2009年08月29日

投票日直前放送はどんな内容だった?

各政党の代表による直前主張

30日の投票日をあと二日にひかえた28日、いろいろと影響のありそうな時期だけに、どういう企画でくるのかと思ったら、直球勝負できた。

各政党の代表者が横に並んで、○×形式で質問に答えていた。
結果として、各政党のおおまかなマニフェストが見えてくる仕組みだった。

その後、各代表が時間内に主張をする。

これ、NHKでもやっていたけど、「もう時間です」と注意されてもまだ喋っているという大人とは思えない奔放ぶりで、当選のためならずいぶんあつかましくなるのだ。
この番組はさすが民法なので時間がきたらドアが落下してきて頭を直撃するというエンタメぶり。ついでに共産党なんか水をかけてもよかった。

当方、yahooのマニフェストマッチでみんなの党の支持者になってしまい途方に暮れていたわけだけど、今回みんなの党は出演しておらず、ホッと胸をなでおろした。出てこられても困るからだ。
要するに話しのカナメは、民主党が政権を取ったあとに、「九条、自衛隊の派遣、消費税」をどうするのか確認しておきたい、というあたりで、この期におよんでまだ自民党に投票する気の物好きな人をのぞいたら焦点はおおむねそこらだろう。

この点、「九条、自衛隊の派遣、消費税、配偶者控除」等、単刀直入に質問していてよかったと思う。


posted by sukima at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 00年代現社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126763156

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。