2010年02月02日

地域。新しい人間関係

前々回追記

今yahooブログ検索でなにげに「無縁社会」調べたら、すごい反響。
(反響たって当ブログが、ではなくて、NHKの番組じたいが)
わたしもちょっと読みに行ったのだけど、たとえば

☆「2010-02-02 つながりの《作法》こそが課題」(ここ
「そこに手掛かりがある」というのだが、これではノスタルジーでしかない。 小学生が地域社会に溶け込めた60年代と違って、今は成人男性が小学生と会話しただけで通報されるのだ

というのは、わたしはうまくいえなくて素通りした箇所なんだけど、あのおじさんのケースをもって「(解決への)手がかり」とするのは、確かにそれだけでは無理がある。

この困難を、クリアできれば。
少女との関係に限らず、どの年代同士どの性差同士でも、「新しい作法」は、必要になってくる気がする。

作法といっても
息苦しくなく、義務ではなく、自由で、おおらかで、喜びのあるものがいい。
posted by sukima at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 助け合う社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140072676

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。