6.11脱原発デモの様子を、マイペースに伝えてみる

2011年06月11日(土曜日)
 611脱原発デモ

新宿運動公園の広場に向かう二人



 611脱原発デモ

その背中の文字

 611脱原発デモ

曇天。晴れていない。

 611脱原発デモ

歩き出したデモ隊の、傘

 611脱原発デモ

脱原発ポスターをもつ女性。これと似た脱原発ポスターで、↓こういうのもあり。

poster.jpg

 611脱原発デモ

新宿の繁華街をゆく

 611脱原発デモ

新宿の繁華街だからたくさん居酒屋がある。「千年の宴」「白木屋」「北の家族」「旨きもの北にあり」エトセトラ・・・
新宿の居酒屋、「北」由来が多い。
安心で、新鮮で、美味なる食材が、これからも絶えることなく北から調達できますように・・・

 611脱原発デモ

「ごめんよ、ヒロシマ、ごめんよ、ナガサキ」と看板に書いて歩いていた人。

 611脱原発デモ

デモ隊は、過剰なくらい警官に管理されて行進

 611脱原発デモ

車は、とにかく多い。
でも、車の迷惑なんて全然思わなかった。それに車に乗っている人、誰もヤジ飛ばしてないよ。
むしろ、バスから手を振って応援している人がいたくらい。

 611脱原発デモ

向こうにも大勢人がいた。

 611脱原発デモ

高架下

 611脱原発デモ

男性諸君

 611脱原発デモ

ビル諸君と風船諸君

 611脱原発デモ

「げんぱつやめよう」風船と、築地魚貝類のコントラスト。これは我ながら「シャッターチャンス」と思った。

 611脱原発デモ

サラリーマン風な人も、カップルも、いろいろ

 611脱原発デモ

ベトナム風な人も


 611脱原発デモ

ものすごく疲れた。信号待ち(だか何かで)しょっちゅう立ち止まりながら歩いたせい。
さくさく歩いていないと、無性に疲れるものなのだ。
これ、デモ隊を疲弊させ士気をくじくための警察の「作戦」なんじゃないかと、勘ぐってしまったくらい。


 611脱原発デモ

疲労と空腹でふらついていたため、いったん駅の中に入ったら元に戻れなくなった。
アルタ前に出る出口が、警官によって封鎖されていたため。
駅構内には、外のデモを知っているのか、知らないのか、身綺麗にした人々がせわしなく行き交っていた。


---



どこまでもデモ隊を管理するおまわりさんの動画。
従順に従ってしまう、ワレラ。って感じか。


附:今話題の・・・

原子力安全委員長の「斑目」さん。原発を「あんな不気味なもの」呼ばわり。
参照動画(YouTube)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック