気になる著作権。作った人の権利は守ってほしいと素朴に思いつつ

気になる著作権

「漫画もファンが翻訳、P2Pで流通」「同人誌よりコスプレ」――米国オタク事情(ITメディアニュース)

えーと、米国人さんも、ファンサブ(字幕のことらしい)もいいけど、作った人にお金が入るようにしてくんないと。

「ユーチューブ」で楽曲使用OK・JRCと包括許諾契約(Nikkeiトレンディ)

あくまでも「JRC」に入っているアーティストさんだけの話なので、誰が入っているのか入っていないのか、チェックしないと分らない。
あと許諾された内容はいたって限定的なもので、<「JRC」に入っているアーティスト>の音楽を、ユーザーが演奏した映像などがOKだよと。

そうはいっても、見そびれたテレビ番組の映像を流してくれていると、本当にありがたいもんなので、あまり厳しくしてほしくないなぁと思ったり。
第一、地方で放映していない番組も多いのだ。
テレビ局も、ユーザーの利便性のために努力してほしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91514795

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック