2009年09月23日

20日に書いた文フォロー

20日に、「官僚の記者会見原則廃止」について文を書いたケドも、いまいち釈然としなかったので見た記事
官僚の情報操作能力

・・・なるほど。
<「次官の定例会見は廃止。ただし、官僚による記者レクやブリーフもOKだし、専門的・技術的な説明が必要な場合は官僚の会見も大臣の許可をとった上で可能」>

というのが本来政府の出した方針だったと。つまり、官僚の記者会見は全面廃止しなくても、記者遊びやパンツはやってもいいそうだ。
だったら別にそれでもいいけど。

それを官僚はわざと、
<ある方針を、その方針のもともとの趣旨よりもずっと厳しいものとして伝えたり、拡大して伝えたりすることで、そのバックラッシュ(悪影響)が出るように仕掛けをして、結果的にその方針に批判が集まり、方針そのものを撤回させるか、もしくは骨抜きにするというのは、なかなか高等戦術に見えます。>


それほど高等でもないでしょう。
それくらいはどんな馬鹿でも思いつきそう。

タグ:官僚
posted by sukima at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128630665

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。