2010年02月11日

孤独死、ミニミニ雑感

前回のこのカテゴリ続き
独り死で何が悪い! 有無を言わさない縁無縁での叙情共同体強調は、ひいては靖国的な国家包摂を要請することにも繋がることになりかねない方向へ。

…という、貴重なご意見もある模様。
しかし分からないのは、この意見の主は

1:独り死で何が悪い、自分は一人死をする
2:独り死で何が悪い、自分は、一人死する奴を構う気はない

と言っているのかどちらなのか。両方なのか。そこらへんをハッキリしてくれないと考えようがないのである。だから、ブクコメだの140文字だのは嫌いだっちゅうの。
ラベル:無縁死 孤独死
posted by sukima at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 助け合う社会 | 更新情報をチェックする

tetsuya/L'Arc~en~Ciel (リットーミュージック・ムック BASS MAGAZINE SPECIA)(2010/1/27)

tetsuyaさんです←この人がこの前書籍(『哲学。』)を出したのは2004年の春先で、L'Arcが数年間のブランクを経て「READY STEADY GO」「瞳の住人」と続けて2枚のシングルをリリースし、3月には3年半ぶり9枚目のアルバム『SMILE』を出した時期に合わせてのことで、ひとつの大きな節目となるタイミングであった。

そして今回、約6年ぶりとなる2010年1月に、こうしてまた自分の著書名でムック本を出したのは、ベストにしてマストなタイミングだと思え、その野生の勘の良さに舌を巻いたのでついつい、こうして感想を書いている。
続きを読む
posted by sukima at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

1月29日のMステ

これからシリーズに1月29日のMステも挙げていたので、(今更)レビュウだ!!

◆ラインナップ
涙 / FUNKY MONKEY BABYS
THE D-MOTION / KAT-TUN
女ぎつねon the Run / BARBEE BOYS
好きだから / ベッキー♪♯
BLESS / L'Arc~en~Ciel
告白 / HY

☆ ☆ 

mst.jpg◆涙 / FUNKY MONKEY BABYS・・・どこかで聞いたことある気がする旋律と、どこかで会ったことのある気がする後ろで踊っているDJ?(写真の人)とあいまって、初めて見たのにみょーーに親しみがわく三人組。本人たちも一生懸命歌っているし、タイトルこそ「涙」だけど元気いっぱいに励ます好感度の高い曲。カメラが右、左とチョコチョコ動くためマスコットキャラ的位置づけらしき後ろの人の顔がよく見えず、それは残念だった。

続きを読む
ラベル:Mステ
posted by sukima at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

アフガニスタンに用水路開通

nakamura.jpg(今月のSIGHTから)「ついに、農業水路が開通!」とのことで、アフガニスタンで医療事業や農業事業を行っている日本人医師中村哲氏にインタビューした記事。記事とHPによれば、開通したのは24.3kmの灌漑用水路で、面積にすると3000ヘクタールの農地に水を供給できるようになった。

当方算数全般に弱いため、ヘクタールという単位について調べたところ、1ヘクタール(ha)は100メートル四方であるらしく、だいたい野球場一個分にあたるようだ。ということは、野球場3000個分の土地に水を供給できるようになった、ということで、野球場3000個分の農地から作物を収穫することが可能になったということで、これは大変な大事業を成し遂げた。すごいなぁ。読んでる途中、例によって相手をみょーーにスター的に持ち上げるインタビューテクニック?に少々辟易したのだけど、このスゴサなら無理もない。

インタビューでは水路のことのほかに、タリバンやアルカイダのことも語っている。

「極端に言うと、タリバンも一般農民も実は一続きなんですよ。そのうちの一部のラジカルな人たちが突出して、軍事組織で真っ向から挑戦しているという図式なんでしょうね」「タリバンの綱領を否定するということは、その地域の文化を否定することに等しいわけですね。たとえば日本だと和服を着るなとかね、味噌汁を飲むなというのに等しいわけで(笑)」

さらにまた、イスラム教がやはり生活の中心であることや「アフガンでは、自分の文化伝統を守ろうという気持が意識的にも無意識的にも非常に強力なんです」とのことで、イスラム教と切っても切れない暮らしにあることがよく分かる。

それに加え、アメリカが大好きな民主的な選挙についても、アフガニスタンで無理にやっても有効性や信憑性があやしいことなども。

そんな中で、氏の信仰がどういうものか(あるのかないのか)などは特に聞かれてないため不明であるも、基本的に自分のために行っているのだと笑顔を見せつつ「国際貢献」という言葉の白々しさを指摘している。

それにしても↓こういうニュースを見てもタリバンタリバンと連呼されていて、「それは一部過激派なんだよ」と教えてやりたいくらいである。タリバンはイスラム教の一部のようなものらしいのだから否定しても始まらない。アメリカも一体何をしたいのかしようとしているのかさっぱり分からないし。しかしそれでも水さえあれば自給自足で暮らせるわけで、アメリカと一部過激派の争いはともかく、それに民主的な選挙なんかはともかくとして、暮らしだけは守れることに、なったのではなかろうか。


posted by sukima at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際、海外 | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

◆おとな手当を支給します

oota.jpg◆提出者:やくみつる 「おとな手当を支給します」
12日の分忘れたとばかり思ってたら、うちの誰かが録画しておいてくれたみたい。なので、(今更)レビューだ!!
続きを読む
posted by sukima at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 00年代現社 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。