若者よ、投票所で会おう☆

(↑あきらめちゃダメの絵。) 16日に選挙あるけど、若い人が投票に行かないかもしれない、ともっぱらの噂だ。 理由は、「政治家はいくらキレイな公約を言っていても、結局守らないから」だという。つまり絶望感、もしくは諦念。 参照↓ ☆堤未果 x 森川友義 「有権者は政治にどう関わるべきか?」2012.12.12 - YouTube まぁそうだ。 けど、公約でキレイな事のひとつも言わなかったら、それは余計に何もしない政党だ。 若者が選挙に行かないかもしれない理由は、他にも思いつく。 人はこの世に生まれ、いろいろな教育を受け、20才になると教育の結果や本人の意志とは無関係に選挙権を与えられる。現行の社会制度でそう決まっているからだ。 けれど、人の成長の度合いはさまざまだ。この世に生まれた事も自分の意志ではないのだが、20才になって選挙権をもらうのも自分の意志ではない。「与えられた」権利の意味が解っていない。 現在一番政治に関心があると言われる世代の40~50代だって、最初から政治に関心があった人ばかりでは無いだろう。彼、彼女らの大半は、最初は興味がなかった。が、日々の生活体験、職業体験を重ねるにつれ(それは同時に税金を払い続けた人生でもある)、もろもろの疑問や怒りがわいてくるようになり、政治の意味に気付いて、投票行動に結びつけるようになっていく。 それはそれで良い。が、そうなるまでに短くても数年から10年くらいかかることになり、それでは有権者としてい…

続きを読む

秩父よいとこ、一度はおいで。

■今月のはじめ秩父夜祭りに行ってきた。 東京の通勤圏--立川、府中、我孫子、松戸、高円寺、豊玉(練馬)、埼玉南部--を家賃基準で漂流するようにしか住んだことのないわたしは、祭りに接する機会がなかった。秩父夜祭りについてもそうで、調べるとずいぶんと歴史のある祭りなのにわたしはまるで知らなかった。秩父と同じ埼玉県に25年間も住んでいるのに、だ。 夜祭りもそうだが秩父鉄道にも乗ったことがなかったし、秩父の煎餅が超絶おいしいことも知らなかった。実のところ今もあれを食べたくてたまらない欲求が沸き上がって仕方がない。おおげさでも宣伝意図でも何でもない。偶然にも昨日、職場の人が製造、販売ともに同じく埼玉であるJAの○○煎餅をくれた。これはラッキーと喜んだのもつかの間、秩父の煎餅のカプと囓って広がる香ばしさとウマミには遠く及ばず、肩を落としてボリボリしていた自分だ。 わたしをこの秩父行きに誘ってくれたNは、今は亡き両親と行った筑後川の花火大会が忘れられず、一年中どこかの花火大会を渡り歩いている。秩父夜祭りもメインとなるのは「曳山」ながら、同時刻に花火大会も行う。Nは曳山や夜店にはほとんど興味を示さず、花火が上がる度にふらふらとそっち方向へ彷徨うため、こちらも付き合って長く歩いた。 その秩父夜祭り、せっかくだから由来などを調べた。これがなかなかにキリのない行為で、wikipediaで調べると次々と用語をクリックしていって次々タブが開いてどんどん広がっていく。まったくキリがない。そ…

続きを読む