2010年01月23日

どうなるどうなるこのあとどうなる



前回、じみーーーに衝撃を受けた。
と、いうのも、自分の投票すべき政党がみんなの党だったのではないか? と考え出したからだ。
政権を担えるだけの力はなかったとしても、打算なくそこで一票を投じることが大事なのではないか。また、そういう人々が一定数集ってできる集合こそが本当の多数決であり、みんしゅしゅぎなんじゃあないのか。
ここで、力の有る無しを勘案してしまうから、いつまでたっても企業献金体質みたいなものがなくならないのではないか…

などなど。
……
わたしには分からない。それも一理あるのかないのかさえ、分からない。
(そうはいっても、みんなの党って、あんまり立候補者いなかったしねーーとも思うのだけど)

☆ ☆ ☆ ☆ 

それはともかく、小沢氏である。
まさかとは思っていたけど、案外この人、本当に裏金だの、あやしい献金だのと無関係なのじゃないかと思い始めた。
昨日・今日知り始めて驚いているわたしなどと違って小沢氏は、検察や特捜について知り抜いた人である。
金の扱いに関してはまず第一に「対検察」を考えて抜かりなく行動するはずだ。

今日の昼間もテレビ付けていたら、検察は逮捕に踏み切る前に一週間合宿するってんだから、驚いた。やりすぎじゃないの。
その他事情聴取のやり方もスゴイらしく、案件と関係のない話から入るとかで、「あなたはどうして井伏鱒二が好きなんですか?」とイキナリ聞いてきたりするそうだ。井伏鱒二の名を出すってことは読んだ上でそう尋ね、相手の心の牙城を崩していくってことだろう。まさか井伏鱒二を読む検察官がいるなんて想像もしていないから、こりゃあ、調子がくるうのも無理はない。
(これはテレビで紹介していたくらいだから、もっとも無害なエピソードなんだろう。実際のやり口はもっと卑劣だそうだ)

そんなであるから、これからしばらくの間は、検察官や特捜部を取り扱ったドラマや映画が流行る予感…

それにしても、小沢氏の言う通り、事実はまったく不正な金が動いていないのだとしたら、罠にはまったのは検察の方だったりして。
嗚呼そういう展開なら面白いのになぁ!!超ドラマだよ!!
タグ:小沢さん
posted by sukima at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 警/検察・官僚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139168713

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。