希望ヶ丘の人々 / 重松清

2年前の夏、まだhatenaの住人だった頃、『滝山コミューン一九七四』(著者:原武史)の感想を書いた。その時期に原氏と対談していたのがこの作者で、両者は同世代人であるゆえ、あの時代を再発見しその中で共感しあっていた。かくゆうわたしも1962年生まれと同世代であるから行き掛かり上、色々と考える機会をもった。

続きを読む

最近のドアニュースから♪パートツーかスリーかフォー

最近の政治トピックといえば、国会。 初日と、それとさっきもラジオで聞いたけど、なんかもう聞くに堪えないっていうか、ネチネチネチネチ不毛な民主攻撃に、疲れ果てた。鳩山さんの献金疑惑? そんな政権取る以前のことなんかいいじゃない。 もっと国民生活を良くする方向で話し合ってほしい……!!

続きを読む

seesaaブログ大探求

みなさまこんにちは。先日upしたBook Reportのわたくしの唐突な朗読、聞いていただけましたでしょうか~♪ ああいうのもなんか楽しくていいなっと思いました。またやるから首を長くして待っていてください。次回予定は、ドストエフスキーの『地下室の手記』です。 さて、朗読とは音声。 すなわち目で読むのではなく、耳で聞くもの。ということで、従来とやり方の違うことをしたわけです。 わたしとしてもまったくの初体験であったため、seesaaブログのポッドキャストの項の説明書きを、穴のあくほどみつめ、どうやったら朗読をブログ上にのっけられるのかと、悪戦苦闘しました。

続きを読む

福田君を殺して何になる ---光市母子殺害事件の陥穽--- / 増田美智子

うちが取っている新聞は東京新聞なんだけど、何ヶ月か前の小さなコラム欄に、〝光市母子殺害事件の犯人を実名で書くルポルタージュ本が近く出版される、その著者はごく若い新進の女性ルポライターである〟と、書いてあった。 以来、早く読みたいと思っていた。 読みたい理由は次のことだ。

続きを読む

ミニミニお知らせ

右サイドバーの「これからシリーズ」の「これから読む本」に挙げていた 『Twitter社会論』を、読んだけど、何がなにやら理解できずレビュウできないことを、ここにお詫びします。 すんませんあせあせ(飛び散る汗) いえ、決して嫌がらせとかではなく、やっぱ自分が渦中にないと分からない事ってあるのだと再認識しました。 次回の自分に期待したいと思います。右斜め上右斜め下右斜め上

続きを読む