小沢イチローは「悪党」なのか「キャラクターアサシネーション」の犠牲者なのか、それとも他の何かなのか

☆ 小沢一郎×カレル・ヴァン・ウォルフレン公開討論会&記者会見 主催:自由報道協会 ☆ 7・31小沢一郎氏の 名誉回復と復権を求める 街頭行動、浅草大行進デモの写真レポート by SOBA(汗) ☆ 石川知裕氏と佐藤優氏が緊急対談「平成の『悪党』はこう作られた - マスメディアと東京地検特捜部」 (BLOGOS) ☆ 悪党―小沢一郎に仕えて 石川知裕 (著) (amazon) ☆ 次の衆議院選挙が行われるとしたらいつになりますか (yahoo知恵袋) ■まえふり つい先日、職場の昼休みにしゃべっていたらしゃべるネタがつきてしまって、だんだんと政治の話になった。 すると、20代後半の男の看護師Bが「政治家も官僚もあいつらゴミ!! ぜんぶ爆破するしかないっっすよっ!!」と、口調激しく永田町と霞ヶ関を罵倒しはじめた。一同の中で、これに反論を試みた者はいなかった。 その翌日の夜もBと一緒になったので、仕事の暇な時に政治と社会についてしゃべっていると小沢一郎の話になり、今度は50代の女性D代が「あたし、おざわいちろーーーっだいいっきらいっ。いつもふんぞり返って。あの態度と顔が見るのもいやっ!! 一番きらいっ!!」と言い出した。わたしはその剣幕に驚き、返事もできなかった。 今なら、「そのイメージってマスコミによって作られたものかもしれないですよー?」くらいは言えたと思うが、その時は思いつかなかった。もっともBが「強いリーダーシップないと政治は変わらないっすよ…

続きを読む

コクリコ坂から

「民主主義」という言葉がある。わたしもよく使うが、使っていてこんなに不安になる言葉も珍しい。というか、他の不安になる言葉なら使わずに避けて通ればすむところ、民主主義に関しては、自分の言いたいことや感じていることを表現するために、使わないでいられないのだ。 何が不安にさせるのかというと、まず自分の語法(民主主義観)が合っているのかどうか不安。 次に、民主主義について他の人がどう思っているのか、はなはだしく不確か。 次に、民主主義というものは、よその国の民族衣装を着るみたいに日本人になじまないのじゃないかという、不安。 内実このレベルで民主主義民主主義とブログに書いている(検索したら7つの記事で使っていた)のだから、我ながらびっくりだが、よくわからないながらも重要な気のする「民主主義」だからこそ、テーマになってしまう。(直近では、前回の「小沢さん」で使っている) しかし、民主主義が光に照らされる輝く言葉であるとは決まっていない。 特に、民主主義が表す最大の要素は「多数決」である。 多数決であるから、そこには少数者が必ずいる。 少数者は多数者にくみしなかった者であり、多数派が形成する世の中からはみ出した者だ。 それゆえにこそ、才能ある者(基本的に少数者)である作家や画家や芸術家などに、どちらかというと批判(や揶揄)されてきた。いや、場合によっては激しく憎まれていたかもしれない。 その影響なのか、民主主義に、わたしは子どもの頃からあまり良いイメージは持っていなかった…

続きを読む

人間は放射線を浴びてはいけない生き物なのです / マル激トーク・オン・ディマンド --ビデオニュース・ドットコム-…

■まえふり 原発の事故以降、放射線の恐怖についてよくなされたのは、「正しく怖がりなさい」とか「怖がりすぎず、怖がらなさすぎず」(にいなさい)など、「そんな器用なことができるかっ」という無茶な相談だった。 人のツイッター見てたら「むしろ人間の正しい怖がり方を教えて下さい」というのがあって可笑しかった。 今でこそそんなことはなくなったが、わたしも大昔は、男性という男性全部が強姦魔に見えて怖くてならなかったし、最近ではピンポンならす訪問者がみんな新聞の強引な勧誘員に見えて怖い。もっともこれは50%の確率で当たってたりする。 しかし、「正しく怖がる」という器用な心理状態を、事故後の今は保っていなくてはならない。 というか実は、事故が起きる前から、「原発」というものが存在する以上は保っているべきだったのだ。 ところが、 念のいった「安全神話」 のせいでその機会は失われた。 だからといって安全神話がなかったなら、みんな正しい怖がり方をキープしながら生活し得ただろうか? わたしは、無理だったと思う。 想像するに、原発近くのある人はキープできず放射能恐怖症に陥り毎日ビクビクしたあげくに不眠症や胃潰瘍。ある人は我慢ならず「原発反対」という市民運動を立ち上げただろう。おとなしく正しく怖がっているだけなんて、人の暮らしじゃないと思う。 ■ここから本文 以下、文字起こしではなく(文字起こしは非常に神経を使う作業なのでたまにしかできないのです)わたしの直感的理解と感想が大半なので、…

続きを読む

一日中お金の事を考え、あいまに共産党の「原発ゼロ」パンフを眺め、その後、月々配当があるっていいなと思ったり

もくじ 25日という日 デスクトップPC購入!! iPhoneがある。iPhoneのアプリが 早くから指摘していた共産党の吉井氏のこと。もしくは若きジャーナリスト ファンドの世界、ファンドの価値観 もしくは日本経済新聞がやったことについて私が知っている二、三の事柄 ざ・まとめ

続きを読む

卵も牛乳もバターも使わないお菓子

卵も牛乳もバターも使わないお菓子 本屋で、 ヨーガン レール ババグーリのお菓子 (1,365円)をみつけた。 1,365円というお値段は高かったけれど、「卵も牛乳もバターも使わない」とのことなので、セシウム回避のために買ってみた。 (といっても発行時期から推して、放射能のことは関係ない出版物)

続きを読む

最近みた、原発関係の動画三本

☆1: ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕) ☆2:8/28 ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 3」 ☆3: 第5回目調査 福島第一原子力発電所から飛散している、放射性物質と放射線量の実態調査を行うために結成した放射線調査チームが、2011年8月6日、17日、18日、19日に行った、第5回目調査報告です。 - 2011-08-30 ページ中の動画は、「グリーンピースインターナショナル放射線アドバイザー ヤン・ヴァンダ・プッタ氏のお話し」 NHKの「ネットワークでつくる放射能汚染地図3」を見た。 赤ちゃんのいる家庭の室内の線量1.2マイクロシーベルト/h が屋根の除洗で0.6まで減った。 科学者木村氏は、この事が示す意味をていねいに優しく、赤ちゃんの家族に説明していた。まかり間違っても、何年後に何病になるだの、DNAの二重らせんを切断してなどと、そんな恐ろしい話しはしなかった。絶望させるような恐ろしい話をしないのは当然といえば当然だし、実際、ここに何年も住み続けるのでない限り、大きな被害はないと思う。(…よく分からないが。いざとなると確信がもてない) 法定1ミリシーベルト年間は超えてしまうのは確かだけど、しょせん法律の問題にすぎない、というスタンスを取るのも、赤ちゃんとその家族のためならいいかもしれない。また、番組は、「いづれこの場を去った方がいいのかなぁ」という選択を選びつつある家族の気持ちも映し出していた。 …

続きを読む