2013年02月14日

review:LOOPER

『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、30年後の自分(ブルース・ウィルス)と対決する。

LOOPER

story:タイムマシンの発明された未来。しかし未来においてタイムマシンの使用は禁止されている。が、とある組織は邪魔者を過去に送りつけ、そこでLOOPERとよばれる殺しやに殺させていた。主人公ジョーもLOOPERの1人。そんなことをやっているくらいだからジョーもほとんど犯罪者。対象がその時代には存在しないから逮捕されないが。殺し、殺し、殺しざんまい。しかしあるとき、未来から30年後の自分が送られてきた。さてどうする、どうなる?

☆ ☆ ☆

と、いうことで、殺しばかりが起きる殺伐たる展開で、かなり早い時間からゲンナリしていた。
そんなん見なけりゃいいじゃないかってなもんだが、「『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演だよっ、かっこいいって言ってたでしょ? 見よう見よう」と言われ、つい。
あたし、主演男優で映画選ぶタイプじゃないんだけどなあと思ったものの、見ることにしたのだ。

ひとことで言って『インセプション』もしくは『マトリックス』の低予算版。
SF映画はCGや小道具やセットに金がかかるが、こちらはひたすらサトウキビ畑の横で殺しているので、予算タダみたいなもん。かかるとしたらブルース・ウィルスのギャラくらいのもん。

未来と聞いてイメージするような進んだテクノロジーも無し。
なんせジョーが愛用している時計ときたら金色の懐中時計で、ベーカー街のホームズかっとツッコミたい気分満開。

ファッション、インテリア、街並み、どれをとっても見所なし。

おまけにお目当てのジョセフ・ゴードン=レヴィットは、ブルース・ウィルスと同一人物でも不自然でないように変なメイクをしているため、変な顔〜 。となると後はどこを見ればいいんだよーーーー

殺しはもう、とにかく殺す。ヘンテコな銃で殺す。しかもやたらと音が大きい。作中でも「やたらと音がでかいばかりで、至近距離でしか命中しない銃」という設定。

ああ荒んでる。

…と思いながら見てたら、ああなって、こうなって。

最後は泣いたね。

いや、ここでオチをばらすわけにはいかないから書かないけど。

もう一回、この原点に、帰っていいのかもしれない。

あの最初の時に戻って、あの最初の時を大事にしよう。

とりとめなくこんな事も思った。
少子化なら少子化でいいじゃないか。今おかーさんやっている人をサポートする社会であるべきだ。子どもの小さい時は短い。

身を削って働くおかーさんが、そして自身も愛を知らないおかーさんが、子どもを捨てなくてすむように。

タグ:looper
posted by sukima at 15:04 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322446776

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。