逃げられないっての、一番イヤな状況だな

非モテタイムズ
『逃げられない!「男に媚びてる」と蔑まれ……』??偉い人の相手をさせられる女が激白!

原文は匿名はてなダイアリー
会社の飲み会で偉い人の隣でにこにこ笑いながらなんでこんなことをしているんだろうと考えていた。

原文のはてな匿名ダイアリーは昨年12月なので、もうこのモンダイは投稿した匿名嬢にとって解決していることを願うがそうではないかも知れず、なおかつ「なぜ日本社会は駄目なのか、なぜ日本社会はいつまでたっても男社会なのか」という大モンダイをひもとくヒントを垣間見た気がしたので私見を開陳したい。

まず「なぜ、(女だというだけで)媚を売っているだなんて蔑まれなければならないんだろう」とのことであるが、飲み会の席で笑いたくもないのに「にこにこ」していれば、これは立派な「媚び」なので、周囲の人間の判断の方が正しい。

そして私見であるが、匿名嬢がなぜ「にこにこ」してしまうのかといえば、幼少時より、親や大人がにこにこすることを強要したから。
大人は、子どもが泣いていたり怖がっていたり不機嫌だったりすると、自分が子に対して行っていることが何か間違いなのではないかと不安になる。そのため自然と子どもに笑顔を強要する傾向をもつ。どの親も多かれ少なかれこの傾向があるとはいえ、匿名嬢の場合ドを越していた可能性がある。今からその点で親と争う、もしくは今から反抗期をする、という手もあるが、憶測でそこまでアドバイスするのも滑稽なのでそこは任意だ。

さてそれはそれとして、外国では(行ったことないけど)、男ににこにこすれば、それは「OK」という意味だという。それくらい笑顔というものには意味がある。笑顔を安売りしてはいけないのだ。まして若い女性ならば。ことに「偉い人」の年代である中高年男性はどうしようもなく若い女性が好きだ。匿名嬢が観察する通り、若い女の子がとなりにいるというだけで舞い上がってしまうのは水素ガス満タンの風船のごとしで、さらにその女の子が笑顔だった日には、卒倒しかねないくらいにうれしさでいっぱいになってしまうのだ。信じられないだろうが、本当である。

であるからここは、勇気と決断をもってにこにこしない、ということを選択しなければならない。ただ、それによって文中の「フリーライダー」並に仕事が来なくなるかもしれないが、当方そこまでは関知できない。その場合は「男女差別」なり「パワハラ」被害というカテゴリになるのかもしれない。が、フリーライダーに生け贄の如く偉い人に捧げられるのだけは絶対にあってはならない。今度そういう目に遭いそうになったらそいつに向かって「テメーが行けよ!!」とドスをきかせたほうがいい。もしもそういうことの出来ない性格だというなら、泡吹いてひっくり返るとか何らかの演技も必要だ。あと、そうやって行くくらいならば、自らすすんでにこにこして偉い人の隣に陣取る、という選択であるべきだ。それによって仕事が回って来るなら実力ってものだ。

わたしの知っている「若い女性」(といっても30過ぎている)なんかえらいシタタカで、満面の極上笑顔を100度数だとしたら、70度数、30度数、0度数、マイナス40度数などで効果を使い分けている。美人だとそれがまた通用する。あと、根っからほがらかで優しい女性なのでにこにこしてしまうという、あり得ない仮説も成り立たないわけではないので言うと、そういう場合も笑顔はコントロールした方がいい。

と以上が匿名嬢へのアドバイス。この後は「なぜ日本社会は駄目なのか、なぜ日本社会はいつまでたっても男社会なのか」であるが、そういう風に異様に若い女性好きの中高年男性がはびこっているのがいけない。

と同時に、中高年男性がキモイからといって、若い女性に中高年男性を押しつける中高年女性も非常に悪い。
中高年男性の伴侶にあたる年代の女性は、若い女性に常に嫉妬しているのと並んで、都合よくイヤな役回りを若い女性に押しつけようとする。目の前の中高年男性がプラス存在だった場合には前者をこらえつつ押しつけ、マイナス存在だったら嬉々として押しつけ、プラスでもマイナスでもない中間存在だった場合もとにかく押しつける。
よほど女としての自分をあきらめているのか、それとも貞操観念が強いのか知らないが、もっとしっかりと社会人としての自覚をもって対処してもらいたいものである。

ということで、いい意味で若くない女性は若い女性と張り合う。
若い女性は調子にのらない。
中高年男性はバカみたいだしキモイから若い女性好きをちょっとは自粛する。

と以上を心がけるだけで、日本社会はかなり実り豊かで楽しくなることであろう☆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186950194

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック