シャングリラ / Acid Black Cherry

Acid Black Cherryのシャングリラ

キーワード「復興」で登録してあるわたしのタイムラインに先日、「『シャングリラ』の中に『福島』『岩手』『宮城』をこっそり隠し絵のように潜ませて唄う、そんなyasuがやっぱりスキ!!」とあがってきた。

「こっそりってそれはいったい、どういう唄なんだ?」 との興味からAcid Black CherryのシャングリラをYouTubeで聞いてみた。
すると、聞いてびっくり、見て仰天。明るい。バケツの底が抜けたみたいに明るい。
東北三県が歌詞に入っているなら、多少なりとも悲しみ色が混色しているんだろうと思ったら、ダークな色彩はもたない多崎つくるで、そんなものは吹き飛ばした、というよりも蹴飛ばしまくったように跡形もなく、がっつり元気にパワフルに、唄い踊るyasu氏がいたのだった。

…最初のうちこそポカンとしてしまった当方だが、その迷いのなさと「君を笑顔にするために唄う」という強い信念に、これは間違いなく良い曲だーと思えてきた。この方は、本当の希望になれる人かもしれないなあ。そう、いつだって希望とは人だもんね。 だから、自分も誰かの希望であるような人になろうと思わないと、ね。

にしても「宮城」が。宮城がまだみつからないよ~w

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357395551

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック