2008年11月14日

だらいらま14せい


【11月14日 AFP】中国政府は14日、声明を発表し、チベット(Tibet)仏教の精神的指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世との会談を予定しているフランスのニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領をけん制した。

 外務省の秦剛(Qin Gang)報道官は、「数々の努力の結果として、現在、良好な発展を続ける中国とフランス、中国と欧州の関係を大切にすべきだ」と述べたうえで、「フランスには、大局的な立場に立ち、中国が重要な懸念を抱いている問題に配慮した上で関連の諸問題に適切に対処し、安定した中仏・中欧関係の発展に務めるよう求めたい」と釘を刺した。

 フランスは今期EU議長国を務めている。(c)AFP



ダライ・ラマって人は面白いな

ダライ・ラマは西洋でも尊敬されているようだ。

しかし、だからといって、ダライ・ラマが言った一言一言を待ち受け、それに影響を受けすぎるのも違っている。
そんなのはカルト宗教だ。

やはり、自分の考え、自分の気持ち。
そーいうのが、大事だ。
60億分の1にすぎない自分でも。

西洋社会がもたらしたものの多くは凄くて素晴らしい。

けど、それは世界の半分から1/3??程度のこと。

もっとこうじゃなくなれる、という感覚と予感だけはあるのだけど、なかなかと実際がついていかない感じ。

posted by sukima at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 00年代現社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109676684

 

 

icon_pagetop01_10.gifこのページの一番上へ

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。