【本の感想】宇宙消失 / グレッグ・イーガン

2034年、地球の夜空から星が消えた。冥王星軌道の倍の大きさをもつ、完璧な暗黒の球体が、一瞬にして太陽系を包み込んだのだ。世界各地をパニックが襲った。球体は<バブル>と呼ばれ、その正体について様々な憶測が乱れ飛んだが、ひとつとして確実なものはない。やがて人々は日常生活をとりもどし、宇宙を失ったまま33年が過ぎた----。ある日、元警察官のニックは、匿名の依頼人からの仕事で、警戒厳重な病院から誘拐された若い女性の捜索に乗りだした。だがそれが、人類を震撼させる量子論的真実に結びつこうとは……! この本は凄かった。自分の頭蓋内にPluggedされて直接文章が入ってくる感じ、つうか?「これは凄い」と思って検索すると、たいがいすでにネットで凄い凄いと言われているものだけど、この本(作者)も、案の定超弩級に凄いってことで定着していた。 そも『宇宙消失』は新作というわけではなく、原文の出版年は1992年で日本での出版年は1999年とすでにして一昔二昔前であり、それを周回遅れで読んでいる自分だけど、古さなどはまったく感じない。量子力学の知識をベースにした「理系」の小説なので、完全理解とは到底いかないけれど、きわめて直感的に入ってくる内容なので、量子力学だの蓋然性だのいう言葉に怖じけづくことはそんなにない。さらに、タイトルの『宇宙消失』が原題では『Quarantine』=「隔離」だと知ったら、あーーそうかとピンと来くるものがあった。つまり、宇宙を消失した理由は隔離されたからなのだ。 読書行…

続きを読む

【映画館でみた映画】ロボット完全版

  インド映画のロボット完全版を見た。ワケわからんがベラボウに面白かった。 (現在、一部地域でまだ上映中) ●併せて読みたい Yahoo!みんなの政治-<インドの果たされなかった約束―― 成長の一方で拡大する格差>(1) | (2) | (3)    

続きを読む

あなたが望む次の政権の枠組みは? そして、デモ

■Yahoo!みんなの政治 - あなたが望む次の政権の枠組みは? - 政治投票 このアンケートでとうとう、当方、正式に?民主党を捨てた。 政治主導には時間がかかるんだから気長にと思っていたけど、ここまで無残につぶれると、民主党に明日はない。 というか、自民党と同じになったんだから、早く自民党を名乗ればいい。 あとは、「小沢新党」ですか。小沢さんも次々に刺客を放たれるから、今度は何がくるんだろって感じで目が離せない。 検察による冤罪、マスコミによるキャラアサ、隠し子騒動、奥さんの手紙… そういえば小沢さんは森ゆうこ議員の出版パーティーで、 「武力で革命を起こすのは皆の気持ちが高まれば起きる。しかし民主主義的プロセスを経て革命を起こすのは時間もかかるし大変だ。そこが民主主義のいいところだとも思っている」 と、言っていたそうだ。真面目な話し、サスガと思った。 ツイッターでは、デモの人々を「警察に管理されすぎている、そんなじゃだめだ」と批判するデモ評論家みたいな人を見かける。面白い事に、警察と揉めろと苛立つ人と、警察と揉めることを絶対的に避けようとする人の、二つのタイプがある。わたし自身は理論的には前者だけど、その場に行ったら警官相手に怒声を上げたり、警官の隊列に飛び込んだりとか出来ない。 もしもデモの人々が警官相手に揉めたり実力行使に及び、ひいては「武力による」革命的なアクションをするにいたることがあるとしても、それは気持ちが高まったからであって、作戦でも…

続きを読む

【原発】母との電話。あらためて、大飯原発再稼働反対だな

朝起きて見ると、携帯に「大分・熊本の豪雨で死者が出た」というニュースが流れていた。 まさかのまさかと思い、大分の母に電話した。 三回のコールで出た母は、眠そうな声だった。そっちは大雨じゃないのか聞くと、 「こっちもずっと降っているけど、豪雨がすごいのは大分の中でも、竹田とか、滝廉太郎が歌にした、ほら、あそこらの、山間部なのよ」 とのことだった。母はさらに 「えと、滝廉太郎の、何だっけ何だっけ」 と言い続けた。 わたしは滝廉太郎は知っていたけど、曲名が出てこなかった。小学校の歌集を思い出そうにも、ぜんぜん出てこない。 「あーーーーそう、荒城の月よ!!」 と、ほどなくして母は眠気の覚めた声で言った。 「ああ、あれかあれか。あったね、そうそう」 荒城の月が大分だったとは知らなかったが、まあ、そういうことならそういうことなんだろう。 母は共産党なので、話しは大雨から大飯原発再稼働の話しになった。 なんでも赤旗日曜版には毎週、官邸前デモの事が載っているという。 母は、次第次第に、熱心に語り始めた。 「どうして大飯原発が再稼働になったか知っているかい? 国会事故調の結果が出ただろう? あれで、原発事故は『人災』って結果がハッキリ出たんだよ。 あの結果が出る前に、再稼働してしまいたかったのさ。 東電はずっと事故の原因は津波と言っていたけど、実際は地震だった。 だから、大飯原発にも万全の地震対策が取られていな…

