2010年06月01日

商品レビュー≪鳩山由紀夫≫PART2

前回の鳩山由hato2.gif紀夫商品レビューは、3月27日だった。
わずか2ヶ月と数日が経過しただけなのに、この商品をめぐる状況は大きく変化し、ひいては商品自体の価値も乱高下している。

変化要因は、おおまかに二つある。

1:今まで(自民党与党時代)は、政府が官房機密費からマスコミに金を渡し、マスコミは政府に都合のいい情報を発信、なおかつ政府に不都合な情報は知らせず広めず、人々の関心、意識、行動をコントロールしていた。(これがどの程度「成功」していたかは今後の検証を待つとして。それと、どれくらいの範囲に機密費が渡っていたかは今は調査段階であるも、当初の予想よりもはるかに大規模な範囲で起きていた模様)

2:普天間基地の移設先について、実行不可能な約束を重ねたあげく、地元で激しく反対され、なおかつ環境破壊的という時代に逆行する案で決着を付けた。

---
▼1は、商品自体の品質とは関係はないが、従来の総理や政府が使ってきたマスメディア対策を、今回は使っていない(であろう)ことは考慮に入れる必要がある。
そのために何が起きているかというと、マスコミはこころおきなく政府や首相を攻撃している。
本来マスメディアと政府は権力として拮抗しているはずだからそれで健全といえなくもないが、今現在の鳩山攻撃の仕方を見ていると、健全の域内に入るのか、どうか?

もしも入らないのなら、マスメディアは機密費からお金をもらえなくなってヒステリーを起こしている…… と、わたしなどは思ってしまうが、それ以上に、「マスコミを敵に回すとどれだけ恐ろしい事になるか政府に思い知らせ、今後どの政党が政権につくにしても、マスコミを尊重する態度を叩き込んでやる!!」といういきり立った意志を感じさせるのだ。

これは、五つ星判定の中で参照したい点である。

▼2の方。
なんとも言い訳の効きづらいことをしている。この「結果」は★を減らす大きなマイナス要因となった。人によっては決定要因としている。ことにかの日のツイッターのせりふ
今日は長い一日でした。普天間基地問題への取組みについて、日米で合意し、政府のなすべきことを決定しました。ただ、福島大臣にお辞めいただかざるを得なくなったことは、大変残念です。

にはズッコケた。
へりくだればいいってもんじゃないだろう。それに、なーーんも決定権がないのがよーーく分かった、分かりましたって感じだ。これだけ落胆させておいて「残念です」とつぶやくくらいなら、何もつぶやくな!! と言いたい。が、決定権がなく、そのうえ首相の意志がぜんぜん反映されないのだとしたら、その原因は、この人の「性格」にあるのか、それとも周辺の秘書官やら官僚やら官房長官やらを含む「人間関係」もしくは「力関係」の問題なのか、それともシステム上の問題なのか、そこらへんをハッキリしてくれないと、今後誰が総理になっても同じことが何度も起きる、つまりは民意(ことに地元)が反映されないという事態が起きるに決まっているのである。そんなじゃ選挙の意味がない!!

単に性格の問題ならば、当然辞めていただこう。鳩山さんに未練はない。ちょっと面白かったからもったいないけど、面白がっているばやいではないのだ。

もし、それ以外の要因が大きい場合。
それならば、ここで多少なりとも総理として「学習」した鳩山さんで続行したほうが見込みがある、かもしれない。
うーーーんどうかな、悩むところであるが。

そんなで、この商品の五つ星判定は、



★★☆☆☆




前回より深く考えた結果、ひとつ増えて二つ、とするのが妥当かと判断した。
タグ:鳩山由紀夫
posted by sukima at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

普天間基地問題

なんか今いろいろ見てたんだけど、普天間基地問題?

岡田さん、もっと強い調子で言ってくれないと。

誰かも言っていたけど「日本はアメリカの植民地じゃないんだよ!!!」と。
そんでウワサによるとアメリカは、読売新聞を使って敗戦後の日本人の反米感情を押さえ込んでたっちゅうじゃんか?

「うちの国に原爆落としたでしょ? そういうことしといてなんだよ!! 出てけ出てけ、どっかへ出て行け!!」と言ってやってよ

ちゃんとオバマ大統領だって、唯一の核使用国としての演説をしていたんだし。

中国は、何回でも昔のこと持ち出して日本に謝らせているけど、少しは見習ってほしい。
まさか国際的に垢抜けた、スマートな男に見られたいと思ってるわけじゃないだろうけど。

…この件、鳩山首相が5月までに決着すると言っているそう。
ってことは、4月いっぱいで結論をだすと。
でもって、マスコミがさわぐとまとまるものもまとまらなくなると。そういうことらしい。

(3月は新聞テレビまったくみなかったから不明だけど、日本のマスコミ、しばらくみないうちに開かれて公正で利権にしがみつかず客観報道するステキな報道機関に成長しているのでしょう…)(←ここだけ4月1日らしく)
posted by sukima at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

商品レビュー≪鳩山由紀夫≫

初購入ペプシNEX40ン年にわたる、松田聖子ちゃんと同じ長さの我が人生史上、鳩山由紀夫について考えたことなかった。
あるとしたら、ここ半年のうちの180秒くらいだけど。あ、あと友愛とか言い出した後の6分くらいだけど。
それも滅多に考えなくて、考えるシチュがあるとしたらブログに書く関係で、毒蝮三太夫もとい毒蛇山荘さんの激文を読んだあととか、佐藤優さんがどういう戦略なのか本気なのか不明だけどべた褒めした後とかに考えたけど、「けっきょく金持ちだからな」としか思い浮かばなかった。

ただ、そんなに悪い人じゃないのではなかろうかと、なんとはなしに、性善説的に思っていた。

だったのだけど…! いよいよいよいよ鳩山由紀夫の賞味期限が切れんとしている雲行きだ。

けど、2ちゃんねらーからの最近の情報だと、国民全員に8万円を配る政策の研究会が、みんすとう内にあるそうだ。所得税45%にして全員8万なんだとか。

あと、今見たら
鳩山首相:記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席
いいことも、しているのでわでわ?

え?ってことは、それを面白く思わない既成マスコミの陰謀で、反鳩山報道がなされているという、例のありがちな展開なのだろうか…?

なんだかよくわからないので、

鳩山由紀夫、ひとつぼし認定はおあずけだ!!
★☆☆☆☆☆
→のびるか→こっちへ??
タグ:鳩山由紀夫
posted by sukima at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

これで御仕舞。ジエンドか

人がせっかく小沢さんの肩を持ってあげているのに、やっちゃったよ

小沢 黒人を選んで(googleニュース検索)

あ・の・ね・ええええええ!!
あーあこれでお仕舞いなのかな…
あえて、擁護するなら、差別意識での発言とは、限らない。
だって実際問題、アメリカの人種差別はものすごいらしい。
(と、アメリカで生活している日本人の親戚や友人は激しくそう言っているらしい)

それを考えたら、「アメリカはやはり実力主義のいい国だから人種差別がない」、だから黒人の大統領を選んだ、と表面的には思わないはずで、そんなにも差別意識のある国なのに黒人の大統領を選んだということの、意味の大きさを思うはずである。

またこれで明日からマスコミがバンバン叩きだすのだろう。

見える、わたしの目には、テリー伊藤が、加藤が、えーとあと誰だっけ、いろいろなのが…
posted by sukima at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

普天間基地問題

ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で 2009.12.5 01:38

というんだけど、日ごろ「きゃー岡田様ーがんばってー」と黄色い声援をあげている当方としては、もう冗談じゃないというか、苛立ちがピークに達しようとしている。
なんでお前が大声張り上げるんだ。
それにこの記事のアメリカべったりもみにくい。

ここは、「沖縄は日本なんだよーー!!」と言えばいいんだよ!!

この前ポッドキャストでNHK「らじおあさいちばん」聞いてたら、
「カナダ、メキシコ、ニュージーランドのような対米依存度の高い小さい国でも、きっぱりブッシュ批判をしていた」という頼もしいエピソードが披露されていた。(参照

今までのは自民党のせい、ってことにして、新しい路線でいってほしい!!右斜め上

タグ:普天間
posted by sukima at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

岡田外相がアフガン電撃訪問

☆★☆★☆★岡田外相がアフガン電撃訪問=復興支援策を大統領と協議

これはビッグニュース!!

岡田大臣、これといって期待していなかったけど、やるではないか。

今、NHKニュースでも映像が流れていた。

アメリカとどれくらい連携っぽいことをしているのか、それとも日本の外交ということなのか、そこらも知りたいけど、それはともかく。


くれぐれも自爆テロに合わないよう!!(そんなどじ許されない)
posted by sukima at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

民主党を政権党にする覚悟は、できたかな?・・・う

今あえて民主党の政権構想を再検証する / ビデオニュースドットコム

やっぱり民主党ってダメ政党なんじゃないかと疑わせるエピソードがしょっぱなから出てしまって、

民主党は、他党にパクラれたくないがために、マニフェストを公開していない、というのだ。


道理で、何考えているのかいつまでたっても分らない党のはずだワ。

良いマニフェストなら誰にパクラれて実行されてもいいじゃないか。むしろ歓迎だろう。そんなに著作権が大事か?
確かに、調査費とか人件費とかかかっているだろうからあながち責められないとはいえ、あまりにケツもといお尻の穴が小さい。

しかしいつまでもそんなじゃしょうがないから、上記サイトである程度知ったので、ここに紹介しようと思う。
が、途中舟を漕いでしまった部分があるため完全には押さえていない。
テキストでも読めればいいのに、彼らは何が何でも顔を出していたいらしく、テキストなら10分ですむものがえんえんと2時間も時間を拘束されてしまうので、むろん美しい男性たちなのでちっともわたしは苦痛ではないとはいえ、せめてもっとスピードアップして喋ってほしいと思う。



政治改革
献金への規制強化
国会答弁を政治家に限定
ネット選挙 / 外国人 / 18歳
多選制限(←地方で4選以上推薦しない)


行政改革
天下り全面禁止
独立法人、特別会計の廃止
政治任用
国会が行政を監視


地方分権
権限委譲
ひも付き補助金廃止
  令の廃止(←不明)

※()内はわたしが書いた

と以上は最初のフリップ数枚分で、わたしのメモ10枚のうちの1枚。他にも「子育て」「国際」といろいろあるのであるが、全部フィリップ起こしをしていると大変なので、3枚だけ。ここの部分では何を補足的に言っていたかというと、天下りに12兆円かかっているものを、これで削減できる。と。

あと全体的には、わたしが捕捉できた分だけを短く言えば、

1:民主党のマニフェストがどんなものか以前に、政権交代することで、自民党では惰性のまますすまないことがすすむ可能性あり

2:有権者は毎日日記を付けるなみに、自分の収支を記録する必要がある
(↑と解釈したが、記憶あいまい)

3:有権者はコミュニケーションスキルを磨いて、行政に参加する

4:政党は、マニフェストと公約をわける。(公約は守る。しかしマニフェストはそうはいかない場合も)

5:民主党になっても良くなる、とは限らない。しばらく時間がかかる。それを待てるか


などなど言っていた。
とはいえ、有権者にあんまりハードルの高いことを言ってばかりでは「面倒くさいから自民党でいい」という、レベルの低い話になるのは目に見えているわけで、日記とか言ってもかなり無駄っぽい。

行政参加することでの楽しさってのが、具体的に何かないとやらないだろうなと思う。

それには、まず個々人がもっともっと孤独になって、寂しくなって、不安になって、狂いそうになって、それからじゃないか。


たぶん、その時はもうほとんどきている。


タグ:民主党
posted by sukima at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。