ニコニコ生放送に小沢一郎さん登場していた!

さっき見たら、ニコニコ生放送に小沢一郎さんが出ていてビックリ!! ☆小沢一郎ネット会見~みなさんの質問にすべて答えます! 小沢さんは前よりちょっとだけヤツレている風だったけど、マスコミとか「検察審査会」にあんだけ理不尽な攻撃を浴びていたら無理もないよね…。 わたしは終盤近くになって気づいて見たんだけど、その時でも15万人近くが来場していた。 萌えアニメ(つーのか?)の時だって到底15万はいかないから、すごい関心のもたれようだ。 またあとで「タイムシフト視聴」しよう。 --- ということで今日は、先週の土曜に録画しておいた「愛川欽也のパックインジャーナル」を見た。 この番組は2時間あるのだけど、地上波でよくある無理にお祭り騒ぎにするワイドショータイプではないのでふつーに見れるし、地上波と違ってごくごくまっとうな会話をしているので、「事業仕分けで続々出てきた、埋蔵金ならぬ埋蔵隠れ借金」などというクラーーイ話しですら、ホッとした気分で見れる。 とは言ってもどの話題も迷路に迷い込んだかのごとく複雑なので、煮詰まった感じにはなるのだけど。 それはともかく ここでは「小沢さんの話を郷原さんに聞く」の部分だけを紹介☆ (2)小沢さんの話を郷原さんに聞く   衆院予算委員会の中川筆頭理事(民主)は26日、国会内で武部筆頭理事(自民)と会い、野党側が証人喚問を要求している小沢一郎・民主党元代表の国会招致問題について「政治倫理審査会であればどうか」と述べ、小沢…

続きを読む

沖縄知事選、始まったよ!! 尖閣で陽動するマスコミにいっぱいくわされちゃいけないゾ☆

2010 沖縄県知事選挙特集 ~選挙に行こう!~ 選挙に行こう!  とゆうか行ってネ  当方埼玉県民だから(爆) 当ブログ、前首相のズッコケ迷走ぶりのおかげもあって、普天間基地について関心をもつことができた。 (これについては、「沖縄、宜野湾市の普天間基地」というカテゴリをクリックして頂ければ、昇順で並んでいるので時間を追って見れまふ) 鳩山さんは結果として、基地利権恩恵組みに見事に惨敗したけれど、少なくともそのおかげで、ほとんど知識も興味もなかった大多数の日本全国民の意識をひきつけ、沖縄にだけ米軍の負担を負わせている現状に目覚めさせてくれた。 ここでオサライすると、結果としてどう惨敗したのかというと、普天間基地は県外でも国外でもなく、沖縄県名護市辺野古周辺に移設するという、日米合意が突然にできてしまった、という惨敗だ。 でもって日米合意って具体的に、誰と誰の意見が合致したのかといえば、日本の外務大臣ひとりと防衛大臣のひとり、アメリカからは国務長官ひとりと国防長官ひとりの、計四名で決めてしまった、という事だ。 今現在菅さんが普天間基地について言う「沖縄知事選が終わったら、日米合意にもとづいて」といっているヤツが、これだ。 けど、それはおかしいでしょ、どうして日本の外務大臣ひとりと防衛大臣のひとりとアメリカの国務長官ひとりと国防長官ひとりで、こんな大事なことを決めてしまうのかっって話で、肝心の沖縄県民、細かく言えば宜野湾市や辺野古周辺に住む人、広く言…

続きを読む

ある警察ジャーナリストの死。もしくは岩手の「佐藤梢さん殺害事件」

黒木昭雄という「警察ジャーナリスト」が亡くなったという話は、少し前から知っていた。 がわたしは、その黒木昭雄という人が誰だったかをうっかりと失念していた。 それで調べると、黒木氏のブログがあって、以前にも見たブログだったため、ああこの人だったかと思い出した。 黒木氏は、とある事件に出した岩手県警の結論に大きな疑問を持っていた。 その事件では、「小原勝幸」という若い痩せたあんちゃん風な男が犯人として懸賞金までつけられ、指名手配されていた。 しかし、氏によれば、「小原勝幸」が犯人のはずはなかった。 犯人のはずはない理由が、強い熱意をもって克明に書き綴られているそのブログは、全部の記事を読んで氏の思考の過程のすべてをたどっていくにはかなり大変な情報量であったから、わたしは数ページを読むにとどまったとはいえ、それでも、岩手県警がズサンなのか、それとも堕落しているのか、

続きを読む

異形の日本人

以前から「異形」という言葉がこびりついて離れない部分がわたしの頭の中にあって、だからこの本を見かけた時も、他人は何を異形とみなすのかと興味を持った。この本では全六章を費やし計六人(そのうちターザン姉妹は組み)が異形として紹介されていた。異形と称される根拠は、路地(被差別部落)の出身であることや、やっていることがユニークであるにも関わらずマスメディアが取り上げない、もしくは数奇な運命の持ち主、と言っていいかと思う。

続きを読む

「沖縄知事選」でニュース検索してみた

☆国民新、新党日本が伊波氏推薦=沖縄知事選  国民新党は17日の議員総会で、28日投開票の沖縄県知事選で、伊波洋一前宜野湾市長の推薦を決めた。  亀井静香代表は記者会見で「沖縄知事選は国政と深い関係にある。民主党も自民党も(候補を)推薦しないのは首をかしげざるを得ない」と語った。  また、同党と衆院で統一会派を組む新党日本も17日、伊波氏推薦を決めた。 (2010/11/17-17:22) さすが、いざとなると頼もしい国民新党ですなあ☆というか、今オフィ見たら堂々と「夫婦別姓反対」と、わたしと反対の意見が…。その件は今はいいや ☆2010年11月14日 (日)偏向NHK日曜討論は沖縄知事選公選法違反の疑い 植草さんのブログ。 NHKの偏向報道は、みずからの首をかなり絞めていると思う。 クロ現なんか見てても、言っていること(今日も、意識改革が企業に必要とかなんとか)と、やっていることが矛盾しているから苦しいのなんの。そのうち自滅してくれることを願って、受信料は払いません。金もありませんし。 ☆沖縄知事選、普天間めぐり舌戦 候補者3人で確定  11日告示の沖縄県知事選は同日午後5時で届け出が締め切られ、候補者3人で確定した。自民党県連の支援で再選を目指す無所属現職仲井真弘多氏(71)=公明推薦=と、無所属新人の前宜野湾市長伊波洋一氏(58)=共産、社民、沖縄社大推薦=による事実上の一騎打ちで、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題への対応をめぐる舌戦が本格化…

続きを読む

投票まだの方はお早めに☆

今日はとうとう、沖縄知事選、投票日。 そうそう、昨日の夕方ザッピングしていたら、TV局にしては珍しくの珍しくの珍事に近くまともな放送をしていて、普天間ヘリが墜落した事件のことや、12歳少女の暴行事件のことを振り返り、アメリカがいかに沖縄住人(沖縄警察などふくむ)の権利を踏みにじっているか、いかに米軍が傍若無人にふるまいそれを日本政府が許し続けているかの、一端が分かる構成の報道を流していた。 米兵が犯罪を犯しても「日米地位協定」のせいで日本は手も足も出ない。 今度の選挙でこういう状況に、せめて一矢報いてほしい…。(沖縄の人頼みで悪いけど) これは、アメリカが好きとか嫌いとかのモンダイじゃないし、日米同盟がイヤとか駄目とかそういう次元ではなくて、人が人として生きるための尊厳のモンダイじゃないのか。 アメリカもいつまでも人のこと踏みにじるなら、それは北朝鮮と同じ。だいたい北朝鮮だって、国家首脳部はブラックだが、そこに住んでいる人たちは被害者なんだし、それに、北朝鮮の国民はみな口コミで外の情報知っているから、現在の状況がどちらに転ぶか諦め気分か、それともわらをもつかむ気持ちで眺めているのではなかろうか。三代続いての世襲元首じゃあ、金正日の死去が転機になるとばかり思っていたのに、落胆させすぎる。 にしても、沖縄選挙告知日の11月11日から28日までの間、とって付けたように沢山のことが起きた。 尖閣諸島における中国との衝突やら、その丸秘映像流出(というか、お手柄という…

続きを読む