2013年06月11日

地域自治に役立つSNSアプリの登場、待たれる

yahooみんなの政治

次回参院選挙から「ネット選挙解禁」になったという。ネット選挙についてはまず「Yahoo!みんなの政治 - ネット選挙解禁でできること」をチェックしたい。

さて、それとは別に、もっと個人が政治にアクセスしやすくなる、アクセスするだけではなく、自分たちの意見の代表者を自分たちで出しやすくなるにはどうすればいいのか。国政も大事だが、まず自分が住む地域のことを自分たちで決められるにはどうしたらいいのか? と考えずにいられない。

そこで思いついてしまうのがSNS、ソーシャルネットワーキングだ。
SNSといえばフェイスブックが有名で、実際あちこちの市が市政にフェイスブックを取り入れている。それがどの程度機能し活用されているのか、該当市の住民ではないのでよく分からない。が、あまり便利ではないと思う。その理由をいくつか列挙すると

  1. フェイスブックは一人一アカウントであるから、地域生活とクロスさせたくない面が出てくる
  2. フェイスブックの機能は交際相手をみつけるのに便利でも、既婚者にとっては逆に不便
  3. 顔出しが原則であるから、顔を見せていると地域密着であるがゆえ犯罪面が心配
  4. 意見を散発的に言うのはできても、その集約などに不便そう
  5. 自治体のフェイスブックなので、あくまで自治体からのトップダウン型の交流になる
  6. 過去にイジメを受けたなど、思い出したくない過去のある人はそもフェイスブックに登録しない

といった感じだろうか。
そう考えるとやはり、日本は日本で、独自に地方自治に役立つプログラム、アプリケーション、SNSを作ると良いと思えてならない。そこで似たセンを探すと、まちBBSというのがあり、これも良いのである。が、問題は匿名度が2ちゃんと同じに高いので、気分の悪いカキコを読まされることが少なくないことだ。これをもう少しフェイスブックに近づけた実名性をもたせたい。

sendai.png

と思いながらiPhoneのAppStoreで『地域』『SNS』で検索すると、「Eyeland」というのをみつけた。カスタマーレビューにも「近所の人と一緒にご飯に行けて楽しい!!」とある。さっそくわたしもダウンロード。すると最初にIDを登録するのだが、その時にブラウザが開いてあれこれと警告文を読まされる。曰く「Eyelandは出会い系ではありません!云々」

出会い系かどうかも不安だが、地域型なので避けられないとはいえ、最初に位置情報を取得されそれがアバターとして表示されるのだから不安だ。そのためわざとずらした位置表示にしているそうで、確かにわたしも南西方向に100メートルほどずれた場所にいることになっていた。全部同じズラシだったら逆算でばれるので、変化させていると思いたいところだ。わたしがアクセスした時は近所に10人くらいがいた。知っている近所だからか、妙に親近感を感じた。ちなみにこの画像は「仙台」のもので、大都市なので大勢アクセスしている。

 

kyoto.png

←こちらは京都。タップするとニックネームが出てくる。
(ニックネームはわたしが黒地で隠しました)

kyoto2.png

詳しい情報が出てきた場面。年齢、性別の下にもっと詳しい情報あり

soma.png

←福島県浜通りでもやっている人がいた!

で、呼びかけるとチャットができるし、あるいは、記事の投稿が写真とともにできる。

特に運営がイメージしているのは、<旅先に出たときに、当地の人しか知らない情報を、アバターに話しかけて教えてもらう>といったもののようだ。

それも楽しいだろう。うまくいけばコミュニケーションツールとして役立つ。ただし、やはり悪用する人の存在を頭から消すのは、ちょっと難しいが…

と思いながら、とりあえずアプリ終了すると、しばらくして「バッジ」が付いた。どうやら誰かがチャットを申し込んできたらしいのだ。ともかく確認すると、26歳の男性が「ムラムラムラムラ」とのこと。
これは地域SNSとして不適当だなと、断言せざる得なかった…。

普通にやっていると、このように出会い系に傾くか、あとは商業活動に傾くことになる。それではちょっと違う。
たとえば、自分たちの音楽を地域で聞かせる。ちょっとした屋台を開ける。育てた野菜や花を提供する。場所を提供してもらって行えるようなこと、あるいはその告知や感想の場。あるいは地域の中で誰が助けを必要としているか。助けを提供出来る人は誰か。もっとSNS的にアプリ的に合理的にかわゆく行える。それプラス、意見交換の場になる、会話やコミュニケーションの場になる、といったイメージだ。

