05/31から06/16 diary

05/31から06/16まで…

M子が「ロックの日」に結婚するという。
M子は27歳で、うちの病院でケアワーカー(昔で言うヘルパー)として働いている。
うちの病院もご多分に漏れず正社員は極力やとわないから、彼女もパートだ。だからかどうか、式をあげたりはせず、地味にやるそうだ。ロック好きのM子夫婦には似合ってるとしても、それとは別に、少ない給料でどう生活するんだろう。

M子の結婚祝いに「鍋つかみ」を作って贈ることにした。作り方を検索するとたくさんあったけど、ハート型が新婚のキッチンに似つかわしいというベタな発想にたち作り出した。したらこの難しいこと、難しいこと。とくにバイアステープをハートの曲線に縫うのは至難の業であると実感した。げっそりやつれた昼下がりとなった。

ムトーちゃんの送別会。さよなら、ムトーちゃん。元気で。

地域移行プロジェクトの一環として色々調べた。最近のせいしん福祉の目安は、以前はQOLがメインだったが「ウェルビーイング」というのが流行っているそうだ。日本語で言うと(本人の感じる)「幸福度」というか。評価尺度として「SWNS-J」というのがあり、自身への肯定感などチェック項目がたくさんある。以前から思っていたが、こういう考え方って、せいしんばかりではなく、ひろく一般社会に応用したらどうなんだろう

あちこちの庭先に紫陽花が咲いている。月極駐車場のすみっこにも咲いている。空き地にも咲いているし、日陰でも日向でも咲いている。たくましい奴だ。キレイだな~と思っていたら、なんと自分んちの裏庭にも咲き始めた。わたしが植えたのではなく、もとから植わっていたやつだ。なんかわたしのために咲いてくれた、みたいなうれしさを感じた。「所有」がもたらす快感は、抜きがたく存在するものだと思った。

iPhoneアプリにはまりすぎた自分がコワイ。むちゃくちゃたくさんダウンロードしてしまう。好きなタイプのは、ともかく目的達成し、自分のレベルがハイになり、すべての雑事を超越し、無我の境地に達したあげくに、超人みたいになれそうなやつ。

↑んなの、ないよw

金融/経済/政治の話しをできる数少ない友人であるJくんが、もんどりうっている。

「あーー!! あの時、株を売っておけばよかったー」というのである。なんでも、このところの株の乱高下で損失をこうむったようだ。ただし、「あの時」(最高値の時であろう)に売り抜けたモノならば、1000万円のものが2000万、いや3000万円にはなっていた、と彼はいうのである。

それを聞いて、本当に暗澹たる気分になった。
資産保有者である会社の経営者などは、とことん安い賃金で若者を働かせ利潤を投資にまわし儲けているのだろう。もとより、株などは生活資金とは別の余裕分で行うものであるから、生活するだけでギリギリの人間が買えるものではない。

こうして格差は固定化し、どんどん拡大していく。

Jくんはしきりに悔しがっているが、怒りpointを間違えていると言わざるを得ない。

もっとも、損した人は損したとは認めないものだ。「株は売る目的で買ってるんじゃない」とか言い始める。そういえばリーマンショックの時に頭がおかしくなって入院してきた女性がいたが、彼女に「それは随分大損こきましたね」と言うとムキになって「あれは投資用にとっておいた分だから、損したとはいわない」みたいなリクツを言っていた。投資家というのは、そうやって自分の事しか考えず、周囲が目に入らないのだから、政治家がちゃんとやってくれないと、困るよね。

庭のサザンカと椿の強剪定を断行。毛虫が、昨年に引き続き大量発生していて、左手に殺虫剤、右手にノコギリの二刀流でのぞんだ。これに加えて頭にナショナル懐中電灯を2本くくったら、津山事件か八つ墓村かつう異形ぶりだったろう。殺虫剤をかけるたびキエーーという雄叫び(高周波数域につき人間には聴取不能)をあげながらのたうっている毛虫どもの姿は、壮絶きわまりない。

昨日のがダメージでバテバテ。風邪もひいたらしい。洗面所の泡ソープをきらしていた。買おう。

ロックの日は結婚祝いどころではなく過ぎた。

大学の学費振り込むついでに「住宅ローンの金利ってもっと安くなんないんですか」と、相談していたのが、先月のおわり。電話があって、安くなるから手続きに来て欲しいとのこと。
で、今までより0.1パーセント下がり、金額でいうと、月々2000円が利子ではなく元本の返済に充てられることになった。

どうして安くなるかというと、借り換えされても困るからとのこと。安くするための相談は、しないよりした方が良いようだ。

約10キロ遠方にある食品の安売り店「業務スーパー」にでかけた。みつばが「1束でも2束でも3束でも39円!」との札付きで売っている。産地は「福島・茨城」とのこと。通常みつばは128円、最安値の時でも98円であるから、とんでもない破格だ。やっぱ「福島、茨城」産だと売れないからなのか。その場合それは風評被害なのか。それとも、最初から放射能検査しているわけでもなく漫然と出荷しているものなのか。札を見ていた二人組が「1束でも2束でもだっって! だったら3束買うに決まっているよねー」と不思議そうにしながら買い物カゴに入れていった。

結婚祝い、ハートの鍋つかみはやめて、ティッシュカバーにした。これは簡単そうだ。ナイスナイス。添えるカードには「初夜のおともに…(*^0^*)キャーー」

とか思いついたけど、初夜という言葉を知らないかもしれない。それに、M子はそうでもないけど、旦那の方が真面目男子だった場合「なんだこのイヤらしいのは」と眉をしかめられてもナンなので、やめておく。

むしょうにラーメン屋のラーメン餃子が食べたくなってチャリでゴー

夜、ネットでキモイ記事に遭遇。「夫婦の「性生活」に立ち入る刑事…妻がPTSDを発症した県警聴取の一部始終 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
読んだだけで吐きそうになった。キモイ。許せない和歌山県警。寝る前にこんなの読んだせいで3時間しか眠れなかった。

1鍋つかみ用に布をハート型に切った写真 2鍋つかみ作りに失敗した写真 3裏庭の紫陽花
4三つ葉 5親子丼に三つ葉をたっぷりかけた写真 6担々麺と餃子の写真

1.かわいい苺のレトロ柄。ハートに切ったまではよかったけど…
2.おもいきしガタガタになった縫い目。ちなみにキルティングしたのも自分。←ヘタ(^0^;)
3.裏庭の紫陽花。色は、青みの強い紫
4.5.三束、買った。放射能は忘れて、この際親子丼にたっぷり入れた。
3束39円ほどの破格値になると、我が子の健康のことも脇におけるんだと、我ながら感心した…
6.担々麺と餃子。安くてまあまあ美味。しかし豚肉が、ミートが、食の安全が~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック