「事故収束」首相が宣言。

16日、わたしのタイムライン上に「野田首相が冷温停止宣言を明日おこなう」みたいなツイートが入り出した。 え〝そんなに簡単なことだっけ??と目が点になっていると、案の定、首相も細野豪志も口から出任せを言っているのが判明した。 とはいえわたしも「冷温停止」とは何か、あるいはどういう状態になったら「収束」と言えるのか、あらためてナゾに思ったので、この記事でそこらへんを追求していきたい。 参考にした資料 ☆1:Former Fukushima Plant Worker - Press Conference (with translator) ☆2:福島原発事故の政府対応に関する緊急記者会見 主催:自由報道協会 ☆3:NHK「冷温停止宣言」野田首相記者会見中継を打ち切られた部分 どれもありがたい事にツイッターで知ったものばかりである。 その他には、☆4:17日東京新聞 の二面は、原発で実際に作業する人の声として収束宣言への疑問を投げかけていたし、一面においても、 「事故収束」首相が宣言 と、事故収束という言葉にかぎかっこを付け、その横にも「冷温停止状態」とかぎかっこを付ける事で、「われわれの考えってわけじゃないですよ!!」とアピールしていたが、そんな細かな芸に注意をはらっているヒマはないので、東京新聞の方はわたしのソースとしてはどけておく。 ☆1のYoutube ジャーナリスト鈴木智彦氏が今年の夏に福島第一原発の作業現場に潜入し、中の現実を報告する内容。 氏は『ヤ…

続きを読む