2010年09月02日

錦戸亮さんは悪くなかったヨ

8月26日に、ドラマJOKERのことを、錦戸亮さんのためのドラマ
なんて書いたけど、錦戸亮さんは、あの役としてとてもいいと思います。
彼の役は、
親から虐待を受けた傷をもつ、現代の若者らしい役。
つまり、守ってくれるはずの大人が、どうしようもなく敵であるという、この時代の病を切り取っています。
寄る辺無さと敵意と諦めと、反動として、痛めつけられるものを守ろうとする、
そういう役でした。
posted by sukima at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161341710

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。