2013年夏の参議院選挙への興味をみずから盛り上げる

カレンダーアプリ「ガチャスケ」

参議院選挙が今月の21日にある。参議院は、衆議院とちがって、任期途中で解散することがない。つまり、任期6年間をそのまま勤め上げることで有名な議会である。参議院選挙は3年おきに行われ、半分ずつ入れ替わる。

この事がナニを意味するかというと、その時々の熱情的な世論の勢いが反映されるのは半分だけとし、冷静さを半分は残し、急激な変化を避けるためである、という。

昔の人の知恵には今さらながら頭が下がる。この時代で言えば、「韓国むかつく」「中国むかつく」と勢いづいている人々が、たとえ数は少なくても声が大きいがために、世論の趨勢であるかの如く振る舞い、影響された人々が「なんかそういうもんかなー」と思って、ついつい自民党や維新の会に投票してしまう。

と、いうよりも、その勢いに負けてしまって、ついつい投票行動を嫌忌してしまう。忌み嫌って避けて通ってしまう。

結果として、自民や維新に投票したのと同じになってしまう。(投票率の低さは、特定政党に有利に働くため)

そんなだったら、自らの手で自民党や維新に投票した方がまだマシだろう。
わたしの場合、どの党が何を言っているのか、まだ研究しきってないため、これから調べ、21日には投票行動を遂行したいと思い、愛用のカレンダーアプリ「ガチャスケ」にも書き込んだ。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック