沖縄--アメリカとの関係--ウィキリークス

前回続き 残念ながら当選したのは伊波氏ではなかった。 うちのリビングのつい立には、あの日の新聞がまだ飾ってある(写真)。 これを見ると、東京新聞の扱いの大きさも分かるってものだ。 それでも、伊波氏のツイッターにもある通り、対立候補仲井真氏に「県外移設」という公約を言わせたのだから大変な成果だし、仲井真氏にしてみたら、その一言を言わなければ当選できないと判断したからこそ、言ったのだろう。 ☆「写真で見る・知る沖縄」というブログのこの記事を見ると、細かな得票数なども分かる。普天間基地を擁する、伊波氏が市長をしていた宜野湾市では、やはり伊波氏が勝っている。一方「辺野古」のある名護市の場合は、仲井真氏が勝っている。とは言っても、有権者数-得票者数は16056票だから、伊波氏(13040票)、仲井真氏(15213票)にそれぞれ投票した人よりも、誰にも投票しなかった人の数の方が多い、ということだ。 何を思い投票を拒否したのだろうか。 ☆2010.12.14  官房長官「甘受」発言に反発 「差別変わっていない」と県民ら  「レイプされても甘受しておけ」、と言っているような気持ちの悪い不愉快さマックスの言葉の最悪の使用法。イヤだイヤだこんなやつイヤだ。でもこれ、日本政府として馬鹿正直発言なんだと思う。 ☆今週号の週刊ポスト 今週のポストは読み応えがたくさんある。 その中のひとつ、 <ウィキリークスが暴露していた『アメリカの属国ニッポン』秘密通信  わが国はこ…

続きを読む

『疑惑』--1982年の映画--今日のマスメディアに通ず

今年はおーーきなパラダイムシフトっぽいのが起きた年だった。それが何かというと、マスメディアのやっていることや言っていることが信用できなくなったがために、ネタ元としての信用度が失墜、ソースとして引っ張ってくるのが困難になったということで、ぶろがーとしてやりにくいこと甚だしくて困っている。 ただ、彼ら---大新聞やテレビの報道関係者---の利害に直結することでないニュースならば、特にねじ曲げる理由もないだろうから、そういうニュースを選んで取り上げるという方法もあるし、そうやって、現代社会の鏡としての犯罪に焦点を当てるのも悪くないとは思う。しかし、であっても、彼らの取り上げている犯罪ニュースというだけで気分が悪いし、そもそも彼らは警察からの情報頼みなのを理由に、かなりのところ警察と緊張感のないナァナァの関係にあるらしい。そんな話を聞くと「やだなぁ」と思うし「他人の犯罪で騒ぐ前にやることあるんじゃないの?」と思ってしまう。 そんなでテレビ見る時間がめっきり減ったので、家人が借りてきたDVDを鑑賞する時間が増えた。 これはそんな中の一本。製作1982年とかれこれ30年近く前の映画なため「ずいぶん昔の映画借りてきたねー」なんてちょっと文句を言ってしまったけれど、見れて収穫だったので紹介する。 →疑惑←概要はこちら →アマゾンレビュー(2005年DVDのレビューより、2007年のこっちのがオススメ) 感想に関してはアマゾンカスタマーレビューが素晴らしいので、そちらに譲ってしまうけど、柄本…

続きを読む

もうひとつの核なき世界 / 堤未果

著者の堤未果サン、ずっと前に『ニュースの深層』で誰かの隣りでサブキャスターをやっていたのは確かなのだけど、その誰かが誰だったか思い出せず、本当に最近は記憶力が鈍って、もっともそのお陰で厭な事もすぐに忘れるから助かるとはいえ不便ちゃ不便。その誰かが誰だったにせよ、職業柄当たり前とはいえペラペラとよく話す人だったから堤未果さんにあまり出番はなかった。堤未果さんは、そういう場所にいるには深く物事を考える聡明な人に見えた。だからといって、隣にいた誰か(男性だったのは確か)が聡明でないとかそういうことを言いたいわけではなく、第一ある程度は軽いノリの暴走脱線気味の出演者でなければテレビの間はもたないし、そうでなくても、人はただただ時間を埋めるためだけに、内容はともかくひたすらよく喋るものだ。元来無口なわたしですら、最近は側に人がいるとジュークボックスにコインが入ったかの如く、ろくに考えず口から音を発している。最初のうちこそ脅迫的に追い立てられてそうしていたのだけど、慣れれば割とそういう次元の住人になってしまうもので、それがあたり前のようになった側面もある。 この本は、わたしが持っていた著者のイメージが当たっていたことを証明した内容だった。のだけど、無論そんな事は本書にとってどうでもよい。本題の発端は、オバマ大統領が昨年9月に発した<「核なき世界」構想>で、そのわずか数週間後にオバマ大統領はこの一件でノーベル平和賞を受賞し、さらに一年後には「裏切り」の臨界前核実験をやってしまい… と、その都度当ブログも間…

続きを読む