2011年03月15日

悪い夢のようだけど現実

昨日はツイッターからリンクされていた「原発がどんなものか知ってほしいを読みながら(少し読むだけのつもりが全部読んでしまっていた)」呆然としながら眠っていた。
掛け布団の下のボア毛布がヌクヌクと暖かくて幸せ過ぎてすやすやと眠っていた。
まだ室内が暗い朝、グラグラと地震が来て目が覚めた。時間を見るとぴったり5時だった。
それで反射的にiPhoneの「ゆれくる」を確認したら、これが頼りない「ゆれくる」で、まだ今の地震に該当する情報は載っていなくて、リロードしたら出た。これじゃあ「ゆれくる」じゃなくて「ゆれきおわった」だと思いつつ確認すると、今のは震度3で震源地は東京湾だという。試しに地図画像も出したら、ぞっとした。

tokyo2.jpg
(その時にスクリーンキャプチャしたもの)

もし11日に起きた地震に近いものが東京湾でまた起きたらどうなるのだろう。大きな津波が東京の街のどれほどをなぎ倒していくのだろう。
その時ついでに宮崎(の新燃岳)がどうなっているか見るためにチェックしている「宮崎日報」のフィードを確認すると、「東国原氏出馬は白紙 都知事選の表明見送り」が目に付いた。たしかに、こうなると、首都圏が取るべき行動はまるで違ってくる。この先、何カ年か計画で関東東北地方を援助していくことを都政の柱にしなくては。それに当然、原発とエネルギー問題に関しては、一から構想を練り直さなくては。もう、ほんとうに、こんな恐ろしい思いはイヤだ。

再び起きたのは午前11時を回っていて、随分長く寝てしまったのだ。いつも見ているツイッターを見ると、恐ろしいことに、原発事故はまだまだ何も収束していなくて、より悪化していた。避難圏内も20キロから30キロへと広がっていた。その話しを家人にしたら、「そんなこと言っていたら、放射能はもうハワイにもとどいている」とか、なんかそういうような、わたしに言わせると「奇妙にねじれて開き直った楽観論」をいつもと同じく言う。それでも、ガソリンを買い占める首都圏の輩どもには憤っていたので、ほっとした。その後、過去に見たロードムービーのように徒歩で西に向かって歩く話しをしたり、映画ではよく起こるケースとして、行き先で意見が別れて片方が死ぬーみたいな話しをした。そんなフィクションにハラハラしていた時が懐かしい。またあんな風に映画を楽しみたい。

そして今現在(16:32)
妊婦へのヨウ素投与について
人体への被害はないとばかり言っている記者会見だけれど、今の大人の人体ばかりが人体ではないのだ。

インタビューをする人も、ここらへんを一番、聞いてほしい。

情報開示がなさすぎる件、フリージャーナリストや海外メディアを排除している件、早くあらためてほしい。

この件が落着したら、そんなに排除したいならまた排除すればいいじゃないか。


posted by sukima at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190763491

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。