2011年のジャーナリズムを後世に伝えるために。その3か4

2011年のジャーナリズムを後世に伝えるために。その3か4 フリージャーナリストの上杉隆がとうとう、矢折れ刃尽き前のめりにどぶ川に倒れたようだ。記者クラブのゲロと脱糞まみれのさぞや臭いどぶ川だろうと、気の毒でならない。 氏のオフィシャルページには、今年いっぱいをもって無期限休止を決意するにいたった経緯が綴られている。 わたしもせめて一言礼を述べようと、氏のコメント欄を見た。 そこでは多くの人が無期限休止に泣いていたし、途方に暮れていた。 思えば11日の震災の、被害を受けた地域の大きさ、亡くなった人々の多さ、生き残った人々の喪失感と悲嘆の大きさ。その衝撃が大きすぎたところへ、追い打ちをかけた原発事故。単なる事故ではなく、政府の言動からはワレワレを助けようという意志がまったく感じられなかった。詳細に記者会見を見ていたわけではないから全部の発言や行動を知っているわけではないが、「見殺し」という言葉が浮かんだ。見殺しは見殺しでもジワジワした見殺しだ。ある学問系筋は、放射線の影響で癌になるとしても、もともと日本人の50%は癌になるからそれが51%になるだけと、慰めているつもりなのか恐ろしいことを平気で発信していた。50%というのは100歳まで生きての50%なのか? もともと自分の体のことだけならさしてジタバタする気もない。年若い自分の家族が30年後に癌だったらその時まだ40代じゃないか。もっと若い子ならもっと早くだ。どうしてくれるんだよ。そのときは癌治療が発達しているからいいとかそういう理…

続きを読む

反原発デモ。高円寺にて

Sunday, April 10, 2011 Anti-nuclear demonstration at Kouenji, Suginami, Tokyo, JAPAN. 2011年4月10日日曜日 このデモのことを知ったのは、前々日くらいだったと思う。 7日の23時半頃に大きな余震が来て、飛び起きた。 少し後になってツイッターを見たらまたまた飛び起きた。宮城県沖が震源地であるその余震によって、宮城県の女川原発、さらに青森県の東通(ひがしどおり)原発と六ヶ所再処理所で電源が落ちて、非常用の電源に切り替わったという。この場合非常用のが機能したからいいが、福島第一のように機能しなかったら、同じになるところだった。もし、そうなったら? 背筋が凍り付くなんていう言い回しじゃとても追いつかない。 「デモ」というと、どうしても全共闘時代の人々がやっていたやつを想像し、見通し明るい気分になれないのだが、そんな事は言っていられない。何より胸がざわついてジッとしていられず、救いの神とばかりデモに行くことにした。 おりしもその前日の夜、NHKはこの一ヶ月を振り返るとして二部構成の特番を組んでいた。 二部目は、津波被害に合った地域の避難所生活にスポットを当てたもので、一部目は、原発関係だった。 一部目には識者がふたり出てきて、ひとりは元原子力安全委員会の長だった人。もう一人は福島の医師だった。 どちらの話も、結局何も言っていない迂回と遠回りと婉曲だけの、しかし全面に優しさと気遣い…

続きを読む

高円寺。反原発デモ。動画編

下の記事の続き・補足です。 (注意:当方動画撮影およびYouTube投稿初体験なので、かなり下手で見にくいです) 何気ないショットですが、雰囲気伝わるかなと思います。 原発イラナイコール。 歩き始めてからゴールまで2時間弱。これはその最後近く。 「今駅前をスタートしたグループがいる」との主催者側の発表に、わきたつ皆さん。 わたしがいた「だいいちていだん」(警察用語らしい)を先導する形になっている、警察官の呼びかけ。 列が「間延び」しているのでもっと前に詰めろ、と。 比較的まだ、穏やかに呼びかけている段階で撮影。この後どんどん青筋たってきた。 何を言っているかというと、「デモ行進だいいちていだんの君たちに杉並警察署長より重ねて指導する。君たちのデモ行進は申請時の参加人員よりも遙かに多くのデモ参加者が参加している。君たちのあとからも大勢のデモ参加者が続いている。解散地に着いた諸君から速やかに流れ解散をしなさい」とのこと。 わたしのいたところが「だいいちていだん」とすると、全部で7か8か9の「ていだん」があった。 これは夕方なので、5くらいかな。 最後から3番目くらい、すっかり夜になってからの「ていだん」。 ちなみにこのデモ、終了時刻は18:58頃。 「原発とか放射能なんて作っているやつ間違っている!!」というの同感。 力強く同感というよりも、それ以外に言葉がみつからなくて同感、というか。 …

続きを読む

「つなぐ光」への寄付と、わたしの放射線データ調べ

■「つなぐ光」への寄付を推奨します。 (以下、推奨理由を含む話) donationというカテゴリを今年から作ったものの、なかなか更新していなかった。その理由の第一は、自分がまだ寄付していないところをスイセンするのもどうかなと思ったからだ。 が、そんなことは言っていられない。 真に寄付すべきところには、思いついたら出来るだけ早く寄付しないと、資金不足で潰れてからでは遅いのだ。 と、いうことで、今いちばん寄付をスイセンしたい ☆☆☆原発からの避難者のうち、乳幼児を抱えた母子、もしくは子育て家庭が 沖縄へ避難することを仲介する「つなぐ光」☆☆☆ 子どもといえば、4月13日に政府は、「福島第1原発:子どもは年10ミリシーベルト目安」と、言い出したそうだ。 法律上、一般人の被曝限度は自然放射線からの被曝(日本の場合年間1.4ミリシーベルト)に上乗せ「年間1ミリシーベルト」であるから、子どもが対象なのに、好き勝手に変えてしまった。 いや、あるいはそれでも仕方がない、とヤムナク受け入れるとしても、今までの被曝量も計上しなくてはならないことは、武田ブログなどにしつこいくらいに書いてあることだ。 わたし自身、自分の被曝量を調べるために、あちこち調べたが、今もってよくわかっていない。 12日頃に「メルトダウン」(「爆発」という言葉の方がいいのかな)が起きたことは、政府は隠し通そうとしたけれど、今では嘘だったことがばれた。この時点で多くの放射能が漏れ出た。しかし、その量は…

続きを読む

4月17日日曜日。くもり

■311の影響で、他のことが止まっている 先ほど思いついて、長く放置していた記事一覧に最新の記事を付け足した。それであらためて気づいたのは、311以降は、震災と福島原発の事以外は何もアップしていないということで。311がなければ、たとえばNHKのドラマ『太郎の塔』で寺島忍演じる太郎の母が、太郎を溺愛したり突き放したりする様子が、美しくもアンモラルチックで見事だった事や、芸術のため子を千尋の谷へ突き落したはいいが激しい寂しさに慟哭するさまが、悲しくて美しかった事、などなどをアップするはずだった。 その回は第二回で、二回と三回の間に311が起きてしまった。 それに、『冷たい熱帯魚』の次の『恋の罪』はいつ公開されるのだろう。とっくに完成しているというのに。 震災&原発事故の影響で公開が延期されているのだろうか。情報によれば「セックス、生と死、家族などを通して壮絶なドラマを繰り広げる」とのことだ。311の影響がいくぶんか薄れ、平常を取り戻すまでは公開されないのだろうか? 生と死はともかく、恋とセックスは震災&原発事故ごときに影響されることなく存在し続けるはずなので、近いうちに公開してほしいなと思う。 --- ■内閣府原子力委員会・国民の皆様からのご意見募集 と言いつつ、やはり震災&原発事故関係になってしまうが、さっき見て思わず吹き出したのが、内閣府原子力委員会・国民の皆様からのご意見募集について(HP入力)だ。事故が起きる前や、原発建設以前の段階で募集するならともかく、放…

続きを読む

原発安全神話。神話だけ作って、ほんとうの安全はナイガシロ

■「原発安全神話」はいかにしてつくられたか? 今月号の『世界』(という雑誌)には、「『原発安全神話』はいかにしてつくられたか?」と題し、経済評論家の内橋克人という方の文章が載っているそうだ。 『世界』はまだ見ていないが、上記ブログの引用からだけでも、原発安全神話を築き上げるために費やされたお金、熱情、人材、方法論(「PA戦略(パブリック・アプセプタンス)」)が、いかに完全にまんまと、文化人やインテリや大学教授たちを嵌めてしまい、ひいては国民も嵌めてしまったかが、戦慄とともに理解できる。 で、その洗脳工作を、「誰が」やったのか、ということであるが、引用を見る限り 財団法人・日本原子力文化振興財団、社団法人・社会経済国民会議、その他、おびただしい数の組織や団体であり、同財団の企画委員会(委員長・田中靖政学習院大学教授・当時)などである。 こんだけ力を結集し、一つの目的のために全勢力を傾ければ、ここまでの事が出来てしまうという見本だ。が、それはとてつもなく不幸な結果を生み出した。 ■17日に東電の出した工程表 16日までの現状とともに、昨日東電が記者会見で「工程表」を出した。 批判も多いが、評価する人は先行きが見渡せるようになったという意味で評価している。 ・・・にしてもよく分らないのは、安全神話の洗脳工作をそこまで熱心にやるならやるで、その一方、本当に事故が起きない努力もすべきだろう。いったい何をやっていたのか? 東電の幹部たちは、この事故…

続きを読む

小沢一郎、ふたたびまたたび。

小沢一郎元民主党代表vsフツーの市民 ----「東日本大震災」と「福島原発大事故」、第三の建国に向け二つの国難にどのように立ち向かうか---- ネットメディアと主権在民を考える会という市民団体が企画し、現在10キロ20キロ圏のワンチャン猫ちゃん救出作戦展開中の山路氏が主催するAFPニュースが撮影協力した動画。 と、いうことで、おひさー★という感じの小沢一郎だ。 この動画、約40分くらい経過しないとご本人が出てこないので、それくらいから見るので大丈夫だと思う。といっても、ご本人風邪を引いているらしくて、大量の鼻汁をジュルジュルーーズゥズゥーとすすっておられるので、その音響には若干の覚悟必要 ということで難あり物件ではあるも、意外とスゴイこと言ってくれている動画ではあって。 そこらへんは後述するとして、印象深かった箇所を少しだけ文字起こししてみる。(厳密ではなく、意訳という感じで) 現状認識 OZAWA「(被害の大きさについて喋ったあと)原発ですね、これは、この先将来何十年という間、いのちと、日本経済全体に大きな影響がある。 ほんとうに深刻に考えなくちゃいけないと思っているんですね」 今の政府や官僚関係 OZAWA「今、委員会だ審議会だといっぱい作っているんだけど、むしろ役所にまかせっきりの時よりもゴチャゴチャしてしまった」 女性の質問者「津波の数日後には放射能がたくさん漏れたのに、毎日マスコミも安全安全と言い続けて、政府は、国民を…

続きを読む