機密費について、マスメディア周辺の人に質問アリ

去年9月に政権交代をした時に思った事の一つは、「これから自民党独裁政権時代の、たまりにたまった澱やら膿やらが、どっちゃり表に出てくるんだろうなーイヤだなーバッチイなー面倒くさいなー」ということだった。ただしその反面、どんなのが出て来るんだろうかと、ちょっと楽しみな気持もあることはあった。

でもって先月出て来た澱と膿が、官房機密費から政治評論家に渡っていたカネだったから、「ま・さ・か!! ここまでスゴイのが出て来るなんて!!」と、夢にも思っていなかっただけにひっくり返った。これって、みんな実はうすうす知っていた事なんだろうか。たとえば、有名な社会学者の方とか、有名でなおかつよく毒を吐かれる文芸評論家の方とか。知ってたけど、証拠はないから黙っていたって事なのか?

もしもうすうす知っている人がいたなら、2ちゃんねるあたりにはそういう話が出ていたはずだけど、一度もわたしは見たことがない(普段からそれほど2ちゃんは見ないとはいえ)。と、いうことは、どんだけ厳重に皆が口をいっせい噤んでいたか、なおかつ当事者がいかに現在も有力な人物たちであるかという証左で、そんだけでも相当驚いてるんだけど自分。

いや、実際問題、これは聞いてみたいし、知りたいことだ。
テレビ、新聞、雑誌関係の中の「マス」が付くメディアに関わっている人たち、さらに「マス」は付かないけどメディアに関わる人たち、さらに、一冊でも社会、政治、経済に関わる書籍を出したり、テレビ等で意見したことのある人たちに。
知って書いていたのか、知らないで書いていたのかによって、相当意味合いが違ってくる気がする。
知らないで書いていたならいたで、それもマヌケな話であるし、知っていたなら、特定の政治評論家や政治記者のみならず、まるまるまるっと全部にこっちはだまされていた事になるからだ。

選ぶ回答は以下のものかと。

1:まったく知らなかった
2:うすうすとは知っていたorうわさで聞くことはあった
3:よく知っていた
4:よく知っていたし、そんなのみんなが知っている常識だと思っていた
5:自分も早く官房機密費から盆暮れにカネをもらえる身分になりたいと思っていた

わたしの予測では、よほどの幹部クラスでない限り、1か2だと思うけど、どうなんだろうか。
困るのは4のケースだ。
何が常識かは、よくよく確認しないと分からないことが多い。
メディアの人間は、どっぷりとその世界に浸かっているから、存外と4なのではないか。

そう考えると、心底ゾーーッとする。
もともと「機密費から政治評論家やマスコミ人にカネを渡して世論操作する、そういう工作をして何が悪い、それが機密費なんだよーだ」と、開き直られる危険性もあるのである。

さらに言えば、賄賂を悪とみなすのはアメリカかぶれの価値観、我々は日本人ですからアーーハハハハと、テレビの悪役みたいに高笑いされる危険性もあるのだ。

実際多分、イスラム圏とか中国だったら、普通にやっていそうである。
ただ、その場合も、中国人やイスラムの人なら、政府のやることは分かっている。
だから政治評論家なんかが出てきても最初から「カネもらって言ってるんだろうな」と、分かって聞いているんだろうなと。

………ともかく、なんというか、暗澹たる気分であり、これで平静をよそおっている人間は、よほど「知っていたわよそんなの」と強がっていたい人に違いない。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック