2011年07月19日

モーーーーー

日本の市民がここまで冷酷だとは思わなかった~牛は全頭検査で、福島の子供は放置?

当方、嘔吐防止のためテレビを滅多に見ないのだけど、上記事によるとテレビコメンテーター種属は滅んでなくて、いまだ気色悪い瘴気を発し続けている。

テレビコメンテーターだけの問題ならまだしも、調べると「市民」もセシウム牛に怒って要望を出しているみたいで、それを政府もまじめに取り合って

平野氏は会見で「流通経路を明らかにして(問題のある)肉を特定し、できるだけ検査(態勢)を確立するということで対応していけば、消費者の理解を得られる


などと、ほざいているらしい。

今の今まで、福島全域相当高線量に関わらず、「安全」と言い続けてきたくせに。
福島(の子ども)が「安全」なら他は全部安全に決まっているじゃないか。
どの国民にも安全と言うべきだ。

その程度のベクレルならガンの確率は最大1.05倍増えるだけだから無問題と。

そういう方針、そういう「科学的実証データ」で統治すると宣言しているのだから。


もう、みんなでセシウム牛食べるってことに、決まっているんだよ!!!!

ラベル:被曝
posted by sukima at 18:04 | TrackBack(0) | 現代社会 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。