2009年11月26日

アフガニスタンについて-2-



米国防総省、アフガンへ3万4千人規模の増派計画

…という、アメリカの話と、

日本はアフガン和平貢献の中心に 各国代表らが提言

東京でアフガン国際会議始まる タリバンと対話の道筋探る

…という、日本の話と。

今、思いついて「Afghanistan」「افغانستان」で画像検索して、他の国----iran、Iraq、Pakistan----そしてJapanと比べた。

Iran、Iraqも戦争や武器関連の画像が多いが、まだ多少は文化らしきものを感じる。また、武器の価格帯も高そうだ。その分、より機械的で高次に冷酷な印象がある。

それに比べてもAfghanistanはほこりっぽい何もない土地プラス兵隊という写真が多い。
それに加え、どういう事なのか、子どもが悲惨なことになっている映像が目立つ。




増派でも世界宗教者会議でもいいから、子どもたちに最低限度の文化的なくらしを!!





posted by sukima at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事、戦争 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。