今こそ新聞社について考えよう的な話題

昨夜仕事から帰って、ビールを飲みながらザッピングしていると、『官僚たちの夏』という映画だかドラマが始まった。 これには吹いた。こういう時期にそんなにも官僚を持ち上げたいのか、テレビ局は?? そうなのかテレビ局は!!?? 『官僚たちの夏』がどんな話だか知らないから一概に言えないけど、素直に想像すれば官僚をヒロイックに描いたもの、でしょう。批評精神をもって描いたもの、と考えるよりは。 なんだかなーあーあ、いやんなっちゃう。 と思いつつも、それ見ようじゃないのよ、そんなに見せたいならさ。 見ますよ見ますよハイハイハイ と、ビール缶をふりふり残量を確認しながら思っていると、マイダーリングのテルテルが横から 「あ、それ面白くないから見ないほうがいいよ。その堺雅人よくないんだよなー、佐藤浩市の引き立て役でさ。堺なら『クライマーズ・ハイ』がぜんぜんいいって!!」 とか言い出した。 マイダーリングのテルテルがふざけた邦画ファンなのは、過去記事『しんぼる』等でもお披露目しているところであるが、あれよあれよとDVDがセットされてしまい、その何とかってやつを見ることになった。わたしの場合「堺雅人」さんの名前を聞くのも顔を見るのも初めてであった。 めったに夫に逆らわない従順な妻である当方は、別にいいのでそのままビール缶をふりふり「やっぱ500ml缶一本は少ないよね」とか「クレヨンしんちゃんどうなったのか知らない?」と同時多発的にいろいろ喋りながら見ていると、それがなんと、新聞社の話だった…

続きを読む

次々現れる難敵。今度は新聞労連だと

・・・と思ったら(前回の続き) ★◎「新たなメディア規制」と抗議=次官会見廃止で新聞労連 2009年09月17日18時43分 / 提供:時事通信社  鳩山内閣による各省庁事務次官の記者会見廃止について、日本新聞労働組合連合(新聞労連)は17日、「新たなメディア規制」と抗議し、撤回を求める声明を発表した。  声明は、次官会見について「権力監視を使命とするジャーナリズムにとって、政策形成過程を国民に明らかにする上で不可欠な取材の場だ」と指摘した。  その上で「時の政権の意向で一方的に廃止することは市民の知る権利を制約する暴挙。『言論統制内閣』として歴史に名を汚すことを自覚すべきだ」と批判した。  なんか、このタイプのには「コメント欄」がないことからして、一種の言論統制かと思うけど、この「新聞労連」なるところも、勝手に「市民の知る権利を制約する暴挙」とか「『言論統制内閣』として歴史に名を汚す」とか、決めないでほしい。 誰もそんなこと、言っていない。 「新聞労連」は、今こそ冷静にならないと、恥の上塗りだと思う。

続きを読む

今のとこ政府応援。

鳩山新首相が「記者クラブを廃止する」という公約というか口約を破ったと、さる筋がいきりたっていた9月16日に読んだ記事が、これまたまぎらわしくて以下のもの。 あんまり時期を同じくしていたからてっきり、記者クラブ廃止関連の記事かと思い、 「なんだ、ちゃんと記事に取り上げているじゃない、朝日はさすがだな。真実を報道する姿勢があるんだネ」 とすっかり安心しきったが、どうもよくよく読むとなんか雰囲気が違っていた。 ★会見制限に「官」困惑 「大臣の指示を待つ」 2009年9月17日5時26分   「新政権が目指す政治主導という考えに立っている」。鳩山内閣が官僚による記者会見を行わないと申し合わせた問題で、16日夜、記者会見に臨んだ平野博文官房長官は繰り返し強調した。「決して言論統制という考え方に立っていない」 (以下略) リンク先まで行くのが面倒な人のために説明すると、新政権は、官僚の記者会見を禁じたと。 禁じるのは当たり前というか、今までやっていたのがおかしい。 官僚は、政府の下。 記者も、聞きたいことがあるなら、政府に聞くべき。 だから、なんも悪いことをやっていない政府なのに、平野博文官房長官ってのもオバカさんで、「決して言論統制という考え方に立っていない」なんて応対している。 言論統制は、国が国民に対してやるやつだよ。(やるとしたら、だけど) 官僚はあくまで政府の部下なんだから、言論統制したけりゃしていいんだよ。 ・・・・ でもってこ…

続きを読む

神話からの脱却、それが無理なら書き換えへ

★鳩山内閣早くも公約違反? 隠れた官僚支配の温床壊せず 井上 理(日経ビジネスオンライン記者) ★9/15(火)ジャーナリズムの新たな幕開けか!?~鳩山政権と記者クラブ ゲスト:神保 哲生 (ビデオジャーナリスト) 司 会:上杉 隆 (ジャーナリスト) →日曜に再放送あり。

続きを読む

メディア改革。記者クラブとか電波とか

<大手メディアが決して報じない、「メディア改革」という重要政策の中身> ビデオニュースドットコムでお馴染み、神保哲生氏の「検証・民主党政権で日本はどう変わるのか!」 ▼政府の記者会見をすべてのメディアに開放し、既存のマスメディアの記者クラブ権益を剥奪する。 ▼クロスメディア(新聞社とテレビ局の系列化)のあり方を見直す。 ▼日本版FCC(米連邦通信委員会のように行政から独立した通信・放送委員会)を設立し、放送免許の付与権限を総務省から切り離す。 ▼NHKの放送波の削減を検討する・・・等々 ということで、同じ内容のものを、二回見る機会があった。 ☆ダイアモンドオンライン ☆ライブドアのやつ ネットの文章の流通の仕方もよく分からないけど、確かに↑↑これくらい流しておけば、読者の目にとまる確立が増えそうだ。 つまり、ここで批判されている大手メディアをソースとしなくても、やっていけるのではないか。 という気はしてくるし、そうでないと困るって話で。 読売やら朝日やらテレビ局やらの大手メディアは、知らん顔しながら流れを見て、得な方へ付く気でいるんだろう。 その間、しっかりしていないと、丸め込まれたり買収されたりで、換骨奪胎されかねないので、気をつけてほしいものだ。 ちなみに総務省は電波というものが分かっていないので、PLCとかいい加減なものを推進したりして、ずいぶんと批判を浴びていたのをウォッチしている。 みんなで見張っていないと何を始めるか分か…

続きを読む

OZAWA What's New!!??

と、本日ふたつの日記をのんびり書いていたんだけど、最新OZAWAニュースを見るとまた展開が多少あった。 この件には、どうやら最低みっつの疑問を喚起する側面があり、 1:OZAWAは献金を受けたの? 2:検察は公正にちゃんとやっているの? 3:検察が公正でない可能性を踏まえた報道を、ジャーナリズムはやっているの? 他ブログを見たら、東京地方検察庁は、大久保秘書の起訴について「収支報告書に虚偽を記載して政治資金の実態を偽ることは、国民を欺き、政治的判断をゆがめるものにほかならない」と異例の説明をしました。(NHKニュース)とのこと。 でもってこの「検察の説明」というの、あるブログは「検察には説明責任がある」といい、あるブログは「検察には説明責任はない(=そういう性質の機関ではない)」といい、錯綜している。 NHKが「異例の」と言っているのは、後者の意味かと。 検察を疑ったりとかあまりしたくない自分であるが、なんといっても、政権交代したらOZAWA氏が総理大臣になる、ということで、OZAWA総理というと思い出すのが、数年前安倍首相が参院選の前、「私と小沢氏、どちらが首相にふさわしいか、今度の参院選で決めてくれ」となりふり構わず言っていた件で、相当に意識している風だったっけ。 確かに、小沢総理ってどこかしら不安だけど。 まー、そんなことはともかくとして、上記みっつの側面から、この事件を追っていこう。 (いける範囲内) 何か成果があった…

続きを読む

NHKをギャッフンといわせるため、とっとと政権交代して欲しい!!その2

昨日の続きであるが、よくよく考えたら、NHKってものをわたしはまったく見ていないのだから、本格的に悪口を言う熱意もわいてこなくて、今の時間になってしまった。 最後にNHK見たのは、 昨年6月の「爆笑問題のニッポンの教養 | 『私が愛したゴリラ(前後編)』」と、同じく6月の「クローズアップ現代『ランキング依存が止まらない~出版不況の裏側~』」の時だ。 あとあえて言えば、大晦日に紅白歌合戦を見たくらいで、あの時は水谷豊のカリフォルニア・コネクションが懐かしくもかっこよくてジーーンとした。去年はカラオケでも数回これを聴いたが、かなり冴えないヘッポコ中年男でもこの歌を歌うと「歌がいつもより巧い」「冴えないのではなく渋い」「格好悪いのではなく都会の哀愁」であるかのように見えなくもないから不思議だった。 水谷さんの他は、クールファイブの「東京砂漠」もよくて、あの頃の昭和歌謡は今聴いても懐かしさだけではなくて、妙にココロにしみてしまって、うちの子どもに感想を聞くと、ハタチの子ですら「いいね」と言うのだから、やはりかなりいいのではないだろうか。子どもの意見としては、「東京を砂漠とみなす感性は、今も普遍性をもっている、ということかな?」と、ナーイスなことを言っていたので、またまた親バカ的に喜んだのであるけれど、どうせ家にいるなら、できれば早く働いてお金を入れてほしい。 という話はともかく。 わたしが確信をもってそれ---NHKのあからさまな反民主---を感じたのは、2007年放映のク…

続きを読む