眠れてますか?

ねむれてますか?


以下2010年5月7日に変更***********




上記キャンペーンは、政府が行っているものです。

「おいしゃさま」へ受診すると、薬を処方されます。
ピタリとちょうど良い種類と量の薬ならいいのですが、うまくいかなくて、過度の服薬につながると、大変です。(そういうケースがままあるようです)

政府は、そこまでは、考えていません。

どうもこのキャンペーンは、労働問題や、社会問題、貧困家族の問題など、本来政府が取り組み、解決に向けなくてはならない問題を、「せいしん科医」の処方薬で乗り切ろうとしているフシがあります。

ただ、政府も長期的にはそういう方面でがんばるつもりで、今は、対症療法的に、「まず不眠から取り組もう」と思ったのかもしれません。

ともかく今は、人に迷惑かけてもいいから、休む、寝る、ことが大事かと。

あと、全部のせいしん科医が悪いことはないと思うのです。
目安は、ちゃんと人の話を聴く医師かどうか。

あと「精神医療ホットライン」も、よさそうだなと、思います。

元気がない、眠れないと、誰かに話してみるのが一番かなーと思いますし、手ごろな相手がいなかったら、上記ホットラインや、メンタルクリニックみたいのも悪くないと思います

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック