「北朝鮮収容所から家族を救いたい」。収容所に2万人

ひどく胸いたむ、呉さんの話し、知った。 少しでも広めたい 朝日ニュースター「ニュースの深層」。7日のテーマ 9/7(水)北朝鮮収容所から家族を救いたい ゲスト:呉吉男(脱北者・経済学者)     宋允復(「NO FENCE」事務局長) 司 会:土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター) 1986年、北朝鮮工作員により、北朝鮮に入国し、 1992年に脱北した呉吉男(オ・ギルナム)氏が 初めてメディアに登場します。 呉氏の数奇な人生と、 北朝鮮の収容所に入れられてしまった 家族への思いを聞きます。 今日のゲスト呉吉男氏は、本来は韓国人。奥さんもそう。 若き日の両者はドイツにて知り合い結婚、ふたりの娘をもうけた。 そこまでは良かったが、ドイツでの呉吉男氏は経済学を学んだものの経済的に困窮していた。さらに交通事故にあってその治療費もままならなかった。そんな時、北朝鮮人の工作員に出会い、北朝鮮に行けば職を優遇する、などもちかけられた。呉吉男氏はまんまと騙されその気になっていった。妻は北朝鮮に行くことは大反対であったが、結局は夫の説得に負けた。 家族で北朝鮮に渡った後もいろいろあったのであるが、夫妻は北朝鮮の思い通りに動かなかったため、申さん(奥さん)と2人の娘は1987年末、政治犯収容所「燿徳(ヨドク)収容所」に収監された。 以来、家族を取り戻すためのいかなる働きかけにも北朝鮮は応じないため、現在もまだ収容所の中にいる。 北朝…

続きを読む

なんて手軽に日本の警察は、冤罪事件をつくってしまうんだろう?「ゴビンタさん事件 東電OL殺人事件」他

■冤罪0 原田信助さんの事件、目撃者を探し中 ■冤罪1 ゴビンタさん事件 東電OL殺人事件 うちのブログの横に貼り付けている「 原田信助の受けた暴行被害について、十分な捜査を実施し,犯人を起訴することを求める署名 」だけど、 久しぶりに 原田さん(原田信助さんの母)のサイト を見に行った。( @harada1210 ) 9月11日付けで更新されていた。 原田さんが今も目撃者を探し続けている事は変わりなく、そういう意味の進展は残念だが少ないようだった。 けれど、横方向へ向けての広がりはたくさんあって、「日本には数え切れないほどの冤罪事件があり、犯人ではないことを証明するために人生の多くを費やさなければいけないことを知った」とのこと。 わたしは、まさかそんなに冤罪事件が多いなど深く考えたこともなかった。 【ゴビンタさん事件 東電OL殺人事件】という事件もわたしは知らなかった。( 無実のゴビンタさんを支える会 ) 調べるとこの事件はセンセーショナルなトピックをいくつも抱え、いかにもマスコミの好物そうだが、どうだったんだろう?  こちら を見ると案の定そうみたいだ。 これほど騒ぎになりそうな事件を知らないのは、ひょっとして自分って度を超えた筋金入りのマスコミ嫌いなのかも… むろんマスコミのバカ騒ぎなど知らないで良い。しかしそれが冤罪となれば別だ。 事件は1997年に起きていて、その年にネパール人の男性がきわめて冤罪の可能性高く、逮捕や起訴をされて…

続きを読む

デモプラカード、試作で奮闘

わたしの場合、脱原発デモに2回参加した。 どちらもただ歩いているだけだったので(それだけでもぜんぜんOK!!)、次回からは「プラカード」を持って歩こうと思った。 で、作ってみた。 最初に作ったやつ↓ いざ、白い紙に向かって絵筆を握ると、意外にも何を表現しようかまとまらなくて焦った。 「脱原発」の三文字も間違いないのだけど、もっと自分なりに言おうとすると、頭の中にいろいろな思念が渦巻き少ない字数にまとまらないのだ。 そのため、青い背景を下地に、海や空や風がもはや安らぎをもたらすものではなくなった事を恨む内容を書いてみたのだ。 …のだけど、どうも「透明アクリル絵の具」を使ってしまったため、黒い文字が薄い。 一方、白は不透明絵の具(詳しくいうとアクリル絵の具の「チタニウムホワイト」)だったため、薄くならずに「かえせー」と書けた。 どっちにしろ、背景の青が生きていないのでイヤになってボツ。 途方に暮れたわたしはネットで検索し、デモの写真をあらためて見た。するととあるご婦人が、単刀直入に「原発やめろ」と習字に書いて手に持っていた。 これには啓示を受けた。 肝心なのは見てくれではない。「念!」なのだと。 そう、「念」を込める大切さに気付いた。 「念」「思い」「執念」 よしやったろうと思い、わたしも、墨汁はなかったので絵の具で書いてみた。 単刀直入だ。しかし絵筆で字を書くのにおそろしく不慣れだったため…

続きを読む