反原発デモ。高円寺にて

Sunday, April 10, 2011
Anti-nuclear demonstration at Kouenji, Suginami, Tokyo, JAPAN.

2011年4月10日日曜日

このデモのことを知ったのは、前々日くらいだったと思う。
7日の23時半頃に大きな余震が来て、飛び起きた。
少し後になってツイッターを見たらまたまた飛び起きた。宮城県沖が震源地であるその余震によって、宮城県の女川原発、さらに青森県の東通(ひがしどおり)原発と六ヶ所再処理所で電源が落ちて、非常用の電源に切り替わったという。この場合非常用のが機能したからいいが、福島第一のように機能しなかったら、同じになるところだった。もし、そうなったら? 背筋が凍り付くなんていう言い回しじゃとても追いつかない。

「デモ」というと、どうしても全共闘時代の人々がやっていたやつを想像し、見通し明るい気分になれないのだが、そんな事は言っていられない。何より胸がざわついてジッとしていられず、救いの神とばかりデモに行くことにした。

おりしもその前日の夜、NHKはこの一ヶ月を振り返るとして二部構成の特番を組んでいた。
二部目は、津波被害に合った地域の避難所生活にスポットを当てたもので、一部目は、原発関係だった。
一部目には識者がふたり出てきて、ひとりは元原子力安全委員会の長だった人。もう一人は福島の医師だった。

どちらの話も、結局何も言っていない迂回と遠回りと婉曲だけの、しかし全面に優しさと気遣いだけは感じられる、それでいて結局おそろしい事を言っている内容だった。
だがちょっと見れば分るが、NHKが本当に映そうとしたのはそういうものではない。
福島第一から32キロの距離にある相馬郡飯舘村の、現在の状況、とりわけまだ、そこに残っている、何組かの、乳児幼児のいる家族だ。どうしてその人たちを避難させることができないのか。NHKはIAEAが日本政府に出した避難勧告にも触れていなかった。ただ、避難しようかどうか悩んで迷って泣いている母の姿を映し、枝野官房長官のテレビを見ながら「うーーんどうしよう」と悩む若い父の姿を映す。さらに、どうしてもここを動きたくないと言い張る無知もうまいなおじいちゃんの姿を映す。無知もうまいなんて言っちゃ悪いけれど、そのおじいちゃんの生きてきた知識(農業など)の範囲を超えたことが起きているのだ。どうしていつまでも避難できないのか。(※後日談あり)

識者の先生は「ばんぱつせい性障害は必ずなおる」と、まだばんぱつせい性障害が出ていないうちから言っていた。出るとわかっていて何もしない・できないと宣言したのと同じだった。

-----
-----
-----

少し気分を明るめにして、デモの様子などupする。

114010003_rb.jpg
そのデモについてWEBサイトには、14時集合、15時デモ開始とあった。なので、14時から1時間くらいは誰かの演説?であろうと踏んだわたしは、あまり演説に興味なかったため、14時半くらいに北口に着いた。北口ではすでに賑やかに演説が行われていた。この企画、いろいろな組織が集合したものとのことで、その時演説していたのは労働組合系。非常に強く、労働者の連帯ということを主張していた。

この時署名運動もしていたので、わたしも一筆署名。そのあとは手持ちぶたさになり、しばらくは何となく柱にもたれ待っていた。人の集まるところが苦手な自分だけど、苦痛な感じはなし。わたしと同じようにしている人が他にもけっこういたせいかな。

上の写真は、15時をややまわった頃に、高円寺北口を出発したところ。(以下の写真、やや順不同かも)
「行きますよー」的な感じでなにげなくスタートした。指示とかそういうのは何もなし。

114010004_rb.jpg

用意したプラカードを持っている人、いない人いろいろ。
プラカードの内容も、人によっていろいろだった。一口で「反原発」といっても、観点はいくつかあるのだ。
特に印象深かったのは、30代くらいの小柄な女の人が「飯舘村の子どもたちを救ってください」と掲げていたことだ。

