【紹介】2011年1月の小沢一郎インタビュー(岩上メルマガより)

前回の続きです 岩上氏の 直近の29号から31号は、こういうものだった。 岩上安身のIWJ特報自由報道協会設立前夜 2011.1.17 小沢一郎元民主党代表との懇談会、全記録 届いたのは、4月10、12、13日の三日間で前編・中編・後編。しかし内容が2011年1月のインタビューであったことと、「また小沢さんかぁ」という気持ちから、読むのが遅くなった。何せ当方自慢じゃないが、小沢インタビューなら動画、テキストともに相当に摂取して満腹に近いし、小沢氏の場合ブレがないため、大きなインタビューを一個みておけば、あとはさほど違いがあるわけではない。のだけれど、このインタビューでは、他で語っていないいくつかの興味深い事柄をとつとつと語っていて面白かった。有料メルマガなので引用は最小限にしないといけないながら、判決無罪後の今も、新聞テレビはまたまた悪意に満ちた報道をしているらしいので、その理由も拾いつつここにちょっとだけ紹介したい。(ほんとーにチョットだけ) 中国の言論 岩上「中国は今、全土でテレビのチャンネルが3,000チャンネルあるそうです。だから、向こうは一党独裁だとか、情報管理された統制国家だなどと言っていても、情報の多様性とか、日本をはるかに上回ってしまっています」 小沢「はい」 岩上「3,000チャンネルって、もの凄いことですよね」 小沢「だから、統制が不可能になってきてるんです、段々」 岩上「それから見ると、…

続きを読む

【メルマガ時評】自由報道協会の面々

畠山氏の 自由報道協会 FPAJ、最近あまり話題にならなくなったけど、そのぶん人々の意識に浸透したということだろうか? それとも、すでにして忘れられかけているのだろうか? もともと「メディアではなく、記者会見の場」という標榜だったから、会自体は話題にならなくていいのかもしれない。 ちなみに自慢するわけではないけど当方、「寄付」、してます。割とけっこうな額です。 それに日々のsukima: Donationというカテゴリもなくなったわけではなく、寄付および金銭感覚の変革は今も必要なものだと思うので、このカテゴリもおいおい復活したいところ。 そのFPAJの理事、会員である畠山氏のメルマガ。 直近の『Vol.045 「ここは日本のチェルノブイリになっちまった」』『Vol.044 警戒区域内で牛を生かし続けたベコ屋の一年』は良記事だった。警戒区域内の家畜を生かし続けるために、昨年6月「希望の牧場プロジェクト」を立ち上げた、エム牧場・浪江牧場長の吉沢正己さんに取材。事故直後に起きたことの、証言。その後の前例のない状況下でとった行動、心情などが、たんねんに綴られて。それに、「(殺処分ではなく)野良牛の使い道」という考えは、やはりその立場の人でないと思い浮かばない。他にもある。「行政はいつでもメンツ、メンツだよ。オレたちは干し草をビニールで巻いたロールサイレージや配合飼料を確保して警戒区域内の牧場に運び込んでいるんだけど、『公然とトレーラーで牧場に運びこむのはダメだ。それは困る。内密に』と言われるん…

続きを読む

NHKは有働由美子の膣トレなんか報道していないで、脱原発デモが常に行われていることをちゃんと報道すべき

さっき、大分に住む母親と電話で話したのだけど、大分では10月29日に『 さよなら原発おおいた集会&パレード 』という脱原発系のイベントがあって、母も参加したらしい。 集まった人数こそ、数百人と規模は大きいとは言えない(かもしれない)とはいえ、 「原発推進の大分にしては、ものすごい数集まったのよねぇ。はじめてだよ、あんなに集まったの。 大分は福島から避難している人が多いから、その人たちもスピーチして、福島の子どもたちも前に出て原発はやめてって言っていたワ」 とのこと。 ところがこの様子を、NHKは、まったく報道しなかったという。 「車いすマラソンばっかり報道してデモの方はぜんぜんよ。ひっどいもんだよ、NHKはっ!!」 と怒っていた。 ちなみにうちの母はインターネットをぜんぜんやっていないので、ネットやってなくても同様の怒りがわくのだなと思った。 今調べるとその車いすマラソン、「 大分国際車いすマラソン大会 」のことのようで、行われたのは翌30日であるから、きっと一日中こればかりやっていたのだろう。サイトを見ると、イメージアップをねらった大企業がたくさん名前を連ねている。 車いすマラソンも大事だけど、大分にとって前例がないほど大きな集まりを、どうして報道しないのでしょうか? NHKは? なにも、脱原発世論を先導しろとは言いません。 が、市民が行い、市民が必死になって訴えかけていることを報道するのは、市民から受信料を取っている立場として、義務ではないでしょ…

続きを読む

反/脱原発運動が報道されないことの恐怖

反/脱原発運動が報道されないことの恐怖 うちがとっている東京新聞、「こちら特報部」はネットでも高評価で、たとえば本日の「東電広告費90億円の波紋」はツイッターでも話題になっていたし、「根拠なき『気休め工程表』」は、あれー?フリージャーナリストさんが書いた?と思うような見出し。惜しいのは「希望工程表」と表現しなくちゃいけなかったことで、「気休め」はちょい違う。(つー知る人は知る文脈が生じている) それはいいとしても、一面にいたっては、ここ数日間、原発事故の振り返り特集になっていて、新聞てのは最新の出来事を報道するもんじゃなかったのか。たとえば今日なら、今日の福島第一原発。今日の福島。今日の野菜。今日の魚貝海藻。今日の海洋汚染。今日の政府。今日の各国の反応。今日の放射線飛散状況。今日の子ども達。今日守らねばならないもの。今日の市民運動。 本当にいったい何をやっているのだとイライラする。 そればかりではない。反/脱原発デモは、4月と5月だけでも数回起きている。しかし、いっかな報道されていない。わたしが参加した4月11日の高円寺のデモは、翌日の東京新聞にごく小さい扱いで載ってはいたが、15000人も集まった東京で起きた出来事を東京新聞のくせにどうしてもっと大々的に報道しないのか。読売新聞の場合は言うまでもなく翌日に確認したら一文字も載っていなかった。しかも、5月7日に渋谷であったデモは、翌日の東京新聞にもぜんぜん載っていなかった。もっとも、NHKはその日15秒だけ報道したとかで、さ…

続きを読む

2011年のジャーナリズムを後世に伝えるために。その3か4

2011年のジャーナリズムを後世に伝えるために。その3か4 フリージャーナリストの上杉隆がとうとう、矢折れ刃尽き前のめりにどぶ川に倒れたようだ。記者クラブのゲロと脱糞まみれのさぞや臭いどぶ川だろうと、気の毒でならない。 氏のオフィシャルページには、今年いっぱいをもって無期限休止を決意するにいたった経緯が綴られている。 わたしもせめて一言礼を述べようと、氏のコメント欄を見た。 そこでは多くの人が無期限休止に泣いていたし、途方に暮れていた。 思えば11日の震災の、被害を受けた地域の大きさ、亡くなった人々の多さ、生き残った人々の喪失感と悲嘆の大きさ。その衝撃が大きすぎたところへ、追い打ちをかけた原発事故。単なる事故ではなく、政府の言動からはワレワレを助けようという意志がまったく感じられなかった。詳細に記者会見を見ていたわけではないから全部の発言や行動を知っているわけではないが、「見殺し」という言葉が浮かんだ。見殺しは見殺しでもジワジワした見殺しだ。ある学問系筋は、放射線の影響で癌になるとしても、もともと日本人の50%は癌になるからそれが51%になるだけと、慰めているつもりなのか恐ろしいことを平気で発信していた。50%というのは100歳まで生きての50%なのか? もともと自分の体のことだけならさしてジタバタする気もない。年若い自分の家族が30年後に癌だったらその時まだ40代じゃないか。もっと若い子ならもっと早くだ。どうしてくれるんだよ。そのときは癌治療が発達しているからいいとかそういう理…

続きを読む