2009年10月12日

オバマ大統領にノーベル平和賞

本文とは関係ないけどイグノーベル賞ドアのアンケート

オバマ大統領にノーベル平和賞、納得できる?

みなさん、厳しいのに驚いた。
もともと「核廃絶」の実現って不可能なことだと思うわけで、というのも、核兵器の原料(ウラン??)と、核兵器の作り方のレシピみたいなテキストさえあれば、仮になくせたとしても、核兵器はいつでも蘇るわけで。
(よくは知らないけど、そういう話をどこかで聞いたような気がする…)

だからこそ、核兵器廃絶をいつも常に新しく、言い続けなくてはならない。
毎年毎年新しく人は入れ替わる(生まれるのと死ぬのと)ことを考えると、年配者には耳蛸であっても、新たにまた、誰かが言わないといけない。
オバマさんは演説以外のことは何もしていないけど、もともと完全なる核兵器廃絶は言葉の上のことでしかない(かもしれない)ため、オバマさんの「呼びかけ」には大きな意味がある。
最々小に見積もっても、核はそれくらいにイヤーなもんかと

核兵器原料の物質生産禁止、条約の交渉開始へ
と思ったら、「兵器用核分裂性物質生産禁止(カットオフ)条約」というやつがあって、オバマ氏の演説はそれなり効果があった模様だ。
posted by sukima at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事、戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130089486

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。