらず、「安全」と言い続けてきたくせに。 福島(の子ども)が「安全」なら他は全部安全に決まっているじゃないか。 どの国民にも安全と言うべきだ。 その程度のベクレルならガンの確率は最大1.05倍増えるだけだから無問題と。 そういう方針、そういう「科学的実証データ」で統治すると宣言しているのだから。 もう、みんなでセシウム牛食べるってことに、決まっているんだよ!!!!

続きを読む

いや、誰も「脱原発」一色に染まりたくて染まっているわけじゃないでしょう。「誰かが示した安易で簡単な答えに飛び」つい…

ときどき立ち寄る「毒蛇山荘」ブログをさっき読んだら、誰も彼もが「脱原発」に傾倒していることについて、挑戦的かつユニークな事を言っていた。 要点は *考え続ける87歳インタビュー 吉本隆明 思想家   「思い描いていた大人に僕はなりきれていない」/「誰かが示した安易で簡単な答えに飛びつかないことが大切です」/「大震災後をどう生きるか。僕は考え続けて生きたいと思う」今回の大震災で「原発はもうダメだ」と口々にいう社会。そんな言葉にすぐ引っ張られてしまう日本人に対し、“思想界の巨人”は、静かに「待った」をかけた。 ということで、“思想界の巨人”の意見が紹介されている。(本文の引用ではないので詳しくは不明であるが) これ見てなんか思ったんだけど、「原子力エネルギー」って「自然エネルギー」とは違うのかな? だってウランって自然界にあるものなんでしょ? でもって、吉本氏が言うことって、いわゆる自然エネルギーを信奉しまくる人と本質一緒なんじゃないかって思えるんだけど? あの自然エネルギーってのも、たとえばソーラーパネルなんか原料は石油だったり、風力発電は風下の風量を半分にするから樹を滅ぼすとか、あれやこれやで、問題多いって話しだ。 ☆参照:武田邦彦「日本の自然と子供の将来のために、自然エネルギーはやめろ」(2011年6月7日) その一方、原子力エネも問題が多い。多すぎる。 吉本氏みたいな言論が存在するのは、言うまでも無く大いに構わないけど、原子力エネルギーに絡み…

続きを読む

福島県

■2011-07-12 17:52:00 夏休み避難がダメに(;_;) どうして、こんなことを、福島県はするのか。 これじゃあ幽閉されているも同然じゃないか

続きを読む

『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』は読んじゃいないけど

数日前にテレビを付けていたら、武田鉄矢さんが司会の番組が始まって、武田氏は悲しげな、もののあわれを思わせる表情で話をしていた。 いったい何の話し? と思いつつ聞いていると、どうやら「ドナルド・キーン」氏の話しをしているようだった。日本文学研究家ドナルド・キーン氏が、3.11の大震災の後、日本を励ます意味も込めて日本に帰化した事は、ニュースになって知られた通りだ。武田氏は、そんなキーン氏のことを「ありがたいですねぇ」と感謝しウンウンうなづいていた。

続きを読む

小沢一郎、ふたたびまたたび。

小沢一郎元民主党代表vsフツーの市民 ----「東日本大震災」と「福島原発大事故」、第三の建国に向け二つの国難にどのように立ち向かうか---- ネットメディアと主権在民を考える会という市民団体が企画し、現在10キロ20キロ圏のワンチャン猫ちゃん救出作戦展開中の山路氏が主催するAFPニュースが撮影協力した動画。 と、いうことで、おひさー★という感じの小沢一郎だ。 この動画、約40分くらい経過しないとご本人が出てこないので、それくらいから見るので大丈夫だと思う。といっても、ご本人風邪を引いているらしくて、大量の鼻汁をジュルジュルーーズゥズゥーとすすっておられるので、その音響には若干の覚悟必要 ということで難あり物件ではあるも、意外とスゴイこと言ってくれている動画ではあって。 そこらへんは後述するとして、印象深かった箇所を少しだけ文字起こししてみる。(厳密ではなく、意訳という感じで) 現状認識 OZAWA「(被害の大きさについて喋ったあと)原発ですね、これは、この先将来何十年という間、いのちと、日本経済全体に大きな影響がある。 ほんとうに深刻に考えなくちゃいけないと思っているんですね」 今の政府や官僚関係 OZAWA「今、委員会だ審議会だといっぱい作っているんだけど、むしろ役所にまかせっきりの時よりもゴチャゴチャしてしまった」 女性の質問者「津波の数日後には放射能がたくさん漏れたのに、毎日マスコミも安全安全と言い続けて、政府は、国民を…

続きを読む