2010年08月26日

熱海の捜査官 #1-#4<金曜夜11:15-テレ朝>

「あの時効警察のメンバーが挑む、超感覚ミステリー」(番組HP)ってことで見始めた。
なにせ自分、『時効警察』『帰ってきた時効警察』の相当熱のこもったファンで、ムック本も買ったし、ほとんど毎回感想をブログにupしていたくらいだから放っては置けないのだ。
なのに第一回を見忘れてしまって、焦ったのなんのって。
死ぬかと思った。
死なないけど。
幸い妹が録画していた関係で奇跡的に見れた。

ということで見た順番が、#2#3#4#1になってしまった。

今試しに視聴率を調べたら、9.9 8.5 7.7 6.8 で、低いじゃんか信じられない。
に比べてさして面白くないJOKERの方は高いんだなぁ。あれは堺雅人氏もそんなにいい味出てないし、錦戸亮さんのためみたいなドラマ。あと「GM 踊れドクター」ってのもたまに見ることがあって、今調べたら「総合診療科」のドラマだったんだ。てっきりせいしん科かと思っていて、せいしんがメインになるって珍しくない? とうとうそういう時代が来たの? と思ってたけど「総合」とのこと。「総合診療科」が舞台ならほどよくせいしん科も入れられるけど、あの設定だとせいしん科以外の患者さまだと面白くない印象。あと視聴率圧倒的に高いのは「ホタルノヒカリ2」で、綾瀬はるかさん最近胸もGからHに成長したとの由。むろん顔もキュウトだし性格も癒し系っぽいしで好感度高し。さらに今をときめく向井理さんの人気はスゴイもんがある模様で、人が教えてくれたんだけど、「理」は「り」だの「さとし」ではなく「おさむ」と読むのだそうで、その人が教えてくれたけど、向井理さんは超ド級の秀才で遺伝子の研究をしていたんだけど役者になりたくなってなっちゃったそうな。生憎わたしはゲゲゲはわたしの考える水木しげるとその奥さんのイメージとぜんぜん違うじゃんけ!! という理由でまったく見てないのだけど、世間のゲゲゲ人気は怖いくらいである。

と、かように芸能界っていろんな新しい魅力的な人が出てきてはシノギを削っているわけで、大変な世界だなぁと思う。

なーーーーーんて書くとまるで『熱海の捜査官』が新しいキャストやスタッフと無縁みたいだけど、そんなことはなくて、バリバリの新人が大勢出てくる。なにせ設定が「女子高校生4人を乗せたバスが忽然と消えた事件を超感覚で捜査する」だから、高校生役でフレッシュな新人さんが大勢出てきて、中でも「面白くもなんともないんだよっ!!!!」と叫んでバスの座席をけっとばす甘利レミーこと二階堂ふみさんは、プロフ見ると一応美少女で売り出したみたいだけど、いるよいるよそういう女子、というリアリティを醸し出してグッディでその線でGO!!と応援歌。あと典型的とも言える絵に描いたような美少女の東雲麻衣さんこと三吉さんも、特に校庭に寝転んで空を見上げたときの顔とかあと全部グッディ。他にもいろいろ大勢なので割愛してしまう。けれどやはり新人ではないながらも、「栗山千明」さんのキャラ立ちの冴えっぷりが、その立ち居振る舞いといいセリフの歯切れよさといい、顔といい足首といいスタイルといい、なんかいいよね。日本版FBI「広域捜査官」であるからして服装が常に黒のスーツ(スカートスタイルとクロップドパンツスタイルのツーバージョン)が超決まっていて、そこへすかしたポージングする所が可笑しいんだけど実際ホントに格好よく決まってしまうから「その身体あたしにくれー」と羨望。

その相棒ですぐに(犯人以外)「わかっちゃう」星崎剣三ことオダギリさんは、栗山さんのキラキラに比べ若干精彩を欠いている気がしなくもなくて、やっぱりこれからの役者としての自分の道について悩むところがあるのでしょうか。ハリウッド進出するために頑張るか、とか… 。つってもねぇ世界のナベケンさんみたいな位置ってどうなんだろう、インセプションで見るとナベケンさんの役割が「亜米利加人にとっての物分りのいい東洋人」というあたりで、どうも灰汁も足らないし、確かにもともと人格者(と思われる)ナベケンさんの場合いいだろうけども、あまりオダジョーさんにあの位置に行ってほしい気はしなくて。まー今ここでそんな事を考えても仕方ないのだけど…

最初#2から見始めたせいで、#2が何をやっているのか分からないテンポの悪いドラマに見えたけど、#3と#4を見て#2をもいっかい見ると、特にノロノロしているわけではなかった。それにその後#1を見ると、とにかく#1に仕込まれた伏線に感動する。というか、ドラマとは後でDVDボックスで見るの前提(買わなくてもレンタルで)だから、どう回をシャッフルしてもいいように作ってあるのかもしれない。#4まで見て#1を見ると、スクールバス運転手の新宮寺が、事件の前までは屈託のない性格をしていたのが分かる。あと、霧の中に消えるバスを新宮寺が必死で追いかける時の演技が良い。(でもってそのパロディの星崎の追いかけ顔も受ける)

そんなで、いろいろ見所満載なのでグッディだ。

--------------->>>>つづく




(用事を急に思い出したやばっ)


posted by sukima at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160678801

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。