2011年09月08日

「北朝鮮収容所から家族を救いたい」。収容所に2万人

ひどく胸いたむ、呉さんの話し、知った。
少しでも広めたい

朝日ニュースター「ニュースの深層」。7日のテーマ

9/7(水)北朝鮮収容所から家族を救いたい

ゲスト:呉吉男(脱北者・経済学者)
    宋允復(「NO FENCE」事務局長)
司 会:土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター)

1986年、北朝鮮工作員により、北朝鮮に入国し、
1992年に脱北した呉吉男(オ・ギルナム)氏が
初めてメディアに登場します。
呉氏の数奇な人生と、
北朝鮮の収容所に入れられてしまった
家族への思いを聞きます。

今日のゲスト呉吉男氏は、本来は韓国人。奥さんもそう。
若き日の両者はドイツにて知り合い結婚、ふたりの娘をもうけた。
そこまでは良かったが、ドイツでの呉吉男氏は経済学を学んだものの経済的に困窮していた。さらに交通事故にあってその治療費もままならなかった。そんな時、北朝鮮人の工作員に出会い、北朝鮮に行けば職を優遇する、などもちかけられた。呉吉男氏はまんまと騙されその気になっていった。妻は北朝鮮に行くことは大反対であったが、結局は夫の説得に負けた。
家族で北朝鮮に渡った後もいろいろあったのであるが、夫妻は北朝鮮の思い通りに動かなかったため、申さん(奥さん)と2人の娘は1987年末、政治犯収容所「燿徳(ヨドク)収容所」に収監された。

以来、家族を取り戻すためのいかなる働きかけにも北朝鮮は応じないため、現在もまだ収容所の中にいる。

北朝鮮は同様に政治犯を2万人収容しているという。
朝の5時起床、6時から21時まで強制労働に従事させているという。
もちろん、栄養状態は劣悪だ。

最後に、呉吉男氏は言う。

北朝鮮の収容所のことは、その存在を確かに証明するような証拠がなかなかにないために、「ない」ことにされているという。

ないのではなく、「ある」のだと知ってもらいたい。

収容所に入れられた「あわれな母子」のことも、知ってもらいたい。

参照リンク
  1. 北朝鮮収容所に残された呉吉男氏の妻娘、出身地統営で救出呼びかける展示会
  2.  呉吉男氏、東京で証言 ヨドックに沈んだ妻と娘(3)
  3. 映画『クロッシング』
posted by sukima at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際、海外 | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

遠い山なみの光 / カズオ・イシグロ

(展開を明かしているのでこれから読む人は読まないでください!)


水曜日、A駅に行った折り、本屋どりーむずで買った一冊。


続きを読む
posted by sukima at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

なんて手軽に日本の警察は、冤罪事件をつくってしまうんだろう?「ゴビンタさん事件 東電OL殺人事件」他

■冤罪0 原田信助さんの事件、目撃者を探し中
■冤罪1 ゴビンタさん事件 東電OL殺人事件

うちのブログの横に貼り付けている「 原田信助の受けた暴行被害について、十分な捜査を実施し,犯人を起訴することを求める署名 」だけど、

久しぶりに 原田さん(原田信助さんの母)のサイト を見に行った。( @harada1210

9月11日付けで更新されていた。
原田さんが今も目撃者を探し続けている事は変わりなく、そういう意味の進展は残念だが少ないようだった。

けれど、横方向へ向けての広がりはたくさんあって、「日本には数え切れないほどの冤罪事件があり、犯人ではないことを証明するために人生の多くを費やさなければいけないことを知った」とのこと。

わたしは、まさかそんなに冤罪事件が多いなど深く考えたこともなかった。
【ゴビンタさん事件 東電OL殺人事件】という事件もわたしは知らなかった。( 無実のゴビンタさんを支える会

調べるとこの事件はセンセーショナルなトピックをいくつも抱え、いかにもマスコミの好物そうだが、どうだったんだろう?  こちら を見ると案の定そうみたいだ。

これほど騒ぎになりそうな事件を知らないのは、ひょっとして自分って度を超えた筋金入りのマスコミ嫌いなのかも…
むろんマスコミのバカ騒ぎなど知らないで良い。しかしそれが冤罪となれば別だ。


事件は1997年に起きていて、その年にネパール人の男性がきわめて冤罪の可能性高く、逮捕や起訴をされている。
<遺体発見現場の101号室からは、13本の体毛が採取、しかし何故か4本だけが証拠として提出>されたり、検察が依頼した鑑定(押尾鑑定)が検察の意向に不自然に沿った結論を出していたりとか、恣意的なことばかり。

そんないい加減な捜査と判定で、その男性、ゴビンダさんは以来一度も世間に出てこれていない。
つまり、14年間も!!

14年間もの人生を奪うとはどういうことなのか?

しかも、今年の8月にはDNA鑑定によって、無罪を確定できる結果が出たようなのだ。
それなら一刻も早く刑務所から出したらいいではないか。

検察だか警察だか、それとも裁判所だか、たぶん全部まとめてなんだろうけど、どうしてそんなにいい加減で非人道的なことをやっているのか?


■冤罪2

【チカン冤罪】 市民運動家はこうして逮捕された~実名報道・前編 (田中龍作ジャーナル)

市民運動家が罠にはまって痴漢にされた、らしい。

冤罪の痴漢、冤罪のセクハラは、男性に大きなダメージを与える。
(うちのナースマンなんか、セクハラ扱いされるの怖さに、実にたくさんの仕事に近寄らない。
神経過敏症なんじゃないかと思うくらい)

まだ「前編」なので、冤罪作りの犯人が誰とも言えないが、やはり「公安警察」とかなのだろうか?



