安倍晋三さんのフェイスブックはまるで王宮の間。ルイ16世かっつーの!

前回の記事に頂いたコメントに昨晩遅まきながらレスをしたところ、朝になって気に入らず削除。書き直して再度アップした。けれどシーサーの場合よくあるのだけど、いっこうに反映されず。ほんとうに重ね重ねスミマセンm(_ _)m わたしの書き直したやつ↓ 10月以降、消費税が上がって、ますますキリキリ余裕のない世の中になるのじゃないかと心配です。 まして一党独裁下で、政治の「受け皿」がどこにもないんですから。 安倍晋三さんが 余程の馬鹿 でないことを願いますね。    その安倍晋三さんのフェイスブック。見てるとまるで王宮の間。消費税を上げないで下さいと下々の者が列をなして陳情。そうかと思うと日韓交流会に出席した安倍夫人を「どうにかしてください」と非難する身勝手一辺倒のコメがあったり。一個人じゃないんですよ政治家というのは。韓国が気に入らないからと交流しなかったらどうなると思ってるの。奥さんが日韓交流しているのは、夫がやると国内ナショナリストがヒステリックに罵倒し始めるからそこ回避のために決まっているでしょう。安倍夫婦は日本人的に四方八方頑張ってはいるんデスよ。 それはともかく。安倍晋三さんがフェイスブックのコメ欄をどれくらい読んでいるのか不明だが、本当にわずかに、消費税増税反対の声を届けることができる、貴重な場となっているのは確かだ。本来ならもっとちゃんとした政治の仕組みが届けるべき「声」を、ここが代用をしている案配。 しかし、そ…

続きを読む

続★麻生太郎は結局何が言いたかったのかを、考える。副題「そうだったのか!麻生太郎」「あっそう」

☆麻生氏の発言で宮台真司さんに噛み付かれましたw - Togetter ということで前回かなり脱線したのでシンプルにします。 宮台氏のまとめである《改憲論議は静かに。騒ぎになれば変えられるものも変えられない。騒ぎになって靖国参拝しづらくなったのと同じ。静かにやればワイマール憲法もナチス憲法に変わる》は、わたしの「答え」とは違いますが、特に間違ってないと思いました。 その一方@suika_sheep氏の<「憲法改正論議に関しては喧騒の中でやって欲しくない」=「一番言いたいこと」 であるのは明白でしょう。>というご意見も、特に間違っているわけではないと、思いました。 どちらもペーパーテスト的には95点~80点はいってるんじゃないですかね。 しかしながら点数はともかく、両者にはどちらにも難点があると思いました。@suika_sheep氏の方、特定箇所に下線を引いてそこを「言いたいこと」とするのは乱暴すぎます。なぜなら、ひとつのセンテンスはひとつの意味を意味しない、という極めてやっかいにしてユニークにして楽しい言語の宿命があるためです。そのため前後左右に膨らみをもたせたり、レトリックを使用したり(この場合は「ナチスのやり口を見習う」など)と色々と長く語ることになるんですが、それに失敗すると、今度のようになる、という。 あと宮台氏の要旨だと、麻生氏がものすごく賢い人に見えてしまうので、マイナス5点。麻生氏はワイマール憲法もナチス憲法も分かってはいないのです。それにナチスのや…

続きを読む

麻生太郎は結局何が言いたかったのかを、考える

ということで、朝日新聞が文字起こしをした麻生発言をつぶさに読んでみることにします。 ☆アサヒコムの記事>ブロゴスの記事  僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。 このエピソードは、「正当な選挙で選んでも極悪独裁者は登場する」実例として、民主主義に疑いを差し挟むためによく使われるものです。が、麻生氏はいったいなぜここでそれを出したのでしょうか? わたしとしては、いつまでもドイツ人の過去の過ちを引き合いに出すなんて、ドイツ人もいい迷惑だなあと思うばかりです。これじゃあ、「日本に侵略された」といつまでも謝罪を要求する中国人や韓国人を悪く言えないじゃないですか。 しかし今はそこは置いておきましょう。  そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見…

続きを読む

2013年参議院選挙雑感。副題:9条は守るよりも使い道考えた方がよくない?

今度の選挙には「ネット選挙運動の解禁」という大きな変化がついてきた。最初はあまり自分には関わりがない気がしていたが、よく調べると「ネット選挙運動」は一般有権者にも行え、自分のリコメンド候補者を発掘して当選運動ができる、という、ちょっとしたサポーター気分を味わえるオツなものだった。 ただ今回初めてだったため、あまりよく活用できなかった。しかも家庭内選挙運動に失敗し、うちの若者二名を投票に行かせることもできなかった。いくら子どもでもハタチ過ぎれば大人なんだから親が口出しするなと言われりゃそれまでだが、動揺した。どうして行かないんだと、考え込んでしまった。が、まあしょうがないね。勝手にしやがれだ。 さてさてそんな中、とあるメルマガで知ったのが「民主党参院選スペシャルサイト声!|日本をよくする47のアイデアを聴く」だ。民主党が47名の人々から日本をよくするアイデアを聴いている。落ち目の民主党が聴いてどうするって感じではあるが、ちょっと読んでみたら、けっこう面白いことが書いてあった。 それでわたしも「日本をよくするアイデア」を思いついたので、この下に記す。 参院選の勝利に気をよくした自民党はこのあと、「国民から改憲案にゴーサインが出た」ということで憲法を変えようとするだろう。恐ろしいことに9条も例外ではない。 そうなると、またまた護憲派、とくに9条を死守せんとする言説が賑やかになるだろう。 賑やかくらいだといいのだが、殺気だってくることが予想される。 無理もない話しではあるが。…

続きを読む

2013年夏の参議院選挙への興味をみずから盛り上げる

参議院選挙が今月の21日にある。参議院は、衆議院とちがって、任期途中で解散することがない。つまり、任期6年間をそのまま勤め上げることで有名な議会である。参議院選挙は3年おきに行われ、半分ずつ入れ替わる。 この事がナニを意味するかというと、その時々の熱情的な世論の勢いが反映されるのは半分だけとし、冷静さを半分は残し、急激な変化を避けるためである、という。昔の人の知恵には今さらながら頭が下がる。この時代で言えば、「韓国むかつく」「中国むかつく」と勢いづいている人々が、たとえ数は少なくても声が大きいがために、世論の趨勢であるかの如く振る舞い、影響された人々が「なんかそういうもんかなー」と思って、ついつい自民党や維新の会に投票してしまう。 と、いうよりも、その勢いに負けてしまって、ついつい投票行動を嫌忌してしまう。忌み嫌って避けて通ってしまう。 結果として、自民や維新に投票したのと同じになってしまう。(投票率の低さは、特定政党に有利に働くため) そんなだったら、自らの手で自民党や維新に投票した方がまだマシだろう。 わたしの場合、どの党が何を言っているのか、まだ研究しきってないため、これから調べ、21日には投票行動を遂行したいと思い、愛用のカレンダーアプリ「ガチャスケ」にも書き込んだ。  

続きを読む

続・小沢一郎さん今どうしてる?

わたしの2年半前の過去記事、小沢一郎さん今どうしてる??にここんとこアクセスがある。これは、小沢さんに何か動きがあったというサインだろうか? と怪訝に思いサーチしたところ、小沢事務所は新たにニコニコ動画にチャンネルを作っていた。 曰く、じゃーん小沢一郎すべてを語る - ニコニコチャンネル:政治 と、いうのである。もうネタも尽きたろうと思うのだけど、小沢さんにすべてを語らせたがる人はまだまだ健在のようだ。 に、しても、前記過去記事を見ると、2010年当時の小沢さんの置かれていた状況がどんだけ危機的、末期的、いやさ中世の暗黒時代さながらの厳しさだったかと、あらためて思いを馳せる。でもって、当時最悪に予測されていたより小沢さんは息をつないで、命脈を保っている。ほとんど、奇跡に近いのじゃないかとすら思う。全マスコミが、全勢力をあげて抹殺しようとした、あの当時の状況を煮え湯が逆流する感覚で思い起こすと。でもまだ小沢いちろー氏は、生きている…じーん それは、きっとたぶん「我々」のたゆまない努力と抵抗の意志が導いた結果であるはずだ。誰が我々なんて詮索はともかく。それに、小沢一郎氏の力量のおかげなのは当然としても。 思わず感激したので、850円は高いなと思ったけど、それどころじゃないので、会員登録した。 で、さっそくコンテンツ拝見といこうじゃないのといさんだ。したら、【緊急対談】小沢一郎×堀江貴文×茂木健一郎(vol.1) ‐ ニコニコ動画(原宿)(2013/0…

続きを読む

地域自治に役立つSNSアプリの登場、待たれる

次回参院選挙から「ネット選挙解禁」になったという。ネット選挙についてはまず「Yahoo!みんなの政治 - ネット選挙解禁でできること」をチェックしたい。さて、それとは別に、もっと個人が政治にアクセスしやすくなる、アクセスするだけではなく、自分たちの意見の代表者を自分たちで出しやすくなるにはどうすればいいのか。国政も大事だが、まず自分が住む地域のことを自分たちで決められるにはどうしたらいいのか? と考えずにいられない。 そこで思いついてしまうのがSNS、ソーシャルネットワーキングだ。 SNSといえばフェイスブックが有名で、実際あちこちの市が市政にフェイスブックを取り入れている。それがどの程度機能し活用されているのか、該当市の住民ではないのでよく分からない。が、あまり便利ではないと思う。その理由をいくつか列挙すると フェイスブックは一人一アカウントであるから、地域生活とクロスさせたくない面が出てくるフェイスブックの機能は交際相手をみつけるのに便利でも、既婚者にとっては逆に不便顔出しが原則であるから、顔を見せていると地域密着であるがゆえ犯罪面が心配意見を散発的に言うのはできても、その集約などに不便そう自治体のフェイスブックなので、あくまで自治体からのトップダウン型の交流になる過去にイジメを受けたなど、思い出したくない過去のある人はそもフェイスブックに登録しない といった感じだろうか。 そう考えるとやはり、日本は日本で、独自に地方自治に役立つプログラム、アプリケーション、SNSを…

続きを読む