2008年の戦争写真




グルジア紛争。ロイターの写真集の一枚


今という時代、写真はなんて美しいのだろう。


画像の質感のなめらかさ、色彩の鮮やかさ、構図の見事さ、ブレのない確かな輪郭、確実で安定した光の具合と明るさ、そして、写真全体をおおう、好感度の高い清潔感。


どれもこれも、戦争を伝える以前に、写真の美しさに心も目もひきつけられる。

戦いの場所の悲惨さなどは、ほとんど感じられないと言っていいのではないだろうか。

事実戦いの場所は、暗くもなくつらくもなく悲しくもなく、美しいのかもしれない、とすら思えてくる。


何もかもが、まばやい光の中で輝いている。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック