2012年03月11日

「セシウムさいた」が不謹慎? 傷つける?

20120311 043.jpg
昨日はアケだったので、職場の読売新聞朝刊を見てしまった。

すると一面が「小沢元代表に禁錮三年求刑」で、驚いてとっさに字面に見入ったのだけど、どう捉えればいいのか自分では判断がつかなかったためツイッターで確認したところ、特に誰も騒いでいないようだった……

ある人は、検察および日本の裁判官を批判していたが、それは継続中の「日本の大問題」だ。
まあ全部は見ていないので、もっと確認しないと判然としない。

☆ ☆ 

それはともかく、同新聞の中の方を見て驚いた。(写真)
抗議相次ぎ集会中止 講演「セシウムさいた」で
s2012年3月9日 19時45分
 「国際女性デー埼玉集会」(10日、さいたま市)のチラシで、「さいたさいたセシウムがさいた」との講演タイトルに抗議が寄せられた問題で、実行委員会は9日、「抗議が相次ぎ、講演者や参加者らに迷惑をかける事態が懸念される」として、集会を中止すると発表した。
 実行委によると6日ごろから、事務局の埼玉県教職員組合に電話やファクスで約40件の抗議が相次いだ。中には危害を加えることを示唆する内容もあった。
 タイトルは、講演者で米国出身の詩人アーサー・ビナード氏が「本来なら花が咲き喜ばしい春の訪れを台無しにした原発事故の大変な状況を伝えたい」と提案した。
(共同)

↑この引用は「共同」の。


いったい、こんなことがあっていいのでしょうか?
抗議した人は、ほんとうに傷ついた福島県民なんでしょうか?
福島県民でないとして、ほんとうに、福島県民を気遣った抗議なんでしょうか?
あるいは、誰も傷つかない「詩」や「表現」ってあるんでしょうか?
こんなことで、「はいはい」言って、やめていいんでしょうか?

アーサー・ビナード氏は、どうしてもこのタイトルで行いたいとこだわりをもってのぞんだそうです。

今、デモにでかけないといけないので、とりいそぎここまでですが。

関連
さいたさいたセシウムがさいた: きっこのブログ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2012/03/post-3244.html

「セシウムさいた」講演タイトルへのバッシングをどう考えるか? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/03/post-409.php


posted by sukima at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現代社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256977263

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。