2008年12月20日

作れば必ず使うと思う、小悪魔キュートなカードたち

前回、クレ(ジット)カードがキライあせあせ(飛び散る汗)という話を書いたとおり、わたしはクレがキライ、というよりも怖いがく〜(落胆した顔)というか、もはや何か呪いのようなものを感じ、現代の黒魔術ドコモポイントのように感じているのでこの話題に触れるのもイヤなのであるけど、むろん、賢い使い方をするなら、決して使って損にはならないのだろうし、個人の信用保証という、経済を回転させるための合理性もあって、きっときわめて有用なのだろう、と推測する。



続きを読む
posted by sukima at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安定か、身軽さか。もしくはわたしのファッション提言「ストッキングはショッキングに!!」

 どうも最近体調が悪い、その原因は何だろうかと考えて、「日々のsukimaを書いていないからではないか」と思いついた。今までも、書き終わって「保存」ボタンを押したとたんに、胸や腹のあたりのモヤモヤした雲がスッキリ晴れたことが幾度となくあって、それを思い出した。ので、ちょっと何か書いてみる。といっても「保存」ボタンにまで辿り着くのかどうか分らない。何せ今頭の中が空っぽだからだ。もしもわたしの頭の中が月極駐車場だったら「空あります」。

続きを読む
posted by sukima at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

とある研究に釣られた


タイトルはちょっとした「釣り」で、実はクラミジアの話だったという、暗地味なニュース。
しかしどうなんだろう。

ってことは、理系の男子学生が奥手なのは、性感染症の知識がありすぎ性行為に嫌悪感を持っているから、という仮説につながるのだろうか。

わたしの知り合いのムトウちゃんのダンナは性的に潔癖すぎて、妻に手をまったく出さないそうで、ムトウちゃんが悩んでいたが、彼は理系だったのだろうか。いやいや、そうでもなさそうだったが。またムトウちゃんが、「ダンナがサーもう手出してくれなくて!!」と無邪気に公表するので、わたしは何となく冷や冷やしているわけで。

ま、なんでもいいが。
posted by sukima at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

3の付く日と3の倍数の日ってのはすぐにくる

◆数字の描く夢と悪夢

前回13日にアップした時は「やった3の付く日だ」と思い、公約を果たした気分になったものだが、「次は16日だな」と思ったらよく考えたら16は3の倍数ではなく正しくは15日で、それは13日にとっての「あさって」だったので、ひえーと思った。

ついでに言うと、10枚も買っていたサマージャンボ宝くじは連番だったため「末尾9」(300円)だけは当たったものの、あとはまるでかすりもしなかった。
むろん大して期待していたわけではなく、ちょっと夢みている自分をキャラ的に演じてみようかな、と思っていた程度だったとはいえ、あたまに来たわたしは、
「金持ちが10万円分とか100万円分とか買ったら、その方が3億円当たる確立ものすごく高いじゃないか、やはり格差社会だよ、金持ちほど金を産むってことじゃないか、ひどいよムゴイよ」と末次郎(14才)相手に、不公平感をひしひしと滲ませボヤいていたところ、何事も穏当にすませたい彼は

「何年も数万円づつ宝くじ買いつづけて当たらない人も多いらしいよ。だから、金持ちが高額投資しても当たらないものは当たらない」
と、なぐさめともナンともつかない事を言っていたが、そうなんだろうか??

どうも、腑に落ちないが。

がしかし、今回の連番に限って言えば、10枚3000円を1000枚(30万円)買っていたとしてもまるで当たっていなかったのは、確かだ。


◆金。とにかく金なんだ

世は投資ブーム。FXだのなんだのと、とにもかくにも投資(という言葉で正しいのだっけ?)をしなくては老後の資金が足らなくなる。第一それでなくても損なんだ、損、損。ということですっかり煽られたわたしは、ちょっと勉強しようと雑誌を買った(写真)。そして熟読した。激しく熟読した。とくに、「鳥居万友美・2年間無敗!月100万円稼ぐ子育てママのショート戦略」を。


 実は、私は、サブプライム・ショックが起きる1年ほど前の06年6月と7月、短期的な円高によってトータルで500万円以上の損失を出していた。やはり、円高になってもすぐに損切りをせず、ナンピンを入れてロングポジションを膨らませてしまったのだ。大きなダメージを受けたが、そのとき、ナンピンを入れることのリスクと損切りの重要性を思い知った。と同時に、対円でロングポジションをとるだけのトレードに限界を感じ始めたのである。
 FXの場合、ビギナーの人ほど、対円でロングから入ることが多い。スワップポイントが得られる上、チャートは右上がりになると利益が出るため、感覚的な分りやすさがあるからだろう。
 しかし、そもそもFXは通過のトレードであり「円売り」「円買い」に固有の意味はなく、相場の状況によって使い分けることが望ましい。ロング・ポジションだけだと、わずかなチャンスを狙おうとして無理なトレードになってしまうケースが少なくないからだ。スワップポイントを気にするあまり、キャピタルロスを大きくしてしまっては何の意味もないだろう。


ここにある心象風景の鮮やかさと潔さに瞠目だ。いさぎよく反省し、しかしムダに悔いることなく戦略もあらたに次のステップをこころざす。すがすがしくも清らか。ここには人生がある。人生と人生訓と学びと目覚めが。
金が結局日本人には一番合っている気がする。
それに「ナンピン」とかロングポジションを「膨らます」、それに「キャピタルロス」と「スワップなんたら」というボギャブラリイも気に入った。わたしが今後マネー戦略したら、こういう文章を書く日がくるかも、だ。


ともかく他のページにも書いてあるのは、損切りをせよってこと。
損切り損切り。

(損切りが何かは当方には不明)


◆北京オリンピック2008

オリンピックを見るの本当に久しぶりで、4年前の日記(hatenaダイアリ)を見返したら、これだけ書いてあった。


2004年8月23日 [日々][テレビ]

 ○あの人を応援した。ハンマー投げの人、首の太い、ジェロニモンペペみたいな。

 ジェロニモンペペったって、誰も知らないだろうけど。わたしが子供達に作った最強のインディアンキャラクタ。ペペのお母さんがまた変わってて、頭をお団子結いにしているのだけど、何個も何個もお団子がのっかってるから、ずっと高く天まで届いているのだ。

 その室伏さん(←いきなり思い出した;)、シドニー五輪の時は観客席に「しーっ」って静寂を求めたのに、今回はむしろお祭り気分を楽しんで、ワイワイノリノリで銀メダル。

 ただ勝つだけではなくて、勝ち方のかっこよさ。

 ほれるね、これは。

 ○卓球少女愛ちゃん。まだ15才ということで敗退したのは早かったけど、彼女の試合前の語録が面白くて。曰く「自信もちすぎるといつも負けるから持たないようにしている」。

 微妙で繊細そうなマインドコントロールだに。

 ○女子マラソン 金メダル!!

 っても、ダイジェスト版で見たので、邪道。

 でもおめでとう!


何言っているんだか、今となってはよく分らない。まだこの頃は無邪気だった自分だ。

今年は、水泳とバレーボールを見た。あと男子体操。
あーーんもう冨田洋之(とみた ひろゆき)選手ったらーーー!! 
(と、途中から見たくせに地団太ふんでいる)
こういう時のために、茂木健一郎先生の「歴史は誰にも公平である」理論があるよ。え?「航平なんかやだ??」
無理もない無理もない

そうこうしながら、久しぶりにビデオニュース見たら、「ドーピング問題」だったため、オトトーーッ!!冷や水をありがとうーーー!!遺伝子に直接はたらきかけ特定の筋肉や骨をどうこうなんてヤバすぎ!!まだ視聴はしていないけど、ともかく今は、すでにメダルを取った人(とくに日本人)が「ドーピングでした」と言われないよう祈るのみ状態だ


◆オリンピックのほかは、グーグルストリートビューに捧げた今年のお盆

捧げすぎたので、ちょっとしばらく休もう。
経済人やIT業界人はGoogleに追従した、といったら悪いなら、沿った形での考えにならざるを得ないとしても、経済人なのに深い!!と思うような意見も聞きたい。
なんだかんだいって
google幹部の言っていることが一番カッコイイんじゃ、やってられない。


posted by sukima at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

TVブロスの最後のページ / media:雑誌

テレブロの最後のページのコラム。ひさしぶりに面白かった。
というか、数年ぶりに面白かった。
面白かった、というか今までがワケわからんちんすぎの寓意の見えてこない下手な童話ばっかだったから、今回がよく感じた、ということかな。

特に分らなかったのが、「赤ん坊が最初に笑う笑いは嘲笑」。
どうひっくり返して考えればいいのか、クイズが苦手なわたしにはお手上げもはなはだしかった。
なんだか頭きて買うのやめていた。
(デジタルに移行したら番組表画面に出てくるし)



いい香りに囲まれてなまけたろうと一緒に
ゴロっとしてTVを見よう。

posted by sukima at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

『乳と卵』買うならこちらで☆副題:今、ネットユーザーに与えられた喫緊たる課題、amazonへの一極集中を拡散させるべし!!

このことは、自然にしていたら、実現しないだろうなと。
なにせ、人はたいがい面倒くさがりでズボラなので、簡単で便利であることを喜ぶし、さらにブランド性が高く、有名で、みんなが使っているとなれば、それだけで、無条件に飛びついてしまうからだ。

けれど、その結果として、みながみながみながみな、amazonばかりを使っていたらどうなるだろうか?がく〜(落胆した顔)




(しばし熟考タイム)眠い(睡眠)





悪夢的な未来を描いて、数々の衝撃をあたえたSF作家フィリップ・K. ディックが生きていたら、ぜったいに「amazonが支配する世界」を今ごろ描いて警告しているはずだ。
たとえば、本人しか知らない欲望とか、本人すら知らない欲望とか、本人のじゃ絶対にない欲望まで、全部スキャンされた挙句にさあ買え買え買え買えと、日夜脅迫される時代。脅迫レベルでもゾッとするが、買ったもの、買おうとするもの、買うことがちょっとでも推測されるもの、が、イコールその人間の人格ということになって、人格イコール物となり、人格イコール欲望となり、その「情報」がストックされ、広められ、未来永劫、時間的にも空間的にも逃げ場がなくなる。ネットユーザーでなくなればいいだろうと思うが、それはもはや不可能だ。学校も、病院も、職場も、すべてネットワークにつながっていて、そこから切れることは、すなわち死を意味している。そのつながり方も、さらに進化、脳内埋め込み型のインターフェースが一般化し、経済はニューロエコノミクス、ニューロマーケティングは当たり前、脳内と脳内がダイレクトにアクセスしあう、ブレインといよりもニューロンレベルのネットワークが緊密に張り巡らされている…


たらーっ(汗)あせあせ(飛び散る汗)たらーっ(汗)あせあせ(飛び散る汗)

なぜそれが可能になったかというと、amazonの一極集中があったからだ。
コスト面、技術面等、ひとつに集中していた方が何だって効率的に進むのは、素人でも思いつく。
当初は、直接脳内にデジタル化された文学作品を送り込み、効率的に文学を吸収しようという、時間のない、けれどインテリっぽくはなりたい金持ちの趣味から始まった。それはなにやら反物質主義的な文学愛好趣味が建前で始まったので、あまり抵抗はなかったのであったが。
ああおそるべし、amazonブレインネットワーク。

それは徐々に人間性を蹂躙し、徐々に徐々に、人間をamazonの文化家畜ならしめていったのだった… 


そんな空おそろしい時代になっていいのであろうか? non。non、non、nononononnon。どんっ(衝撃)ダッシュ(走り出すさま)ちっ(怒った顔)end


ということで、せめて本だけでも、amazonに依存しすぎない未来にしたい。
オープンで、健全な競争原理を維持することが、まず必要なのである。


『乳と卵』、買うならこちらでどうぞ☆
なお、送料等は自分で調べてくださいね。

全国書店ネットワークe-hon
セブンアンドワイ
JBOOK
オンライン書店 boople.com
オンライン書店ビーケーワン
本やタウン
文春から直接
Yahoo!ブックス
ジュンク堂書店
楽天
喜久屋書店
文藝春秋amazonだけでなく、7andYのボタンをつけたのはお手柄。けどもっともっとたくさんあるのです
紀伊国屋
オンライン書店横断検索
タワーレコード
fujisanコム(海外に送れるそう)

ちなみにエキサイトとシーサーはamazon直結だからダメ出しだexclamationバッド(下向き矢印)ふらふら


posted by sukima at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

【報告】入デジしました

思えば昨年の9月、それまでよく見ていた朝日ニュースターが完全デジタル化されたため見れなくなり、いかにも貧乏人の味方っぽくしていた局だけに無性に頭に来た事があった。こうなったらうちは2011年になっても地デジなんか始めず、テレビも買い換えず、アナログにしがみついてそのまま一生を終えるんだ!! と決意を固めていた。

のであったが、先月、うちが契約しているケーブルテレビから何度も案内チラシが来て、デジタルに移行してくれと言う。もちろんアナログ原理主義のうちはそんな案内はムシしていたのであるが、何度もチラシが来たあげく電話がかかってきて、「そちらのマンションの家主様のご意向で、デジタル導入はもう決まっている」と言うのだ。つまり、強制、逆らえないと。

それからは、あれよあれよという間に工事の人がやってきてしまって、あれこれ説明をしてくれて、やたらと見れる局が増えたのと、オンデマンドってやつができるようになったのと、インタラクチブの何とかってのができるようになったのとで大変だった。その上、HDD機能もオプションで付けますよ、とのことで、それを使うと、裏と表の両方の番組が一度に録画できるうえ、録画予約も画面上で一発で、ビデオの時のあの面倒で間違えやすい時間設定がないという。いやーーそりゃ便利だなと、その説明を聞いて、値段の方も聞いて、そっちのオプションの方も頼んだ、というわけだ。


と、いうことで、「デジタルなんてバカバカしい、あほな番組しかやってないのに、無駄なテクノロジーばかりが増えるわね」と思っていたのであるが、必ずしもそうではないと分った。特に、テレビでも見ようかなと思ってテレビをつけても、これといった番組をやっていないことがほとんどであるが、気になったのをバンバン録画しておけば、そんな時に見れて、無駄な視聴時間を持たずにすむのだ。


なので、うちは最新のテレビ環境を手に入れたと言っても過言ではなさそうなので、ほんとに、わたしをアナログの友だと思っていた人が万一にもいたなら、ごめんなさい。デジ、便利。オススメ。って、まるで煙草をやめた人が吸っている人に禁煙をすすめるようなテイタラク感が漂うけど。

(といっても、テレビ本体の方はまだ14インチの昔ながらのやつなので、デジ機能発揮しきれていない)


それで今は、日本のニュース番組には何と何があるのかと調べて、もっとも有意義なニュース番組をチェックしていきたいと、かように考えているのである。なかなか完了しそうにない計画であるものの、ちょっとやってみようと思う。

シャープ AQUOS ブルーレイ  BD-AV1-B(黒)
“代引き手数料・送料込の特別価格68,000円”
●ビデオみたいに簡単、ビデオよ..



上製品、いいか悪いか分らないけど、とりあえずアフィる
posted by sukima at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。