それらを円滑に行うには、第三者の介入が必要と思われる。つまり、職業的に地域のSNSをコーディネイトしてくれる第三者だ。ネットが始まって十余年。どういう問題が起きやすいかは、大方判明してきた。同時に、地元や地域内での関わり、他人との接触を避ける力学と心理がどう発生するのかも、ある程度は知見が集まっていると思う。

知と機が熟してきている。
まずツールから。まず環境から。
と考えるのも有りだと思うのだ。

posted by sukima at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

現行の日本憲法と自民党が出している憲法変更案の比較

war2.jpg

新カテゴリ「Share」は、できる限り多くの人と共有したい情報へのリンクです。

第一回は、現行の日本憲法と自民党が出している憲法変更案の比較です。

自民党の憲法変更案2012年版を検討する←右端の「わたしの考え」はこれから
自民党サイト内のpdf

ラベル:憲法
posted by sukima at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Share | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

05/31から06/16 diary

05/31から06/16まで…

続きを読む
posted by sukima at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

続・小沢一郎さん今どうしてる?

わたしの2年半前の過去記事、小沢一郎さん今どうしてる??にここんとこアクセスがある。これは、小沢さんに何か動きがあったというサインだろうか? と怪訝に思いサーチしたところ、小沢事務所は新たにニコニコ動画にチャンネルを作っていた。

曰く、じゃーん
小沢一郎すべてを語る - ニコニコチャンネル:政治

と、いうのである。もうネタも尽きたろうと思うのだけど、小沢さんにすべてを語らせたがる人はまだまだ健在のようだ。
に、しても、前記過去記事を見ると、2010年当時の小沢さんの置かれていた状況がどんだけ危機的、末期的、いやさ中世の暗黒時代さながらの厳しさだったかと、あらためて思いを馳せる。でもって、当時最悪に予測されていたより小沢さんは息をつないで、命脈を保っている。ほとんど、奇跡に近いのじゃないかとすら思う。全マスコミが、全勢力をあげて抹殺しようとした、あの当時の状況を煮え湯が逆流する感覚で思い起こすと。
でもまだ小沢いちろー氏は、生きている…じーん

それは、きっとたぶん「我々」のたゆまない努力と抵抗の意志が導いた結果であるはずだ。誰が我々なんて詮索はともかく。それに、小沢一郎氏の力量のおかげなのは当然としても。

思わず感激したので、850円は高いなと思ったけど、それどころじゃないので、会員登録した。
で、さっそくコンテンツ拝見といこうじゃないのといさんだ。したら、【緊急対談】小沢一郎×堀江貴文×茂木健一郎(vol.1) ‐ ニコニコ動画(原宿)(2013/05/14 12:00 投稿)というのがあり、茂木健一郎さんてどこにでも登場するんだなとびっくりした。先日、jcomオンデマンドで『みんな!!エスパーだよ!!』というドラマみつけて喜んで視聴していたところ、そこにも愛知県の片田舎を背景に出てきたので、何やってんだろ?と思ったばかりだというのに。脳科学者なら「東大出だからって頭がいいとは限らない」ということを、科学的に証明して欲しい。だって、日本の不幸の元凶、相当に東大なんじゃないのって思う場面が多すぎる。そりゃまあ「お任せしてばっか」のこっちも悪いけど、そういう体質を作ってしまう東大を頂点とした教育制度がモンダイだってのもあるはずで。身をもって「あほだよよよよーーん」みたいにするのは、もういいから。

そんなこんなの茂木氏が司会で、いろいろ進行。かなり長かったので、最後までは見れなかったけど、特徴的なのは、小沢氏、気を遣うのどうでもよくなったのか堂々と官僚批判していたこと。官僚というのか、なんでも四角四面に規制を作ってしまう役所のやり方といったほうがいいかな。かたや堀江氏の方は、特にそれに同調してはいなかった。全体に、思っていたよりは面白かった。最初より中盤以降の方が良い。印象的だったのは、今自民党が一党独裁的に強いけど、ひとりポッと国民の関心を集める人が出れば、それで流れが変わるという、選挙の話し。

じっさいもんだい、参院選、自民が勝つ暗雲ばかりが濃厚にたちこめているけれど、それでいいと思っている人は少ないと思う。

それは違う、自民は違う、というこの気持ちの受け皿になる政党は、どこなんだ?

posted by sukima at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。