■不当逮捕

2011-09-11 原発やめろ!デモ@新宿 不当逮捕の数々  動画多数

冤罪というのとも違うが、不当逮捕。

聞けば、警察の天下り先として東電もあるらしい。いったい何をするのか知らないが。

古賀茂明氏の『官僚の責任』によれば、東電へ天下った経産省の官僚は、特に仕事が何もないため、「『どんな仕事をしているんですか?』と聞かれるのが一番困るんだよなあ」などと、のほほんと言うそうだ。


■黒木昭雄氏のこと

警察の不正が許せず、抗議のようにして亡くなった黒木氏のことは、わたしも約一年前に書いているのだが、だんだん黒木氏のやるかたない怒りが少し分かるようになってきた。

posted by sukima at 01:56 | TrackBack(0) | 警/検察・官僚 | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

デモプラカード、試作で奮闘

わたしの場合、脱原発デモに2回参加した。
どちらもただ歩いているだけだったので(それだけでもぜんぜんOK!!)、次回からは「プラカード」を持って歩こうと思った。

で、作ってみた。

最初に作ったやつ↓


demosono1.jpg


いざ、白い紙に向かって絵筆を握ると、意外にも何を表現しようかまとまらなくて焦った。
「脱原発」の三文字も間違いないのだけど、もっと自分なりに言おうとすると、頭の中にいろいろな思念が渦巻き少ない字数にまとまらないのだ。

そのため、青い背景を下地に、海や空や風がもはや安らぎをもたらすものではなくなった事を恨む内容を書いてみたのだ。

…のだけど、どうも「透明アクリル絵の具」を使ってしまったため、黒い文字が薄い。
一方、白は不透明絵の具(詳しくいうとアクリル絵の具の「チタニウムホワイト」)だったため、薄くならずに「かえせー」と書けた。
どっちにしろ、背景の青が生きていないのでイヤになってボツ。


途方に暮れたわたしはネットで検索し、デモの写真をあらためて見た。するととあるご婦人が、単刀直入に「原発やめろ」と習字に書いて手に持っていた。
これには啓示を受けた。

肝心なのは見てくれではない。「念!」なのだと。

そう、「念」を込める大切さに気付いた。
「念」「思い」「執念」
よしやったろうと思い、わたしも、墨汁はなかったので絵の具で書いてみた。



demosono1.jpg



単刀直入だ。しかし絵筆で字を書くのにおそろしく不慣れだったため、手がもたついて、念どころではなかった。
これでも悪くはないが、自分的には「念!」がこもっていないため、ボツ。

もう仕方がない、
脱原発ポスター のサイトがあったことを思い出した。
フリーで使わせてくれるのだ。
なかなかの傑作が多い。
この中で使えそうなものをコピーして、それをプラカードにすればいいではないか!!
何も意固地になって自分の文字にこだわる必要はない。餅は餅屋。
視覚表現の得意な人がやってくれたものを拝借すればよいのである。
ということで・・・


demosono3.jpg


数ある「脱原発トピック」の中で、とくに電力自由化および電力会社改革系にまとをしぼったもの。
独占企業体である限り、また同じことが起きる。
それでなくても事故後に関わらず多額の退職金を受け取ったり、電気料金をあつかましくも値上げしたりと腹の立つことが多い東電だ。
そりゃあ、近所の電信柱に上って工事してくれてる人まで悪く言うつもりはないけど、だからってダメなものはダメ。


そしてもう一個


demosono4.jpg



「NO! NUKES」は英語であるから、海外の人にもダイレクトに伝わる。
国際的な理解、支援、共感の輪をひろげる、という意味で英語は非常によい。
この図案も上記ポスターサイトからDLし、一部分を切り取って大きくプリントした。
ちなみに、「インク節約モード」でプリントし、上から絵の具を塗っている。うんと念を込めながら。

空白部には手塚治虫文字で「さよならげんぱつくん」と書いた。
ちょっとほのぼの系の言葉を入れると、「脱原発デモぎらい」な人にも若干アピールするかもしれない。
第一、怒り一色だとわたしの場合長続きしない可能性がある。
道のりは、長い。

残念なのは、大きさがA4サイズと小さいことだ。
もっと大きいものを作れたら良いのだけど・・・


demosono5.jpg


手に持ち続けていると疲れそうなので頭に付ける方式にしてみた。


■プラカードや風船、のぼり、横断幕など

デモ行進・街宣傑作プラカード集

ドイツで行われた反原発デモのプラカードがヤバイ(画像)

東電本社前でデモ  プラカードにハングルなども散見

脱原発デモ・プラカード図案集 - Togetter

などなど多数ありますよ☆
posted by sukima at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電所 | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ある朝の記

keyword 二度寝 遅刻 トースト続きを読む
posted by sukima at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ある夕の記

keyword 絵 雲 台風 続きを読む
posted by sukima at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

続:小沢イチローは「悪党」なのか「キャラクターアサシネーション」の犠牲者なのか、それとも他の何かなのか

2011/09/26 小沢秘書三名に、有罪判決がくだった。
わたしはこの「有罪判決がくだった」に、「不当な」の三文字を付け加えたい。
どうして付け加えたいのか、その理由をいくつのかのサイトを参照しながら説明しよう。

続きを読む
posted by sukima at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。