114010009_rb.jpg

これは高円寺のメインストリート(だと思う)。青梅街道に向かっているところ。

114010011_rb.jpg

これもメインストリート。デモの参加者も多いが、見物人もとても多かった。

114010012_rb.jpg

ギラギラの衣装で竹馬に乗ったこのふたりは、すごく目立っていた。

114010013_rb.jpg

見物人や写真を撮る人おおし。

114010016_rb.jpg

警察の人は、歩いている最中も数人ずつずっと脇に付いて、交通整理のような事をしてくれていた。

114010018_rb.jpg

竹馬のふたりのすぐ後ろを歩いていたのに、途中に人数がどんどん入って、あっという間に引き離された。
人が増えてふくれてくる感じだった。

114010020_rb.jpg

高円寺に来る前は「世の中大手メディアの言う事を信じている人ばっかだから、そんなに人来ないんだろうなぁ」と思っていたから、人の多さにマジでびっくりした。

114010022_rb.jpg

この方たちは途中から側にいた人たちなんだけど、とても目立っていた。

114010025_rb.jpg

人おおぜい!!

114010026_rb.jpg

素人とは思えない、ちゃんとした撮影機材でのぞんでいる人多し。ともかく、撮影好きが多いのはびっくり。まさかマスコミのはずはないから、何者なんだろう?とちょっと不思議になった。

114010027_rb.jpg

東京から外国人はみな逃げ出したのかと思っていたら、けっこういた。

114010032_rb.jpg

ここは青梅街道かな。警察官の人は、デモ隊が片側車線を占拠しているため、白線から出ないようにえらい一生懸命だった。ここは反対の車線のないところだけど、車通りの激しい箇所もあって、そこをふくれた人数が歩くので、すごく声を張り上げていた。といっても、それほどおまわりさんのことは、気にしてないけど。

114010033_rb.jpg

子ども連れも多い。あとワンちゃん連れ。車いす。赤ちゃんだっこ。

114010034_rb.jpg

こうして歩き続けたら事故の前に戻れるというなら、どんなにいいだろうか? もし戻れるならわたしは三日三晩くらい歩く!! と思ったり、やっぱ三日は無理かなと思いながら歩く。ものすごく大勢と一緒のお散歩という感じ。

114010037_rb.jpg

歩道橋は青梅街道で3つか4つ通過したけど、どれも大勢の人が鈴なり。歩道橋の上は、デモの全容を見るには最高のスポットだろうから、ちょっとそちらでも見てみたかった。

114010038_rb.jpg

当方若い頃ここらに住んでいた。けど、そういう記憶はまるで浮かばなかった。今家にいて思い出せば色々出て来るけど、歩いている時は浮かばなかった。自分が過去にどこにいて何をしていようと、そういう世界とは別のところに来てしまった感覚だ。

114010040_rb.jpg

歩道橋。歩道橋同士の順番は、多少ちがうかも。

114010042_rb.jpg

歩道橋を見るとつい写真を撮りたくなります。

114010050_rb.jpg

これは高円寺駅前にもどったところかな。(記憶ちょっとあいまい)
警察の方が「流れ解散」せよと、ものすごい勢いで指示し続けている中、グズグズと流れ解散する気になれず。
だいたいどこへ解散すればいいのか。
心休まる解散先がないって、どういう事態なんだろう。


---
※後日談:
さっきNHKを見ていたら、政府が避難地域を拡大することにしたという。強制だか自主だかよく分らない計画避難という言い方で。で、今まで政府は20キロ圏内とか30キロ圏内と言っていたんだけど、なぜか、今回は丸い形ではなく、飯舘村が丸々入る、という形になった。飯舘村は30キロ圏内にはわずかにかすっているだけだ。そこで、30キロプラス飯舘村みたいな形になっていた。
それなら、あの子どもたちが、避難できる?ということだ。
まあそれはいいのだが、NHKが放映したから避難というのもよく分らない話で。(NHKはICRP=国際放射線防護委員会が勧告したからだとか言っていたけど、勧告ならとっくのとうにしているでしょう)
NHKのおかげなんだとしたら、もっと早く放映してればいいのに。
本当に、わけわからない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック