地域自治に役立つSNSアプリの登場、待たれる

次回参院選挙から「ネット選挙解禁」になったという。ネット選挙についてはまず「Yahoo!みんなの政治 - ネット選挙解禁でできること」をチェックしたい。さて、それとは別に、もっと個人が政治にアクセスしやすくなる、アクセスするだけではなく、自分たちの意見の代表者を自分たちで出しやすくなるにはどうすればいいのか。国政も大事だが、まず自分が住む地域のことを自分たちで決められるにはどうしたらいいのか? と考えずにいられない。 そこで思いついてしまうのがSNS、ソーシャルネットワーキングだ。 SNSといえばフェイスブックが有名で、実際あちこちの市が市政にフェイスブックを取り入れている。それがどの程度機能し活用されているのか、該当市の住民ではないのでよく分からない。が、あまり便利ではないと思う。その理由をいくつか列挙すると フェイスブックは一人一アカウントであるから、地域生活とクロスさせたくない面が出てくるフェイスブックの機能は交際相手をみつけるのに便利でも、既婚者にとっては逆に不便顔出しが原則であるから、顔を見せていると地域密着であるがゆえ犯罪面が心配意見を散発的に言うのはできても、その集約などに不便そう自治体のフェイスブックなので、あくまで自治体からのトップダウン型の交流になる過去にイジメを受けたなど、思い出したくない過去のある人はそもフェイスブックに登録しない といった感じだろうか。 そう考えるとやはり、日本は日本で、独自に地方自治に役立つプログラム、アプリケーション、SNSを…

続きを読む

現行の日本憲法と自民党が出している憲法変更案の比較

新カテゴリ「Share」は、できる限り多くの人と共有したい情報へのリンクです。 第一回は、現行の日本憲法と自民党が出している憲法変更案の比較です。 ☆自民党の憲法変更案2012年版を検討する←右端の「わたしの考え」はこれから ☆自民党サイト内のpdf

続きを読む

続・小沢一郎さん今どうしてる?

わたしの2年半前の過去記事、小沢一郎さん今どうしてる??にここんとこアクセスがある。これは、小沢さんに何か動きがあったというサインだろうか? と怪訝に思いサーチしたところ、小沢事務所は新たにニコニコ動画にチャンネルを作っていた。 曰く、じゃーん小沢一郎すべてを語る - ニコニコチャンネル:政治 と、いうのである。もうネタも尽きたろうと思うのだけど、小沢さんにすべてを語らせたがる人はまだまだ健在のようだ。 に、しても、前記過去記事を見ると、2010年当時の小沢さんの置かれていた状況がどんだけ危機的、末期的、いやさ中世の暗黒時代さながらの厳しさだったかと、あらためて思いを馳せる。でもって、当時最悪に予測されていたより小沢さんは息をつないで、命脈を保っている。ほとんど、奇跡に近いのじゃないかとすら思う。全マスコミが、全勢力をあげて抹殺しようとした、あの当時の状況を煮え湯が逆流する感覚で思い起こすと。でもまだ小沢いちろー氏は、生きている…じーん それは、きっとたぶん「我々」のたゆまない努力と抵抗の意志が導いた結果であるはずだ。誰が我々なんて詮索はともかく。それに、小沢一郎氏の力量のおかげなのは当然としても。 思わず感激したので、850円は高いなと思ったけど、それどころじゃないので、会員登録した。 で、さっそくコンテンツ拝見といこうじゃないのといさんだ。したら、【緊急対談】小沢一郎×堀江貴文×茂木健一郎(vol.1) ‐ ニコニコ動画(原宿)(2013/0…

続きを読む