ほんとうに分ろう(伝えよう)と思ったら部分引用では無理

マイタンブラ  ホントに失礼(かどうかすら確信はもてないが)だと思いつつも、あそこにも書いた通り、人のWEBデザインで長文を読むのがものすごく苦手で、というのも字が小さすぎるのばっかで、しかも改行が少なすぎるので、読みづらくてあたま痛くなる(この段階が失礼ったら失礼なんだが)。そのため、タンブラに全文引用して読んでいる。 改行に関しては、人それぞれ考えがあっての事だろうし、あんまり改行が多いと原稿用紙の枚数を稼ごうとする子供の夏休みの作文じみてくるので、そこそこの改行にするのは分るのだけど、それも程度問題な上に、そもそもネット上では原稿用紙の枚数を節約する要がないのだから、もっとゆったりしていいのではないかと思ったり。  ただ、改行したら一文字下げないと、PC環境によって一行の文字数違う以上、改行なのかそうでないのか分らないのも出てくるわけで、わたしも一文字下げ忘れることが多いというか、一文字下げに抵抗があって、というのも、文章の見栄えを「箱型」にしたいという箱欲求があり、これはある種の子宮志向でもあり、ちょっと問題ありかなと思うので治そうかな、と思ったり。(なのでここはちゃんと下げた) なんの話だっけ? それにわたしはタンブラが大好きで、タンブラだとどんどんアップできるって感じで、けどほとんど人様の文章の引用なのでやばいかなーと思っている。でも、他の人は他人の画像をどんどん貼り付けているのだからいいのでは? と思う部分もある。しかし中には「無断リンク」すら嫌う人もいるらしく…

続きを読む

日々是好日問題

◆金は金でも金正日 少し前の週刊現代に死んだって書いたあったけど、やっぱいる。 どっちでもいいけど、ともかく、備忘録的に写真アップ。 「これまでの研究では、大豆にはでんぷんが少なく麺には向かないとされていたが、技術革新によって問題が解決されたという。  製麺工場や企業、政府機関の従業員や職員に加え、主婦らも研究所を訪問して新開発された麺について学んでいるという。  最近の調査によると、北朝鮮では人口の半分が食糧を探し回らなければならず、食べられる草や木の根をかじって飢えをしのいでいる人々もいるという。」 ◆オリンピック わたしは火曜(19日)からテレビの前にいられなくなったので、よく見てないとはいえ、やはりソフトボールの金と、男子400メートルリレーの銅にヒデキカンゲキ!!なのだった。 メダル関連で日本選手の発言として気づいたのは、「メダルの色は違うけど」と、メダルを色別に捉えて表現していたことで、「色ではなくて、金属としての価値の高低ですから」と思ったものの、「価値の高低」ではなく「色」に変換するレトリックは、誤魔化しといってしまえば誤魔化しなんだけど、今の時代の空気を反映している気がする。確かに、どこまでドーピングで鍛えた結果かもしれない上に、中国ばっか金メダルを取ったりと判定も怪しく、メダルが示す価値への信頼感は著しく揺らいでいる。価値ではなく、色という気分的なもの、虚を踏まえた色即是空に転換する発想、これがメダル2008!!って感じか。 …

続きを読む

ペシャワール会、伊藤和也さん、遺体で発見の報

昨日、テレビを見ていたら無事が確認されたとの報があった。 ところが今朝の6時、夜勤アケの相棒が新聞を取りに行ったらその一面が「遺体で発見」というものだった。 相棒も、これにはひどく驚いていたし、わたしもだ。 これによってまた「自己責任論」で片付けられる怖れと、そして「テロとの戦い」という、あの空虚な合言葉が復活、ひいては日本という国が戦争へ荷担する言い訳に使われる怖れが出て来た。 どちらも、伊藤和也氏がもっとも喜ばない流れだろう。 自分の死をそんなこと(アフガニスタンの人々の平和な暮らし、に反すること)に使われることは、自分の死よりもツライことに違いない。

続きを読む