【現代社会】前が見えない

先月は二回しか更新できなかった。日々接する情報がどんどん細かく、重層的に、スピーディーにミスト状になっていくので、まるで濃い霧に包まれている気持ちになる。前が見えない。 いっそ政治やジャーナリズムの事など関係なく、他のテーマを取り上げることにしようかと思い、使えるカテゴリがあるかと見直してみた。 すると、自分が設定したとはいえカテゴリは41種類もあった。これでは収拾がつかない。ガンバって昨夜24種類までに減らした。 とはいえ前が見えないことに変わりはない。 宮台真司さんという方が「原発をなくす有効な方法――落選運動と不買運動」の中で実に腹立たしいことを書いているので簡単に触れたい。 氏曰く:その意味で〈原発をやめる〉ことより〈原発をやめられない社会をやめる〉ことが大切です。そうした立場から見ると、デモは残念ながら〈原発をやめる〉ことに関わるだけです。その意味で、現実に〈原発をやめる〉ことにどれだけ資するのかがポイントになります。 まず、国会議員や霞が関官僚、電力経営陣や電力労組などの連中にとって、こういうデモは痛くもかゆくもありません。官僚は政治家に弱く、政治家は有権者に弱く、有権者は官僚に弱い関係にありますが、国民が直接運動で働きかけられるのは、政治家と経営陣です。 前々から、インテリの人って奇妙な事を言うなあと思っているのだけど、デモに参加した人って(というか、参加しない人でも)、「原発がなければそれであとはどうでもいい」と思っているわけじゃないでしょう。…

続きを読む

作戦について

そういう事で昨日は、原発をやめさせるための、というか、原発をやめられない社会をやめるための、だったかもしれないが、兎にも角にも「不買運動」と「落選運動」という戦略について触れた。もちろん当方、M台先生が憎いわけでもなんでもない。ちょっと言わないと気がすまなかっただけである。 この他にも、作戦に関した話題を二つ、みつけたので報告する。 【1】「広がる東電『一時不払い』埼玉の大畑さんら活動」 6月2日東京新聞23面の記事だ。電気がなくては生活できない、その電気の供給元は独占企業で1社しかない、という生殺与奪権を握られた状況の中、ノーの意思表示をどう伝えるか。大畑さんの答えは、ちょっと変わった「不払い」だ。 最初この記事を読んだ時、我が家が貧乏で電気代払えなかった時のことを思い出した。 東電は、わずか一、二ヶ月の滞納も許さずに、すぐに電気を止める。そうやって止められた時の悪夢の記憶が蘇り、自分にこれは出来ないと思って、ひるんだ。 が、よく調べると、そんなにツライものではないようだ。 1:「口座振替」をやめ「振込用紙払い」にする。 電気の領収書に書いてある番号に電話すれば、すぐに変更できる。 (約52円の「口座振替割引」が無くなるが、ここは思い切って契約アンペアを下げて基本料金を下げる) 2:支払用紙が届いたら郵便局ATMに行き、「金額の確認」の画面で「訂正」ボタンを押し、自分で決めた金額(大畑さんは請求額より1円少ない額)を払う。1円でも支払えば、滞納料金(…

続きを読む

【政治家】大飯原発、他

■大阪市 環境局 【報道発表資料】大阪府市エネルギー戦略会議は原発再稼働に関する緊急声明を発表しました (そのpdf) これ↑↑、野田内閣総理大臣記者会見の、当該キーワード(「生活の安心」「日常の暮らしを守る」「豊かで人間らしい」「国民生活」「福島」「安全」etc)を意味も考えず切り貼りし野田さんの排泄物でくっつけて練り上げたみたいなキモイ演説を見て頭が変になりかけていたこちらには、メシアに映った。 メシアというか本当に最低限の基本的なごくまっとうな事を言っているだけのことで、このラインにいかないってどういう事なんだ。演説で首相は「国民生活を守ることの第1の意味は、次代を担う子どもたちのためにも、福島のような事故は決して起こさないということであります」などと言っていた。←テキストで読んだだけより、動画でその声、その顔、そのニュアンスを感じ取ると、ホントに絶望的な気分になる。「福島のような事故」が起きてしまった地域を切り捨てているのがよく分かる。 ちなみにこの会見、“運転再開の必要性” 首相会見へ NHKニュース によれば、福井県の西川知事は今月4日、細野原発事故担当大臣らと会談した際、「総理が国民にしっかり訴えることが国民の安心につながる」と述べ、運転再開への同意の条件として、野田総理大臣が直接、国民に向かって運転再開の必要性を訴えることを求めた結果、野田氏が答えたものだという。いわば、何が起きても自分のせいじゃない、国の意志なのだ、というあらかじめの免罪符は取っておきたかっ…

続きを読む