【れびゅう】アウトレイジ

『アウトレイジビヨンド』公開を記念して、その前作にあたる本作をケーブルテレビが流してくれた。 北野映画はもっと見たいのだけど、『アウトレイジ』は残虐シーンが多いと聞いていたのでこういう機会でもなければ見なかったろう。 とにかく残酷だから見ない方がいい、つーか見ちゃダメ!! とうちの末次郎にまで言われていた。 末次郎はもう18歳なのに怖がりで、昼間でもトイレの電気を付ける。せめてその電気出る時に消してくれと、わたしはよく注意している。 ちなみに彼によると、海外のゲームは残虐きわまりないものが多く、吐き気がするほど非道だという。ああいうのはとてもじゃないが日本人は作れないとも。 「そんな事を言っても、海外向けのゲームも作らなくては国際競争に負けるのでは?」と問うと 「日本だけでやってくんじゃダメ?」と、いたって閉じたことを言っているヘタレさんでもある。 ダメに決まっているでしょうとも思うが、凄惨でむごたらしいゲームを楽しむのもどうなんだろうと思うとよくわからない。 それは兎も角、怖い描写は指の隙間からのぞくだけにしようと思い、ビクビクしながらみた。そうしたら冒頭のシーンが、ヤクザの男達が数台の黒い車の前でたたずんでいるシーンで、このシーンが色鮮やかな緑、白、にあふれたとても美しいものだった。まるで、海の底に明るい日射しが差し込んで、その中を彼らのタマシイがたゆたっているような、ため息がでるような映像なのだ。ここからして作品に引き込まれていた。その後も色調…

続きを読む

佐藤栄佐久ブログ、読んだ

☆佐藤栄佐久 公式ブログ佐藤栄佐久氏がブログを更新していた。 佐藤氏が誰かというのを知らない人もいるかもしれないので少しだけ説明すると、福島県の前知事。 前知事というだけなら珍しくないけど、わけあって、色々と大変な目にあった人。というか、今でもまだその大変な「闘い」のさなかにいる人。 「闘い」は、氏にのみ固有に起きた(る)特殊なことではなく、日本にいるなら誰にでも降りかかる可能性がある。先だっての「PC遠隔操作:誤認逮捕」でも見たように、警察・検察という犯罪を取り締まる権力サイドは、重大な問題を抱えているからだ。   ☆参考:PC遠隔操作:誤認逮捕「痛み癒えぬ」…男性の父が文書- 毎日jp(毎日新聞) 具体的には まだ捜査段階で犯人と決まったわけでもないのに長すぎる拘留期間警察官という特殊な職業(ヤクザと渡り合うくらいに暴力慣れした、一般市民領域とは違う感覚の人間、つまり、一般人よりもはるかにヤクザ系列の人間)に、弁護士もつかないまま長期にわたり詰問され続けるという、それ自体がすでにして拷問であるようなことをされる。真実の究明や人権のためではなく、警察・検察の都合や体裁や見栄のために行われる捜査。そのため、自分たちで好き勝手にもっともらしい犯罪動機を捏造し、それを「自供」したことにするという、信じがたいまでの、それ自体が要捜査、要逮捕に匹敵する重大な犯罪性。それらが、完全な密室で行われ、可視化されていない ↑今度の遠隔操作事件では真犯人が出てきた…

続きを読む

大飯原発がフクイチと同じことになる前に

活断層か地滑りか…大飯原発、行方見えない議論 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 岡田篤正・立命館大教授は「今回のような地層のずれは地滑りなどでもできる」と慎重な解釈を示した と伝える読売新聞だけど、そういうのは「慎重な解釈」なんじゃなくて、「乱暴すぎる解釈」。 その一方、渡辺満久・東洋大教授は間違いなく活断層であると、きっぱり断言している。 誰の言うことを信じるにしろ信じないにしろ、原発に関することは本当の意味で慎重になって、事故が起きて大変な事態に陥る前に防ぐ。蛮勇はよそで発揮して、こういう場面では本来持っているはずの知性をちゃんと生かしてほしい。 わたしも署名しました☆→署名https://fs222.formasp.jp/k282/form2/ (今日7日の朝6時が締めきりとの由)

続きを読む

やだなあ右傾化なんか

本日の東京新聞一面は「対立あおる政治脱却を」との見出しで、「進む右傾化 ムードで選ばない」がサブタイトル。 記事内容は、沖縄県尖諸諸島国有化を契機に中国や台湾で抗議活動が拡大、日本との関係が悪化している旨を懸念した民間の人々がシンポジウムを開く。シンポジウムは一週間後。台湾、中国、韓国から集まる。日本からは高田さんらが参加する。高田さんは言う。 「対立をあおる政治から脱却しなければ、日本はどんどん危険な方向へ進んでいく」 一方、そういう市民の思いとは正反対に政治状況は右傾化している、と東京新聞は分析し、図に示してくれている。分かりやすい。(ちょっと落書きしちゃったけど借用したので参照のこと☆) 日頃大新聞やテレビを見ないのでマスコミが言っていることを知らない当方だけど、これ見てさすがに仰天した。「タカ派の自助派」という一番冷酷無比で無神経で厚かましい男根主義でアホで単細胞で何かというと「攻めてくる攻めてくる」とマゾヒスティックな妄想にかられる犯され願望の人たちが集中していたからだ。しかも極端に右上だし。 (そういうことで今ポメラ+iphone4で書いているので長文は無理。続きはまた後で)

続きを読む

期待以上のでき、seesaa blog アプリ

アプリの中 当方、12月でSeesaa歴6年目に突入する。 悲しいとき、うれしいとき、つらいとき、激怒したとき、感動したとき、はらわた煮えたとき、使命感にかられたとき、正義感にかられたとき、自分を疑問に思ったとき、ムカムカしたとき、心も頭もいろいろと便秘なとき‥‥ いろんなときをともにしたSeesaa。 途中、twitterやFacebookが流行った時はもうブログの時代は終わりかなとも思ったけど、Seesaaが新しいサービスを作って時代の波に遅れまいとがんばっている。 そう、そのひとつがこれ、スマホ用のブログアップアプリだ。 正直、Seesaaのサービスは竜頭蛇尾で肩すかしくうことが多いので期待はしていなかった。それに使用者の評価も高くない。 GA!!ほんじつ試しに使ってみたら、なかなかにいいじゃないかーー☆ ひでき感激☆ ひできじゃないけどーー そういうことでサンクスSeesaa (評価が高くない理由は「絵文字」対応してないせいか?)

続きを読む

time stamp

今深夜勤務中なんだけど、同僚のTがニュースを教えてくれた。 愛知県豊橋市の信用金庫に5人を人質に男がたてこもっている。人質のうち4人は信用金庫の職員、ひとりは金庫の客。男は刃渡り10センチほどのサバイバルナイフを持っている。事件は本日14時頃に発生。金の要求などはせず、「民主党、野田内閣」の総辞職を要求している。 以上、マスコミ嫌いで大新聞を購読せず、家に帰っても大テレビを付けない人のために情報提供してみた。 もっともTもテレビから情報を仕入れているわけだから、結局はテレビ情報ではあるのだけど。 ちなみにTのコメントとしては、「そういうしっかりした考えがあるなら、たてこもりをやるのは違うんじゃないの。そういうやり方で主張するのは間違っている」 確かに。

続きを読む