2010年09月15日

(3)・・かんさんか・・(3)

とまあ、考えれば考えるほどムシャクシャしてくるので、テレビはなるべく付けないようにしている。
今朝は、テレビ付けたら高木美○が「(小沢さんのように)ひとりの大きな政治家が皆を引っ張っていくというのは、無理だと思うんですよ」とまじめな顔でしゃべっていて、それはその人の意見だから言う権利はあるだろうけれど、大きな権力(霞ヶ関)(東京)(東京の大企業)(東京の有名大学)が日本全部を引っ張っていくのが無理になっている、という言い方もできるわけじゃないですか? と、とっさに反論したものの、その反論が届くわけではないのでそれもストレスになり、即チャンネルを変えたけれどどれもこれも苦痛だった。

そのため、チャンネルをあわすのが多少メンドウなケープルテレビに変えたものの、朝に見たいのは、基本「ニュース」なのに、ちっともない。「朝日ニュースター」にいたっては「ショップチャンネル」をやっていて、ふざけるなーー!!だった。

ヘッドラインと天気予報を機械的に読み上げるだけでいいのである。
解釈は自分でする。
背景を知りたかったら、自分で調べる。
地上波で流しているやつ、あれはニュースバラエティであって、ニュース番組ではない。
お気に入りのタレントがコメントするのを見たい人がニュースバラエティ見ればいいのである。

わたしが見たいのはそうじゃなくて、シンプルなやつだ。

それも理想を言えば、NHK、読売、朝日、毎日などのマスメディアも政治と同じ権力、既得権益者、である以上、それらの動きも俯瞰して報道するメディアがあっていいのである。

ただありのまま受け止め、解釈できるニュース番組が、みたい。


☆ ☆ ☆ 

もしネットでそういう番組あるなら、お茶の間にパソコン置くことにする。
うちの場合、昔ながらのお茶の間に一台あるだけだからテレビ。
posted by sukima at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

(4)・・かんさんか・・(4)

あとここに小沢さん関連ニコ生レビューも入る予定だったけど、(1)から(3)まで書いてバテたので自分でみてください。(というか、もう消えている?)
今見たら、今日(16日)は13:15から「総務省 政務三役会議生中継@総務省大臣室 」だそう。
あと、今見たらiPhoneってすごいよね…
あと今見たら、田原総一朗ってまたもやこんな所にまで出没していて、こういう人って才能なんだろうなぁ、メディアを選ばずどこへでもちゃっかり出て。

あとよく考えたら自分ってプレミアム会員だから、見なきゃソンソン☆ぴかぴか(新しい)
posted by sukima at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | 更新情報をチェックする

お茶の間にテレビがあるため、ついご飯時に見てしまうの何とかならないか??あーー消化に悪い

無駄に気遣いのある当方なので前々回の最後に

>※あ、ちゃんと払っている方はそのまま払ってやってくださいネ…
>うちは無理です…

なんて書いた。

今日のNHK7時のニュース見てたら、こういうニュース
「地元に就職先がないため、地方の高校生が東京の企業の就職試験を受けにくる。
それが東京の高校生を脅かしている」
と。

これって、どうなの?
地方の仕事のなさを問題視しているの?
それとも、東京の高校生が脅かされていることを、問題視しているの?????

後者なんだとしたら、随分と自己中だこと。
どっちだか知んないけど、小沢案(東京一極集中の是正)を潰した後になって
こういう報道。

NHKって、よーくこういうゆり戻しするよね。
とりあえず、自分たちに都合の悪い案つぶれたから報道できるなみたいな。


ともかく、そんなで、例の一文は削除したのだった☆☆☆☆どんっ(衝撃)
posted by sukima at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

いつになったらわたしは、お茶の間でホンワカくつろげるのだろうか・・・

またまた今日もNHKの7時のニュースみちゃったよ。
家に帰ったらテレビがついていて、映っているんだもの。
内容は、菅内閣についての、のらりくらりと安心しきった調子のホードー

お断りしておきますが、NHK、いい番組を作る時もあるよ?
そりゃいろんな人が働いているし、いろんな考えの人がいるんだから、いい番組くらい別に作れる。
要はトータルに、NHKの職員の給料が減らなくて、効率よく世間に影響力をふるえ、お仲間の官僚くんたちのサポーターになれればいいんだから。
かといって、あまりにも役所や公務員を批判しなかったら不自然だから、そこはバランス。

でもって、7時のニュースが終わった時点で風呂でも浴びたい気分になるんだけど、いかんせん疲れて疲れて体が動かないからそのまんまダラーーーンとお茶の間にとどまる。

けどチャンネルがそのままだとさらにNHKを見ることになるので、チャンネルは変更。
といっても、ろくな局ないんだよねーー CNNjなんか、連日連夜ローマ法王が出てきて、聖職者の幼児(男児らしい)への性的虐待について問い詰めている、という話題ばかり。そりゃそれも大問題だと思う。
それに、どこの国でも、自分の既得権を超ロクでもない事に使うんだなと。

そんなこんな思いながら隣のチャンネル見たら、これがけっこう受けた。

ニュースの深層

>9/17(金)菅政権で日本はどう変わる?
>ゲスト:田中秀征(元経済企画庁長官)
>司会:辻広雅文(ダイヤモンド社論説委員)

この辻広氏ってのも、得体の知れない感の漂う表情の変化の乏しい人なんだけど、そっちはともかく、この田中秀征つう人、いい事言ってたワ。それに、健忘しかけてた大事なことを思い出させてくれた。

菅直人って、鳩山さんが首相の時は副総理だったくせして、首相が普天間問題で悪戦苦闘している時に逃げ回っていたんだよね。
さらに個人的にも思い出したけど、喜納昌吉の『沖縄の自己決定権』にも書いてあるのは、菅直人は、「沖縄はもう独立した方がいい」と発言。それくらい沖縄問題を投げてしまった人。
鳩山時代には、変に関わると、あとあと自分が権力の座につけなくなるという打算から、本来、首相の女房役であるはずの副首相時代に、鳩山さんを見捨てた人物。

ほんとに菅ってのは、卑劣菅の卑怯者。


田中氏は、<万事につけそんなだから菅直人は周囲に対しての求心力がないんだよなー>とのことで、菅直人は<この後「自己改革をしなくちゃならない」>と、最大級の惨事を送っていた。

…なるほど。しかし、自己改革は総理になる前にやっているべきで、総理大臣という役職は、自己改革や自己啓発や自己向上のための場ではありませんよね。

しかも、忘れちゃいけないのは、参院選で、民主党は、大敗を喫している、という事実。

敗因は、菅直人が突然、「消費税10%」と言い出したから、という事になっているけど、果たしてそれだけだろうか?
今の民主党は、国民の支持を受けたものではないのですよ?

まーそんなことを、思い出しましたね。


ここらへん、NHKにしろ、民法にしろ、なんとか忘れさせようとさせているPOINT。

☆ ☆ ☆ 
posted by sukima at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

熱海の捜査官 #7-#8(final)

前回、独自推理を発表した当ブログだけども、こうやって最終回を見てみると、当たらずとも遠からず、遠くもないけど近くもない、だろうか。さすがにわたしも「南熱海市の住民がみんな黄泉の国の住人」というのは望んでたワケじゃないので、まあまあ良かったとは思うものの、死んでいるのか生きているのか怪しい人物は複数いて、その筆頭が「空と海と虹の会」ことSSRAの平坂歩さんだったりする。続きを読む
ラベル:熱海の捜査官
posted by sukima at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | 更新情報をチェックする

せんかくしょとうでつかまえて

最近の目立ったニュースから、一個

☆(a)中国人の船長が、わが国の領土に入ったから捕まえたけど、(b)中国が怒るから釈放した

(a)から(b)へと至る前段階でテレビ見てたら煽る煽る、反中感情を。特にフジテレビの笠井信輔。
もっとも、知り合いの2ちゃんねらー現熱心なツイッターターによれば、「マスコミはみんな煽っている」とのことだった。

船長釈放は「賢明」=中国、隣国の不安あおる―NYタイムズ紙 (時事通信)
NYタイムズも良いことを言う。中国のやっていることは周辺諸国を不穏にしているってこと、これをちゃんと言ってほしい。

#(b)部分に関してわたしが見たのは愛川欽也の番組

この番組はじめて見たけど、愛川さんの高齢ならではのノッタリユックリしたボケ味が、逆にリラックスできてイイワ。ゲストの使命はまず愛川さんの体調に配慮。だから飛躍したロジックがNGなのはもちろんのこと、愛川さんの血圧に悪いけんか腰、愛川さんの脳を疲労させるウソ、大げさ、小難しい理屈、愛川さんの眠気をさそう退屈な話とうとう、NGなのだ。
ともかく、ここでのポイントは、「日中関係を考慮して釈放」などと、検察なのに「外交」をやってしまったこと。これは大問題!!!! とのことだった。

柳条湖事件と盧溝橋事件の比喩性

>>日本人は憎まれているだけの存在と信じ込み、共産党の思惑どおりに戦争に突入していったわけである

なるほどねぇ
確かに中国の価値観は、日本人のソレと大はばに違いそうだしなあ。
日本マスゴミに煽られることなく、日本政府も利口に平和に「外交」をやってほしいものである。

Did Clinton really say ANPO applies to Senkaku? 「クリントンが『尖閣は安保5条の適用対象』と言った」というのは前原外相が言っているだけでどこにも証拠がない

(via:はなゆー、きっこのブログなど)

ただでさえ、やることなすことすべて中途半端で、全部途中で放り投げる無責任男で有名なのに、嘘までつくって… ウソというより、幻聴なのだとしたら療養した方がいい。
またマス○ミ各種がそろって報道してしまうという…

(このあと、マス○ミの悪口書くのメンドウなので略)眠い(睡眠)
ラベル:尖閣諸島
posted by sukima at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。