続きを読む

2012年7月16日 代々木にて

7月16日に大きなイベントがあることは前月から知っていた。なので、あらかじめ休みを取っておくことができた。 16日の少し前からタイムラインを眺めていたけど、「脱原発10万人集会」に関してさほど煽り系のツイートはなくて、凪いだ海のように落ち着いていたように思う。 けどわたしには、16日は相当な人が集まるな、という予感があった。 というのも、インターネットをまったくやらない職場の同僚すらこの集会のことを知っていたからだ。彼女はラジオで聞いたらしくて、「16日に、やるんですって、あたしも行こうかと思うの」と言っていたのだ。 それで思わず驚いたわたしは「えーー行くの? わたしも行くんだよ」と答え、ついでに今までも3回くらいデモに行っていることや、その時の様子を教えた。 すると彼女は「すごいのねー 日比野さんって」と、しきりに感心してくれたので、やや照れなくもなかった。 そんなで当日、地下鉄原宿駅の構内から地上に出るとき、「この上には何があるんだろう」と期待のあまり、背中がゾクゾクした。(構内に向けてピューピューとひんやりした風が吹き付けていたので、そのせいかも…) リンク集:当日の様子。おもに映像 さようなら原発10万人集会!人・人・人の デモ画像集! - NAVER まとめ 脱原発集会:「17万人」参加、最大規模に 代々木公園- 毎日jp(毎日新聞) さようなら原発10万人集会 7/16 特設エントリー:リアルタイム情報…

続きを読む

【日記】あれから。それから。これから

先日イーガンの『宇宙消失』の感想を書いた中で、またまた極私的な、情けない日常の断片を綴った。 綴ったのは実際モンダイ頭の中がソレで一杯で胸の中も一杯で、とにかくイッパイイッパイだったためだ。 で、今回はその後日談を書く。 その例の、ゴミ出しルールがなっていないと、回覧板に意見を書いてくれた人は、実際に会ってみると別に怪物でもモンスターでもなく、ごく普通の女の人だった。集金の名目で呼び鈴ならして出てきたもらったので、あまり長話しはしなかったけど、現在のゴミ出しの様子をどう思っているか聞いてみると、何も不満もないし、とても良くなっていると笑顔で話していた。 なんかー安堵。 と思ったら、他の人の方がよほどビクついていて、特にゴミ出しルールの守れていない点として指摘された<「リポビタンD」の空き瓶をフタしたまま捨てる> この行為をやっているだろう人が、わざわざ夫婦で出てきて、わたしに対して戦闘態勢だったのは、あとで考えれば笑い話だけど、こっちは別に犯人捜しをしている刑事ってわけじゃないし、そもそもゴミ出しルールにウルサイ人間でもないのだから、単に集金に来たわたしにそういう態度、ホントやめてね、だった。 本気で疲れる… そんなで、一度の集金で全世帯をまわれず、その日だけでグターーーっとした。 とはいえ、残った世帯は割とラクな人たちだったので(話しをしたことのある人が多かった)、1週間後に気を取り直してもう一度集金にまわり、ほぼ全世帯から500円を徴収した…

続きを読む

【見解】坂本龍一「たかが電気」は、「たかが命」へのせいいっぱいのレジスタンス

わたしも前回様子をレポートした「さようなら原発10万人集会」。 集会のとき、10万人以上を前にスピーチした一番バッターが坂本さんだった。 わたしはやや遅れて代々木公園に到着したため、ステージ前の会場には入れなかったけれど、性能のいいスピーカーが公園内に設置されていたので、スピーチの声はよく聞こえた。 ただ、その場の高揚感と、にぎやかに並んだ出店があまりにも食欲をそそったため、あんまよく聞いてなくて、その後みんなの酒の肴にされる「たかが電気」発言も耳に入ってなかった。それに坂本さんの話しはとても短くて、あっという間に終わっていた。 坂本さんの次は確か大江さんで、大江さんは言葉をナリワイにしているのだから当然だろうけど、伝えるべき内容がちゃんとまとまっていた。その次は落合さんで、落合さんは昔レモンちゃんの愛称で「セイヤング」つう深夜放送をやっていて、わたしが人生で最初に聞いた深夜放送がレモンちゃんの最終回で、その時ラジオの深夜放送ってメチャ面白いワと目覚めたのだった。落合さんの話は、あの最終回の続きを聞いているようで、とても感慨深かった。 さっき東京新聞で読んだけど、政府事故調の最終報告が23日に出たそうだ。政府事故調でも、SPEEDIがどうして機能しなかったかは、解明されなかった。 政府事故調は国会事故調と違って事故の直接原因を津波としたそうだ。ただし最終的に残る疑問の数々は地震が原因ではないかと、示唆している。 大飯原発再稼働を宣言した時の野田首相といい、事故原因…

続きを読む