山本モナ不倫騒動、雑感(極東ブログ風)

 とぼけているかのようだがあまり不倫というものに関心がない。今回の山本モナ不倫騒動についてもそれほど関心はなかったし、不倫後の今もそれほど関心はない。なので、この話題は例によってスルーし、最近食べた「じゃがりこバジル味」の話でも書こうかなとも思ったが、微妙に心にひっかかる部分がある。ブログなんて無名な庶民の記録だよなという原点で、とりあえず書いてみよう。

 不倫のニュースを聞いて、えーそれはないでしょというふうなべたな驚きは、ない。しいていうと二つ、ほぇっとは思った。一つは、1泊9800円が安い安いと揶揄されているが、なんだよ、それ、ということ。1泊9800円が安いならいくらなら丁度いいんだよと。ナニの質の良し悪しにラブホの値段は関係ないだろと。ヒルトンホテルやパリのラファエロやロスのリッツカールトンならいいのかよ、と。部屋の値段は関係なかろうと。ベッドが一台あれば(場合によってはなくても)充分だろうと。悔いは何も残らないだろうと。残ってても知らないっと。しかしだからといって、太田光の「総理大臣になったら」のオフィシャルページで「山本モナへのメッセージ」を募集されても、かける言葉も浮かばない。こんなことを言ってはナンだが、「顔がいいことと、背が高いことと、目が大きいこと以外に特に取り得ないのに、ナニばっかやっているんですね」と書こうかと思ったが、意地悪トシマめいていたのでやめた、という顛末がある。やはり自分はいい人に思われたがりなのだ、と再認識したりした。

 もう一つは、二度目の不倫ということで、一度目は民主党の議員だったそうで、検索したら路上のキスシーンが出てきた。そして今回は野球選手、それも巨人の選手ということで、プロフを見ると山本モナは広島出身なのに、これは一体何事かと。不倫相手で「愛した相手」がカープの選手だったのなら、世間もだいたい許したろうが、よりによってジャイアンツの選手では、金輪際テレビに出る機会はないであろうと、絶望的な未来が予測される。せめてヤクルトなら。せめてロッテなら。せめてせめて意味不明にrakutenなら。
 いっそ叩かれた巨人・二岡選手に、ほぉ、うまいな、と。よくそんなモナに乗ったねというか、以下略。

 その他、キーワードとして出てくるのが、「サキヨミ」なる番組なのであるが、この番組は「新報道プレミアA」の後番組ということで、「新報道プレミアA」は司会進行・キャスターが安藤優子と滝川クリステル(共同テレビアナウンサー)、それにゲストが櫻井良子で、わたしは一度見たきりであるが、やたらめったら濃厚だった記憶がある。そこから「サキヨミ」とは随分淡白なタイトルになった。伝え聞くところによると、モナは、「やったーついにサキヨミの司会ゲットしたーー!!」とはしゃいで、やってしまった、らしい。

 もちろん、これは「憶測」なので、このあたりをフカしたところで、メリットもデメリットもナンもない。
 今回の不倫は二度目の不倫ということで、さらにバッシングされているようであるし、むろん不倫はやっちゃいけないことだからこそ不倫というわけで、やっていいなら不倫でも非倫でも無倫でもないだろうが、山本モナ行動録を見る限りでは、ほのぼのとしたレトロな雰囲気に心和まないでもない。金曜日か月曜日か火曜日か水曜日に、ご祝儀の株高があるとよいなっと。以下略。


2008.08.06 時事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
☆スペシャルサンクス極東ブログ右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109248857

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック