2009年12月31日

よいお年をーー♪

ご来訪の皆様、こんにちは
早いもので、今年はもう終わりです。

今年というだけではなく、21世紀の最初の9年にして2000年代の最初の10年が、終わろうとしています。
早いですねえ・・・
『2001年宇宙の旅』を歌舞伎町の映画館で見た10代の頃のわたしは、「2001年なんてとんでもなく先だわ」とタカをくくったものです。それに、同映画の続編である『2010年宇宙の旅』を見たときも、「まだまだだね」と余裕こいたものですが、とーーーーとーーー、その2010年が来てしまいます。


ちょうどいい機会なので、カテゴリ名を見直しました。
今まで単に「現代社会」だったものを、「00年代の現代社会」に変えました。
同様に「政治」や「ジャーナリズム」もそうしました。
政権交代以前と以後で違ってきているので、センをひきました。

来年からの「現代社会」は、また単に「現代社会」になると思います。

まだ、この年になっても、自分はどう生きるべきか悩んでいます。

考えることが多すぎる上に、時代がより複雑化しているため、どうにかなりそうです。

子どもたちのことも、心配です。

先日「子ども手当て」が一律支給されることになりましたが、うちの子はみな高校生以上なので「もーーうちは関係ないじゃない!! もっと早く始めてよね!!」とブツクサ言っていたら、22歳の息子が「僕の子どもがこれからもらうから大丈夫」などと普通の顔で言い出したので、ぶっ飛びました。いったい、この子は子どもの作り方を知っているのでしょうか。コウノトリが運んでくるとでも思っているのでしょうか。彼女もいないのにこの楽天発言にはびっくりです。いつまで続くか分からない「子ども手当て」だと言うのに……

まー、そんなで、子の行く末も、本当に気がかりで、相変らず過保護な自分で、お恥ずかしいです。

そんなでどちらへ向かうか分からないので、来年からこのブログで考えたいことを、以下に示します。

■1:できるかな?レジカゴバック。

■2:フェアトレードって無理なの?

■3:買う、使う、捨てる行為に、どこまで自覚的になれるか

■4:お金のこれから

■5:地方分権はすすむのか?

■6:1月末、各国が出すCO2削減目標数値は?

■7:労働組合。賃金、休み

■8:バンクーバーオリンピック。キム・ヨナVS美姫VSまおちゃんどうなる!!

■9:果たして自殺者の数は減ったのか、減るのか

■10:どうなる、デジタル小説!!

■11:どうなる、イスラム世界!!

■12:どうなる、鳩山!!

■13:どうなる、民主党政権!!

■14:どうなる、日本のジャーナリズム!!

と、言っているとキリがないので、上から10コくらいを注目したいと思います。
もちろん、他に関心事が出てきたら、その都度アップできる範囲でアップします。
さっき、来年の公休数と有給休暇数を計算しました。
おそらく、労働者として、かなり恵まれている数字だと思います。
休暇数も年収も相対的なものなのですから、わたしよりもずっといい人、ずっと悪い人、色々いると思います。が、わたし程度の余暇は持っていないと、とうていブログなど書き続けることは出来ません。
より多くの人が、より多くの余暇を持てるといいなと、思います。
(単に自分がノンビリが大好きなだけだけど)

あと、今年ネタにさせていただいた、極東ブログさま、コトリコさま、404さま、などなど、本当にありがとうございました。
webの情報は玉石混交などと言われますが、星占いだって、信じる人はめっちゃ信じているんです。そういう人にとっては、星占いに書いてあることは玉なのです。一方、わたしのように、まるっきり信じない人にとって星占いに書いてあることは、玉石の石以下のものです。

そんなわたしにも、星占いを信じていた時期があって、その時期はそれなりに当たっていることが書いてあったものです。そして、信じなくなったら、まったく外れている、というのは、どう解釈したらいいのでしょうか。

こういったことが、あちこちで起きていると思います。
ある人にとって(あるいは、ある人のある時期にとって)玉石の玉であることが、他の人にとっては石以下である、という場合に、意思と考えと思いを疎通させる方法はあるのでしょうか?

分かりません。

考えていると、頭がヘンになりそうです。

そんなですから、ツイッターのように、共通項があると思う同士がつながり合うことが、必要とされているのでしょう。
わたしの場合、共通項のない相手の方が関心あるので、つまり、自分のフォロワーになぞ金輪際ならないような人間の方が重要なので、ツイッタはやらないでしょう。

なんていうのは嘘で、そんな奴は死刑になればいいのだ!!くらいには思います。

なんて下手なブラックジョークはさておき、来年の更新頻度は、今年と同じくらいだと思います。
書くことへかけた情熱は、減りも増えもしていません。
同じくらいです。
わたしの命日は、2041年なので(参照)、それまではできるだけ、活力をもって、虚しくならず、虚無から逃げ切って、楽しくあははと笑って生きたいです。諸条件によって難しいところもありますが、図々しく乗り切りたいと思います。


それでは、来年またお会いしましょう。



posted by sukima at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 来訪の方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137038978

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。