2010年05月28日

また官なのか

くるくるまわっていますわたくしのバザール、まだ稼動しているんですけど、ご覧くださっているでしょうか。

さっきなんか、「時計回り」に見えた人は「右脳派」 ニュース速報BIP←こんなのみつけて目がチカチカしました。このスレッドを見ても分かるとおり、人は自分の見え方を絶対視、というか人も自分と同じに見えているという前提で物事を考えているものなのですね・・・・

【録画放送中】沖縄基地問題トークライブ 田中良紹×宮崎学×喜納昌吉 (News Spiral)

上記もブックマークしておいたページで、計35分ほどの動画となっております。
わたしは先ほど見ました。見る時間がないという方のために、印象的な箇所を説明しますと

<辺野古移転については、アメリカの環境団体が議論しているところ。アメリカの環境基準に合わないこの案は、そもそもアメリカの裁判にかかれば簡単に負ける。実は、アメリカが一番辺野古に合意できない。

が、それを報道しないのが日本のメディア。
どうして報道しないのか?
マスメディアの最大の広告収入元は「官」(霞ヶ関)。最近では、裁判員制度のキャンペーンに協力することで莫大な収益をあげた。
その例にあるとおり、メディアは霞ヶ関に不利なことはぜったいに言わない。

基地に関しての、日米関係での利権を、「官」は何が何でも守ろうとしている。>(大意)


あと、岡田外相も相当悪いみたい。あの方は、クリントンが来て、キャンベルが来てと、要するに国務省と国防省に手玉に取られたようです。
もっとも、そこらへんのことをちゃんと教えて段取り付けてあげない、外務省の役人が一番悪いんだろうケド。
なんせ、外務省は「伏魔殿」らしいし。

喜納氏は岡田氏に関しては、もう起きてしまったことだから・・・と、大目?に見ているようですが。

そういうことで、戦前と同じく日本人の敵は、敵兵でも中国でも韓国でもなく「大本営」という構図に、なんら変わりはないようです。


タグ:普天間 官僚
posted by sukima at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 普天間基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151357184

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。