2010年09月02日

小沢・菅討論会雑感と、マス○ミのみなさまへ言いたいこと

プレスクラブ (2010年09月02日) 民主党代表選 小沢・菅両候補が討論会に出席







小沢一郎という人について語るときの枕詞に「私は小沢支持者じゃないけど」というのがあって、これは、「私は小沢信者ってわけじゃないですよ信者じゃ」という意味で、これを使わないと後に続く語りが、あまりに小沢礼賛と取られかねないがための予防線で、と同時に、下手に小沢一郎という人を持ち上げて、後で小沢一郎がとんでもない悪事をやらかしたり、あるいはやらかしていたと発覚したときの事を考えゾッとするがゆえ、予防線を張ってしまうのである。それっくらい小沢一郎という人は、よく分からない人物なのだ。

ところで、わたしはぜんぜん小沢支持者ではないのだけど、上記の討論会をNHKで見て、「なんて言葉に命のある、強い説得力のある人だろう。この人こそ総理大臣になるべきだ!!」と、確信してしまった。敵であるはずの菅直人すら途中で小沢さんのことを「大政治家」などと思わず持ち上げてしまい、小沢さんが喋っている間中、「マスコミのお相手は大物のあなたにおまかせします」的な雰囲気になってしまって、ダイジョブ? と心配になるほど。

話は前後するけど、正式に代表戦に出馬するゆえ小沢さんが昨日(9月1日)はじめて色々と話し始めて、「官僚主導ではなく、国民によって選ばれた政治家主導で決めていく」と言い出したことによって、やっとこさ、色々と動き始めた感じがした。思えば、今の今まで、なんてすべてが止まっていたことだろうか? 官僚云々は、小沢氏がそういう考えの人であるとは人からの又聞きでは知ってはいたけれど、本人から聞いていないため半信半疑であったし、何らかの圧力的事情で言うに言えない国なのかと疑っていた。

昨日と、そして今日も討論会で、想像以上にハキハキと明快に色々と話していた。
5人くらい座った「質問」の権利を付与された記者が、「政治とカネ」なるテーマで何度も何度も同じことを質問し、その都度小沢氏は答えているのに、また同じことを聞き、その聞き方の気分の悪い下劣なことったら耳を覆わんばかりの気持ちの悪さで、特にババッチイ禿げ方したどこの記者か知らないし、名前も出てこないから知らないけど、そのハゲチャビンはどうして実のあるちゃんとした事を聞けないのだろうか?

しかし、どの質問に対しても想像していた以上に辛抱強く投げないで返答していたので、感心した。
ある記者が「80%の国民が小沢氏は総理にふさわしくないと答えているのですが」と、例の怪しげな世論調査を持ち出したところ小沢氏は、「それはどこのどういう調査か、調査といっても色々あるし、今はコンピューターの時代だから、私を支援する声もたくさん頂戴している」と笑顔を見せたときは思わず拍手喝采してしまった。


そのコンピューターっての、インターネットのことだろうけど、ワレワレの考えと存在をちゃんと把握しているらしいのが分かったし、マスコミ批判のための材料も充分に持っているらしいと、感じさせた。

その他、コンピューターの件以外にも、思わず拍手してしまう場面がいくつかあった。

+-+-+-+-+-+-

とはいっても、またまた明日から、マスゴミの猛然たる小沢攻撃、小沢ダーティーイメージ作戦は過激化するのだろう。ほんとうに憂鬱な話だ。

マスコミの人、特にあの質問席に並ぶような人に言いたいが、あなたたちはもう、マスコミ人として充分金も稼いだろう。

これからは若い人や新しい考え方の人に、席を譲ったらどうだろうか?


大きなマスコミで働き、そういう世界で生きて来た人には、そういう世界の価値観しかない。
だからいつまでたっても新しいタイプの質問を出せない。

フリージャーナリストとして有名なのは神保氏や上杉氏だけど、それ以外のジャーナリストの人も含め、彼らが質問しているところを見たいし聞きたい。安泰たるマスコミではなく、もっとカツカツのスリルの中で生きてきた人の生々しい質問が聞きたい。

そして、それに答えている政治家の声を聞きたい。

さらに、彼らよりもっと若い人なら、ワレワレの世代が思いつかないような、真摯で切羽詰った、本当に解決すべき問いを、たくさん真剣に質問してくれると思う。

それに答えた答えが、これからの時代この場所で生きる多くの人々の暮らしの土台を作っていく。

時代の閉塞感作っているの自分たちなのを、早く自覚してほしい。



posted by sukima at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | 更新情報をチェックする

菅直人を擁護するワケじゃないけど

菅直人を擁護するワケじゃないけど 


ということで菅直人、色々とヘマをしている風だけど、昨日はいきなし「財務省の言いなりになるのではなく」なんて言い出したから、え? 明らかに言いなりってことで定着しているアナタですよ? と受けてしまった。
そんなただ今迷走中といった感じの菅直人首相だけど、まんざら全部ダメなわけではない。

昨日ZHKのニュース9に出たときは、名前知らんけど、年の頃30歳くらいの色白の政治部記者?が
「小沢氏の言う財源は、ムリな話だと思うのですね?」
みたいな、つまりは、官僚に有利に働くような質問をして、何とか小沢さんに不利になるような答えをさせようと、四苦八苦したときに、意外と菅直人持ちこたえて、その手にはのらないで頑張っていた。

まったくヒヤヒヤさせるヤツだ。

その点はえらかったよ、菅さん!!パチパチーー♪


2011年6月6日追記
書いて後悔する記事というのが、たまにあるものです。
中でこれは最大級の後悔。
どうしてかんなおとのことなんか、ごくわずかでも持ち上げてしまったのか・・・!!!
今、わたしは、おのれの頭をポカポカポカとたたいています。


ラベル:NHK 菅直人
posted by sukima at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | 更新情報をチェックする

錦戸亮さんは悪くなかったヨ

8月26日に、ドラマJOKERのことを、錦戸亮さんのためのドラマ
なんて書いたけど、錦戸亮さんは、あの役としてとてもいいと思います。
彼の役は、
親から虐待を受けた傷をもつ、現代の若者らしい役。
つまり、守ってくれるはずの大人が、どうしようもなく敵であるという、この時代の病を切り取っています。
寄る辺無さと敵意と諦めと、反動として、痛めつけられるものを守ろうとする、
そういう役でした。
posted by sukima at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

熱海の捜査官 #5-#6 and 最終章へ向けて独自推理

ビツクリ仰天の介なことに、当ブログで大々的にプッシュした神宮寺さんが「ミスターツー」だった上に、ナント!! しんじまったぜーーーーー。

→わたしが天才だったらネタばれな続きを読む
ラベル:熱海の捜査官
posted by sukima at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | 更新情報をチェックする

2010年9月8日(水)のムネオ日記

2010年9月8日(水)のムネオ日記


夫の話では、検察官はあらかじめ文章を作っていて、その表現内容が夫の認識と違うと言っても受付けてくれず、どのように対応をしたらよいか困っているということでした。


(中略)

 夫は、納得のいく形での調書を作ってもらえず、そのあげく、鈴木宗男代議士は逮捕され、また島田建設も賄賂行為をした企業とされて9ヶ月の指名停止の処分を受けてしまいました。


(中略)

 俺が検事の言うままにサインしたのが悪かったのかな、申し訳ないことをしたな、などため息混じりに愚痴っていました。


身を削る苦しみを言葉で紙に表すとき、その紙は燃え立つわけではなく悲鳴を上げるわけではなく怒りに色を変えるわけでもない。紙は何が書いてあっても一枚の白い紙だ。

何が書いてあっても白い一枚の紙としか認識しえない
この検察官のような、感性と知性の野蛮人が人を裁く地位にいる・・
この国が、というべきなのか分からないけど、この世のおそろしさ
ラベル:鈴木宗男
posted by sukima at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 警/検察・官僚 | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

(1)・・かんさんか・・(1)

昨日の民主党代表戦見てたけど、菅さんに決まって壇上で挨拶するだんになった途端、それまでは菅さんの大好きな選挙モードだったから生き生きしていた顔が一転迷子の子犬みたいになってしまって、「こりゃ駄目だ」って感じになったけど、演説によれば「400人内閣」※でやるみたいだから色々と協力をあおぐのだろうし、マスメディアや官僚も味方みたいだから、どこかへは漂流していくのだろう。

それにしても小沢氏の見せた未来予想図に賛同した当方にしてみると、この結果は残念でならない。
けれどそのビジョン---ひも付き補助金のひも(官僚が指定している使い方=本当に必要な場所に投入できない金)をといて、おのおのの地方に権限を全面的に移して、それぞれが創意工夫しながら自分たちの生活、自分たちの経済を作っていく--- といった話を言い出したのが9月1日というのは、あまりにも早急な話で、小沢氏のビジョンは多くの国民に伝わったとは言いがたい。

当然わたしなどはネットユーザーであるから、9月1日以前にもそういう話の概要は聞いたことがあったし、さらには、それについて考えたことはあるけれど、具体的にそれを遂行可能な人の口から聞いたのは今回が初めてなのだ。

また本来ならば伝達者であるメディアが、総理候補者にインタビューする段階で、そのビジョンについてもっと掘り下げて聞き出し、その考えが国民にとって有益なものであるかどうか考える材料を提供するべきであるが、そういうことは誰も聞いていなかった。

それに関しては、わたしの知る限りネットのメディアだってそうで、地方に権限を委譲した後の時代のイメージ、というものを上手に描くことができなかった。

イメージってものすごく大事なもので、料理を作るのだってその味や見かけのイメージを最初頭に浮かべそれに近づけようとするものだし、美人になるのだってどうなりたいかを頭に浮かべるし(これに関しては、最初から広告産業が強迫的に植えつけていることも多い)、宇宙ステーションや宇宙旅行やロボット開発だって、うんと昔にSF作家が考えだしているものの後追いの場合が多い。だから、すでにフィクションとして頭の中で体験している者にとっては、現実に生み出されるものには大して興味は沸かなかったりするが、現実の体験として作り出せるのはそれはそれですごいことなのだ。

まず先にイメージありき。
まして小沢一郎のやろうとしたことは、とんでもない大改革だ。
小沢支持心理の多くが、貧乏人or負け組みの恨み節を動機にしている部分と言えなくもないため、イメージを前向きに作っていくことができなかった。…と反省しているのだが、どうだろうか?

もうひとつ言えるのは、なんだかんだ言ってもみんな東京一極集中を支持しているのではないか、という疑念だ。映画『インセプション』では世界各地がかわるがわる舞台になるが東京もそのひとつで、製作者のひとり(監督だったかな)は「東京だーーい好き!!」と持ち上げていた。東京にはローカルで伝統的なものからはじき出された珍妙な感性が集まる特徴があるし、それでなくても東京は人口で常に世界トップの座にいる。東京の人口が多いのは、他の地方には職がなく、したがって日々生きていく金に事欠き、かといって生活保護も受けられないため東京に流れ着いてくるためなので、ちっともめでたいことではないのだが、それでも数が多いのは過疎っているよりマシなため、なんとなく楽しいのである。

また、もうひとつ考えられるのは、地方(その人にとっての地元=生まれ育った場所)に職があったとしても、そこでの人間関係やシキタリやナラワシを嫌悪している場合だ。たとえば、女性は○才になったら結婚するの当たり前、のようなシキタリというか固定観念が地域にあると、ある種の人は適応できず、そういう固定観念の薄い東京を目指すことになる。



そんなこんなで、地方に権限委譲したあとの個々人の暮らしは、9月1日からのわずか二週間程度でイメージ固めできるほど、簡単なものではなさげ…………。

☆ ☆ ☆ ☆ 

つづく


※正確な数字ではない。正確には民主党議員全部の数
posted by sukima at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家・政権 | 更新情報をチェックする

(2)・・かんさんか・・(2)

(2)・・かんさんか・・(2)

(1)のつづき

ネットユーザーには小沢さん支持者が多いように思えたけれど、いざとなると、地方に権限委譲という話は、すなわちネットユーザーが苦手とする(ことが多げな)リアル生活にもつながっているため、理屈では応援でも実際のイメージを描きづらい…

という面もあるのかも知れない。今後はここらへんを含めてよーーく考え、真に自由で解放された、幸福を追求できる社会になるといいなーーと思いつつ、今はもうマスメディアを見たくないという思いでいっぱいだ。

9月2日の菅vs小沢の討論会の翌日の新聞は、どれもこれも同じ見出しで「逃げない」の文字。
確かにあの討論会で小沢一郎は「逃げない」という台詞を言ったけれど、他にたくさん重要なことを多く発言していた。
わたしが見たのは産経新聞、読売新聞、東京新聞の三紙だけとはいえ、討論会にあんだけ大勢記者が雁首そろえていたにも関わらず、その報道が同一の発想ってどうなっているんだろう?
他にわたしが見たのは、小沢一郎をゲストに招いたNHKニュース9。
前々から知的美人でいいなぁきれいだなぁなんて思っていた××(名前不明)さんが放った質問がマスゴミそのものだったのには、激しく落胆した。すでに小沢一郎が答えていることを変に蒸し返す質問で、まったく国民のことなど考えていないのがよく分かった。

では何を考えているのか?
たぶん、あの美しい知的な眼差しから推測するに、彼女は決して利己主義者ではない。
人への思いやりも十分にある。
ただし、自分の仲間、同僚たちへのやさしさと思いやりが………

なるほど、NHKの受信料も払えないような貧乏人はそもそも国民のうちに入っていないということなのだろう。

というかそれ以前に、受信料を真っ先に支出の中から削らざるをえない事情のことなど、考えたこともなさそうだな。同僚および、お仲間さん、およびNHKのキモイオヤジ上司に吹き込まれた知恵を素直に信じているって顔だ。

そんなで今回決めたのは、今までまじめに払ってきたNHK受信料を金輪際払うものかってことだ。
あいつらの給料のために払ってやる必要はないのである。

ラベル:NHK 小沢一郎
posted by sukima at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。