"ジャーナリズム"の記事一覧

【紹介】2011年1月の小沢一郎インタビュー(岩上メルマガより)

前回の続きです 岩上氏の 直近の29号から31号は、こういうものだった。 岩上安身のIWJ特報自由報道協会設立前夜 2011.1.17 小沢一郎元民主党代表との懇談会、全記録 届いたのは、4月10、12、13日の三日間で前編・中編・後編。しかし内容が2011年1月のインタビューであったことと、「…

続きを読むread more

【メルマガ時評】自由報道協会の面々

畠山氏の 自由報道協会 FPAJ、最近あまり話題にならなくなったけど、そのぶん人々の意識に浸透したということだろうか? それとも、すでにして忘れられかけているのだろうか? もともと「メディアではなく、記者会見の場」という標榜だったから、会自体は話題にならなくていいのかもしれない。 ちなみに自慢するわけではないけど当方、「寄付」、し…

続きを読むread more

NHKは有働由美子の膣トレなんか報道していないで、脱原発デモが常に行われていることをちゃんと報道すべき

さっき、大分に住む母親と電話で話したのだけど、大分では10月29日に『 さよなら原発おおいた集会&パレード 』という脱原発系のイベントがあって、母も参加したらしい。 集まった人数こそ、数百人と規模は大きいとは言えない(かもしれない)とはいえ、 「原発推進の大分にしては、ものすごい数集まったのよねぇ。はじめてだよ、あんなに集まった…

続きを読むread more

反/脱原発運動が報道されないことの恐怖

反/脱原発運動が報道されないことの恐怖 うちがとっている東京新聞、「こちら特報部」はネットでも高評価で、たとえば本日の「東電広告費90億円の波紋」はツイッターでも話題になっていたし、「根拠なき『気休め工程表』」は、あれー?フリージャーナリストさんが書いた?と思うような見出し。惜しいのは「希望工程表」と表現しなくちゃいけなかったこと…

続きを読むread more

2011年のジャーナリズムを後世に伝えるために。その3か4

2011年のジャーナリズムを後世に伝えるために。その3か4 フリージャーナリストの上杉隆がとうとう、矢折れ刃尽き前のめりにどぶ川に倒れたようだ。記者クラブのゲロと脱糞まみれのさぞや臭いどぶ川だろうと、気の毒でならない。 氏のオフィシャルページには、今年いっぱいをもって無期限休止を決意するにいたった経緯が綴られている。 わたしも…

続きを読むread more

2011年の日本のジャーナリズムを後生に伝えるために。その2

先月14日にupした「2011年の日本のジャーナリズムを後生に伝えるために云々」の中で「国谷裕子ちゃわわわわーーーんの顔は当分見たくない」と書いた通り、まったく見ていない。そもそもNHKを見ていない。うちの家族が、わたしがNHKを(特にクロ現とニュース9ウォッチ)を見ていると、顔が青ざめ唇がぶるぶるし呼吸が浅く荒くなり様子がおかしくなる…

続きを読むread more

東京新聞の取り上げたウィキリークス

1月20日の東京新聞「こちら特報部」は、半分お手柄、半分中途半端なヘタレ記事だったけど、いちおうまあまあだったので紹介する。 前半のまあまあ部分には、昨年2月3日、在韓米大使館からアメリカ本国へ送られた公電のことが書いてあり、その公電には、日本との交渉相手は当時の鳩山首相ではなく、菅・岡田にするよう名指しした、と書いてあった。つまり、…

続きを読むread more

2011年の日本のジャーナリズムを後生に伝えるために、まずクローズアップ現代見てしまっての感想。さらに対極に位置す…

昨年の記事にも毎回毎回書いた通り、新聞、テレビの退嬰・退廃・腐敗ぶりに本気で気分が悪くなってしまったため、テレビのスイッチを入れようとするとあたかもPTSDの症状が出たかの如く、手指の振戦や動機息切れが起きるので、マジで近寄れない。それでも、最初からアホっぽい内容なら安心なのでリハビリを兼ねスイッチを付けることもあり、最近だと、とんねる…

続きを読むread more

『疑惑』--1982年の映画--今日のマスメディアに通ず

今年はおーーきなパラダイムシフトっぽいのが起きた年だった。それが何かというと、マスメディアのやっていることや言っていることが信用できなくなったがために、ネタ元としての信用度が失墜、ソースとして引っ張ってくるのが困難になったということで、ぶろがーとしてやりにくいこと甚だしくて困っている。 ただ、彼ら---大新聞やテレビの報道関係者---…

続きを読むread more

小沢一郎さん今どうしてる??

小沢イチロータもとい小沢イチローさんは今頃どうしているのでしょうか? 民主党代表選挙の時は、ニコニコ動画に出てみんなのインタビューにフレンドリーに答えたり、「日本記者クラブ」主催の討論会では、政治問題を本質的に長く考えてきた事がよく分かる明快な持論を展開したりと、批判するにしろ賛同するにしろ、語るに値する考えを見せてくれたと思え、それ…

続きを読むread more

いつになったらわたしは、お茶の間でホンワカくつろげるのだろうか・・・

またまた今日もNHKの7時のニュースみちゃったよ。 家に帰ったらテレビがついていて、映っているんだもの。 内容は、菅内閣についての、のらりくらりと安心しきった調子のホードー お断りしておきますが、NHK、いい番組を作る時もあるよ? そりゃいろんな人が働いているし、いろんな考えの人がいるんだから、いい番組くらい別に作れる。 …

続きを読むread more

お茶の間にテレビがあるため、ついご飯時に見てしまうの何とかならないか??あーー消化に悪い

無駄に気遣いのある当方なので前々回の最後に >※あ、ちゃんと払っている方はそのまま払ってやってくださいネ… >うちは無理です… なんて書いた。 今日のNHK7時のニュース見てたら、こういうニュース 「地元に就職先がないため、地方の高校生が東京の企業の就職試験を受けにくる。 それが東京の高校生を脅かしている」 と…

続きを読むread more

(3)・・かんさんか・・(3)

とまあ、考えれば考えるほどムシャクシャしてくるので、テレビはなるべく付けないようにしている。 今朝は、テレビ付けたら高木美○が「(小沢さんのように)ひとりの大きな政治家が皆を引っ張っていくというのは、無理だと思うんですよ」とまじめな顔でしゃべっていて、それはその人の意見だから言う権利はあるだろうけれど、大きな権力(霞ヶ関)(東京)(東…

続きを読むread more

(2)・・かんさんか・・(2)

(2)・・かんさんか・・(2) (1)のつづき ネットユーザーには小沢さん支持者が多いように思えたけれど、いざとなると、地方に権限委譲という話は、すなわちネットユーザーが苦手とする(ことが多げな)リアル生活にもつながっているため、理屈では応援でも実際のイメージを描きづらい… という面もあるのかも知れない。今後はここらへ…

続きを読むread more

小沢・菅討論会雑感と、マス○ミのみなさまへ言いたいこと

★プレスクラブ (2010年09月02日) 民主党代表選 小沢・菅両候補が討論会に出席 小沢一郎という人について語るときの枕詞に「私は小沢支持者じゃないけど」というのがあって、これは、「私は小沢信者ってわけじゃないですよ信者じゃ」という意味で、これを使わないと後に続く語りが、あまりに小沢…

続きを読むread more

週刊ポスト「怒りの告発第6、7弾」

他の週刊誌もそうなのか、それともポストだけがそうなのか、今週号だけを見ても「『空きカン』内閣の堕落1~4」はさまざまな方向から菅政権を検証していて内容がこゆい。ある一ページには、「ネット選挙解禁で困るマスコミ」という、実に興味深い章もある(これから読む)。 そんなであるが、今はともかく目下の関心事である「官房機密費にまみれたマスコ…

続きを読むread more

マスコミと機密費

今週で購買すること三週目となる週刊ポストだけど、これは皆の衆も買った方がいい。 「美尻ビジョン」と題したグラビアページには尻が乱舞していて、中で沢尻エリカのお尻が「ありがたや」とか言って下からのアングルでアップになっている。もっとも、沢尻エリカの尻はたいした物ではない。扁平で垂れているからわたしのと大差ないくらいだ。 着目は沢尻エリ…

続きを読むread more

官房機密費・・・・

…ということで、今回は、どういうネタでくるのでしょうか。見出し見る限り、いっそうのオドロオドロシサが漂っていて、こわたのしみです。 「週刊ポストも所詮マスコミ」と毒を吐いている方もいますが、週刊ポストは小学館、小学館といえばドラえもん。 漫画漫画と虐げられてきたドラえもんでもうけた出版社だから、今そのルサンチマンが爆…

続きを読むread more