麻生太郎は結局何が言いたかったのかを、考える

ということで、朝日新聞が文字起こしをした麻生発言をつぶさに読んでみることにします。 ☆アサヒコムの記事>ブロゴスの記事  僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。 このエピソードは、「正当な選挙で選んでも極悪独裁者は登場する」実例として、民主主義に疑いを差し挟むためによく使われるものです。が、麻生氏はいったいなぜここでそれを出したのでしょうか? わたしとしては、いつまでもドイツ人の過去の過ちを引き合いに出すなんて、ドイツ人もいい迷惑だなあと思うばかりです。これじゃあ、「日本に侵略された」といつまでも謝罪を要求する中国人や韓国人を悪く言えないじゃないですか。 しかし今はそこは置いておきましょう。  そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見…

続きを読む

続★麻生太郎は結局何が言いたかったのかを、考える。副題「そうだったのか!麻生太郎」「あっそう」

☆麻生氏の発言で宮台真司さんに噛み付かれましたw - Togetter ということで前回かなり脱線したのでシンプルにします。 宮台氏のまとめである《改憲論議は静かに。騒ぎになれば変えられるものも変えられない。騒ぎになって靖国参拝しづらくなったのと同じ。静かにやればワイマール憲法もナチス憲法に変わる》は、わたしの「答え」とは違いますが、特に間違ってないと思いました。 その一方@suika_sheep氏の<「憲法改正論議に関しては喧騒の中でやって欲しくない」=「一番言いたいこと」 であるのは明白でしょう。>というご意見も、特に間違っているわけではないと、思いました。 どちらもペーパーテスト的には95点~80点はいってるんじゃないですかね。 しかしながら点数はともかく、両者にはどちらにも難点があると思いました。@suika_sheep氏の方、特定箇所に下線を引いてそこを「言いたいこと」とするのは乱暴すぎます。なぜなら、ひとつのセンテンスはひとつの意味を意味しない、という極めてやっかいにしてユニークにして楽しい言語の宿命があるためです。そのため前後左右に膨らみをもたせたり、レトリックを使用したり(この場合は「ナチスのやり口を見習う」など)と色々と長く語ることになるんですが、それに失敗すると、今度のようになる、という。 あと宮台氏の要旨だと、麻生氏がものすごく賢い人に見えてしまうので、マイナス5点。麻生氏はワイマール憲法もナチス憲法も分かってはいないのです。それにナチスのや…

続きを読む

バブルの死角 日本人が損するカラクリ / 岩本沙弓

岩本さんは、新進気鋭の経済に詳しい人ということでパワープッシュされていたため、好奇心を抑えられず、購入して読みました。 本当に読んでよかったと思います。ことに最初の方は、「消費税」についての貴重な知識が盛りだくさんでした。 もともと消費税増税、どういう目的でやるのか、政府の説明とマスコミの解説作業は二転三転してきました。(端的な証拠→消費税upは、「国の借金」返済のためなのか、社会保障費のためなのか? NHKぬーすをっつ雑感: 日々のsukima) どの説明を聞いても腑に落ちなかったものが、本書を読み「そうだったのか!」と理解できた気が。 また、なぜ賃金が上がらないのか。その仕組みについて時価会計という専門的な話しを分かりやすく(といっても、わたしには未消化ぎみ)教えてくれました。時価会計に加え株主への配当優先の企業体質が、人件費への金の流れを止めている話し。これ、マンガにすると、 via:"It could probably be shown by facts and figures... ↑はワシントンとウォールstで尻ポケットに金を入れ合いっこしている政治マンガだけど、日本もマンガにすると、こういうのだろうと思い、なかなか平静な気持ちでいられなくなります。(株主というのは、たとえば企業の幹部や高収入の人などが、ほかの企業の株を買って配当を得る。そういうライン、円環の中にある。株をやるのが悪いのではなく、収益が上がっているのに、人件費の…

続きを読む